« HIV+ | トップページ | 銀座線 »

2007年3月 4日 (日)

横着

 俺の住む街の幹線道路が交わる大きな交差点。 五つの方向から大きな道路がやってくるこの交差点の信号機は、よく考えましたと誉めてあげたくなる努力の賜物の信号機だと俺は思ってるんだけど、その分慣れない人にはややこしい。 信号機に従って通行していれば事故は起こらないんだけど、そこは人、抜け駆ける人はいるものです。

 その抜け駆けの最多数は、自転車。 赤信号で行く、なんてのは、ダメなんだけど、違反しているとやってる本人も自覚しているから事故ることはまずない。 危ないのは、違反している意識がないままに違反している行為なんだと、この交差点を見ているとよくわかる。

 自転車での右折。 これは、原動機付き自転車(原付バイク)と同じように、二段階右折。 なんだけど、この交差点は、行ってしまっても大丈夫と思わせるような構造なんだよ。 だからみんな、普通にやってる。 ほとんどの人はいけない、危ないとわかってると思うんだけど、みんながやるから・・・

 たぶん、誰かが死ぬような事故に遭わないと、ここでの右折はやまない。

 

Thong105 俺、自転車や車の運転には、ものすごく自信があるんだよな。 そう、ものすごく、なんだ。 事故ったことがないから、ってわけじゃないんだよ。 事故ってますよ、それなりに。 じゃあ、なぜ、ものすごくなの?   横着だからだろうな。

 

|

« HIV+ | トップページ | 銀座線 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

 この光景はよく見かけます。しかしドライバーとしてはビックリします。交差点を対角線状に自転車に乗ったお年寄り見かけます。これって自殺行為ですよね。それでも我が道を行く。自分も年を取ったらこうなるのかも?ドライバーさん気をつけてね

投稿: いつ | 2007年3月 6日 (火) 14時49分

  いつさん。

  ついつい、いつまでも若いつもりになってやってしまう
  ものですね。 たぶん俺もそうなります。

投稿: 達 | 2007年3月 7日 (水) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横着:

« HIV+ | トップページ | 銀座線 »