« 巨悪は眠らない | トップページ | 水無月 »

2007年5月31日 (木)

横綱の地位

 白鵬関、横綱昇進、おめでとう。

Mm20070531141847870l0  

 

 

 

 

 

 

  

 大相撲ファンの俺としては、横綱・白鵬には期待しているところが大なんだな。。 朝青龍がどうも好きじゃないからかな。 俺、横綱は正義であって欲しいと思ってるところがある。 絶対に不正はないんだ。 いつもどんな時でも、正義! 相撲界の中だけではなくて、世間一般から尊敬される存在でないといけない。

 横綱をそんな風に思うのは、俺が 『巨人・大鵬・玉子焼き』 世代だから。 巨人(プロ野球・読売巨人軍)は、いつも勝つ。 大鵬(大相撲・第48代横綱)は、文句なく強い。 そして玉子焼きは、最高のおかず。 というわけで、絶対的なものじゃないといけないんだな、俺の中ではね。

 そういう意味で朝青龍は、ダーティーなイメージが付きまとっていたから、ダメ。 白鵬には絶対の横綱になって欲しいんだよ。 そう、横綱・大鵬以来のね。 いや、千代の富士(第58代)以来のだな。

 
画像。 綱打ち風景(読売新聞)。 土俵入りは不知火型だそうだ。 不知火型の横綱は短命、だというジンクスを吹き飛ばして欲しい。

 

P4158 俺、横綱・千代の富士と同い年なんです。 彼が引退をしたのは、俺が35歳の時。 つまり彼も35歳で現役を退いてるんだ。 あの時、ちょっと自分の歳を感じたね。 サラリーマンをしていて大きな組織の中にいて 『俺はまだまだ下っ端だ』 って思ってる同い年のヤツが、頂点を極めて引退したことに少なからず衝撃を受けたのを憶えてる。

横綱・千代の富士

 

|

« 巨悪は眠らない | トップページ | 水無月 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横綱の地位:

« 巨悪は眠らない | トップページ | 水無月 »