• Runssm_7088f
  • Egde_matsuri
  • 17_11_20
  • Vn_6741d
  • 17_11_16
  • Sgh_1101f
  • 17_11_12
  • Kaki_2
  • 17_11_07f
  • Tanuki_kuroneko

2017年11月21日 (火)

現代式?

 
 快晴無風。 真っ青な空からの日差しが部屋の中いっぱいに入って、気持ちのいい朝です。
 
 
 EGDEの下着、愛用されてる方も多いんではないでしょうか。 俺も話題になり始めたころに何枚か買って穿いてみたことがあるんですよ。 でもパンツですしね、たまに穿くこともあるんですが、タンスの肥やしになっています。
 
 

Egde_matsuri

 今も根強い人気のEGDEですが “祭 六尺風Tバック” というネーミングで、穿いた時の見た目が六尺褌、実際は紐の部分が捩られたTバックのパンツ、が発売されました。 ネット通販で、発売されると同時に売り切れ、という人気商品。 実は俺も買って穿いてみました。
 
 
 生地は良く伸びる綿。 締めた時の見た目は六尺褌と言えば六尺だけど、俺が作ってもらった私仕様黒猫褌に近いかな。 穿いた感触はTバックのパンツそのもの、横褌、後褌は捩られるけど六尺ほどの締め付けと存在感はなく、前褌のホールド感もない。
 
 
 六尺の雰囲気を楽しみたい。 けど、六尺や黒猫褌の締め付け感はイヤ。 六尺は楽しみたいけど締めるのが面倒、という人にはいいかもしれない。
 
 
 六尺の日焼け跡を付けたい、ってだけの人には日焼け用にいいかもしれないよ。 付いてる日焼け跡に合わせて六尺を上手に締める、ってのは難しいからね。
 
 
 
画像。 祭り 六尺風Tバック。
 

» 続きを読む

«特殊なんだ