« 銀座線 | トップページ | 情報 »

2007年3月 6日 (火)

ツメキリ

 そう言えば、AIDSなるものが世間一般に知られるようになった頃、床屋のハサミを消毒・・・、なんてことが話題になったことがあったな。 床屋にも、いままで置いてなかった消毒器がいかにも客から見えるところにこれ見よがしに姿を現したりしてね。

 あれ、何だったんだろう。 あの頃に比べたらずっとずっと感染の機会が増えてるのに、いちいち消毒してるようすなんていまじゃすっかり見ないよな。 まあ、病気についての知識が増してきて、ハサミを消毒することが不必要だと判断されたからなのかね。

 
 「俺も抓め切ろう、っと」
 「はい、ツメキリ」
 「ありがとう、でも、自分のを使うから」

 『そうだった、こいつ、ポジティブだった・・・』

 そういうことなんだなと思った瞬間だったようだ。 『痛みは、経験した人でないと解らない』 いや 『痛みは、経験している人でないと、解らない』 と言うけど、確かにその当事者でないと解らないことはたくさんあるんだなと思ったそうだ。
 

 俺ももうずいぶん前のことだけど、卵にアレルギーを示すヤツと付き合ってたことがあるんだ。 「食べるものを買っていくよ」 と言って俺が買っていった物は“ちらし寿司”。 寿司の上に錦糸たまごが乗っかっているのを、俺はまったく見えてなかったんだよな。 何を買おうか迷っている最中は 『やつは卵がダメだから』 と頭の中で何度も繰り返し自分に言い聞かせていたのにだよ。

 

177002354_151 花粉症の季節。 一時、普段から鼻がつまって仕方がなかった時、花粉かハウスダストにやられてるんだろうと、勝手に片付けてたことがあったんだ。 周りのみんなが花粉症になっていくから、俺も遅れちゃダメだと。 で、何だかんだと忙しくてしばらく泳ぎに行かなかったら、鼻づまり、まったくなし。 原因は、塩素、でしたね。 自分で勝手に花粉症になってました。 そんな人、多いかも。

|

« 銀座線 | トップページ | 情報 »

HIV+」カテゴリの記事

コメント

 誰もが一緒だけど話題になったり、事件になったりするとそのときは神経質になる程気を使うけど、喉元通ればのごとく忘れてしまうものですね。愛する彼の嗜好も時として忘れるかもね。長い人生小さな事にくよくよしないことですよね。

投稿: いつ | 2007年3月 6日 (火) 14時31分

  いつさん。

  無知も怖いですが慣れも同じように怖いですね。

投稿: 達 | 2007年3月 7日 (水) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツメキリ:

« 銀座線 | トップページ | 情報 »