« 半落ち | トップページ | 連絡船 »

2007年3月19日 (月)

AIR DO

Hd_062ts5

 

 

 

 

 

 
 
 
 東京・羽田 6:45発 ADO81便。 ガラガラでしたよ。 たぶん、3割くらいの搭乗率じゃないかな。 苦しいね。 ANAと共同運航しなきゃ、ちょっと心配だね。

 ヨーロッパでもアメリカでも東南アジアの国々でも新興の格安運賃の航空会社が成績を伸ばしてるけど、日本の会社はどこも大変みたいだな。 エアドゥ、スカイネットアジア、エアーセントラル、アイベックスは、ANAと提携して何とか運行してる状態なんじゃないかな。 スカイマークはJALと共同運航を試みて失敗して 『どうなの?』 という感じだし、スターフライヤーも芳しくないようすだしね。

 原因は、東京への一極集中で、羽田の発着枠が制限されてること?。 札幌、名古屋、大阪、福岡、那覇を結ぶ幹線も、東京便は成績よさそうだけど、そのほかの相互を結ぶ便はあまり満席にはならないみたいだね。 幹線ですらそうなんだから、ローカル線となるとなおさら苦戦だろうな。

 ANAは上手くやってるね。 時刻表を見ると、札幌・千歳、東京・羽田、名古屋・中部、大阪・伊丹・関西、福岡、那覇を相互に結ぶ、もしくはそこから地方へ飛ぶ路線は自社で運行し、そのほかのローカル線は提携する航空会社に任せてしまってるのがわかる。 対するJALは、ローカル線を運行していたJASをそのまま取り込んだから、いまだに苦労をしてるように思えるな。

 
 画像。 函館空港離着陸するAIR DOのB767-300。

 

113 AIR DOのCA、客室乗務員、制服の色が違ってる人が乗り込んでるね。 ANAの人かなぁ。 薄いブルーの制服を着たお姉さんたちが、どこか垢抜けしない雰囲気があるのに比べて、濃いブルーのお姉さんはどこか都会的。 そう言やぁ、旧JASのJALのCAも、いまだに懐かしい、あのJASっぽい田舎の雰囲気で飛んでるね。

 

|

« 半落ち | トップページ | 連絡船 »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AIR DO:

« 半落ち | トップページ | 連絡船 »