« 太陽時間 | トップページ | 消極的自殺 »

2007年5月23日 (水)

週刊誌

Br07_057s5 参議院議員に立候補を表明した丸川珠代が週刊誌に叩かれはじめたね。 『安倍首相を骨抜きにした・・・』 『有名社長と夫婦同然・・・』 等々。 これからますますエスカレートしていって、コテンパンに叩かれるんだろうな。

 議員になろうとすると、まずそこんところを覚悟しないといけない。 あることないこと、はるか昔のことなんかを穿り出されて、丸裸にさせられるんだな。 まあ彼女はマスコミの世界にいるわけだしそのあたりは覚悟の上だろうけど、どこまで耐えられるだろうね。

 俺は芸能ネタは、電車の中吊りとか新聞の広告の見出しだけで拾うから、詳しいことは知らないんだ。 でも、見出し以上のことは書いてないとよく聞くから、俺の知識が間違っていたとしてもそんなに極端ではないと思う。 で、その広告を見ていて思うのが 『週刊誌を仕事にしてる人の頭の中って、どんな構造になってるんだろう』 って。 『よくこんなこと書けるよなぁ、恥ずかしいと思わないのかねぇ』 ってね。

 仕事だもんね、その人たちも。 やりたくないことだってやらなきゃならない。 

 俺、やりたいことだけやって生活できる仕事を選んで、つくづくよかったと思う。 自慢!

 
画像。 バリ島にて。 こんな隠し撮りもされたり。

 

Bw0454 議員になろうという人は、私生活もしっかりしていないといけないってことだな。 週刊誌が暴きたてようとしても何も出てこない、くらいでないといけないのですな。 でも、まあ、無理! 俺なんかだと、すぐにゲイだということを書かれてしまう。 それで 『ですが、それが何か!?』 くらいに開き直ることはできるけど、家族や親戚に累が及ぶ。 それはヤダね。

 

|

« 太陽時間 | トップページ | 消極的自殺 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊誌:

« 太陽時間 | トップページ | 消極的自殺 »