« CoCoLo cafe | トップページ | 撤退 »

2007年5月 8日 (火)

ココロカフェ

 昨日の続き。 ココロカフェの話。

 人間の身体の機能の衰えは果たして防げるのか。 防げないまでも、遅らせることはできるのか。 俺はできると思うんだけど、どうもここに来て衰えの加速度が増してきてるようなんだ。 その最もたるものは、目。 そう、老眼。

 
 さて、昨日も書いた、新宿2丁目のココロカフェ。 ここのメニューは、見えない。 店内は薄暗く雰囲気はいい。 その雰囲気がよくて行くのだけれども、小さい字が並ぶメニューはほとんど判読不可能。 慣れている上にメニューの内容がまったく代わり映えしないから、見えなくてもなんとなくわかるのでオーダーができる状態なわけですな。

 
 老眼が進み、ものを見るのに不自由を感じるようになってから、見えないものを置いているところ、店というのは、見えない人(その年齢に達した人)を対象とはしていないんだと思うようになってきたね。 極端に言えば、そういう人は 『当店の雰囲気には合わない』 ので、来てほしくないという方針の表れなんだと。 
 Ok04_105s5_1  

 

 

 

 

 

 

画像。 沖縄にて。
 

 

Snoh1098_sm 映画館の割引。 夫婦のどちらかが50歳に達していたら二人で2,000円。 JR東日本の“大人の休日倶楽部ミドル”は、入会年齢が50歳以上。 テレビのコマーシャルが賑やかな外資系保険会社のシニア保険 『50、80、よろこんで』。 
 50歳はもう、それ以上に十把一絡の年齢なんだね。

 

|

« CoCoLo cafe | トップページ | 撤退 »

50歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ココロカフェ:

« CoCoLo cafe | トップページ | 撤退 »