« データ | トップページ | 定期点検 »

2007年3月22日 (木)

岐路

 『ごめん、疲れちゃって、体調がよくないんだ。 ドタキャンで申し訳ない』  転職して、今月はじめから新しい会社に通い始めた友人からのメール。

Hd_036s5 無理もないだろうな。 デカイ、何百人と社員がいる会社から、外資の、二十数人で動かしている日本法人に転職したんだからな。 それも、社長面接一発での採用。 もともといる社員さんたちの風当たりが、ないわけではないだろう。 このまま潰れてしまうなんてことにならないといいんだけど。

 
 転職に要するエネルギーって、すごいよな。 たぶん。 俺の最後の転職がもう10年前だったから、どれほどのものだったかは忘れたけどね。 デカイ会社を離れて一人でやることにしたから、人的なプレッシャーは比べものにならないくらいに減ったし、時間に縛られることもほとんどなくなって、こんなことならもっと早く決断しときゃよかったと思ったのは憶えてる。

 その決断をしたのが、ちょうど40歳。 今月から新しい会社に通い始めたヤツが42歳。 ここ2年ほど、俺と二人で話をするたびに、辞めると言い出したかと思うと辞めないと言ってみたりと悩んでいたから、転職を考え出したのは40歳くらいの時じゃないかな。

 
 40歳。 20歳代のころに、世間を知らずに職に就いたやつ等が、その経験の上に立ってもう一度進路を迷う年齢なのですかね。

 
 画像。 北海道・函館郊外のトラピスチヌ修道院。 一度ここに入った修道女たちは、まずもって世間に戻ることにする人はいないんだそうだ。

 

B06m_029 孔子の論語。 四十にして惑わず。 五十にして天命を知る。 40歳代は惑うことなく自分の道を進んで、50歳代になったら自分の限界を知りなさい、ということですかね。 じゃあ、30歳代は、まだまだ惑ってなさい、ということだ。 

 

|

« データ | トップページ | 定期点検 »

50歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐路:

« データ | トップページ | 定期点検 »