« 事故 | トップページ | ココロカフェ »

2007年5月 7日 (月)

CoCoLo cafe

 以前、我が家の近くに、深夜だけやってるラーメン屋があったんだ。 たまに前を通ると、どんな時間でも必ず客がいる。 その店の前の道路にはタクシーやらトラックやらが停まっていて、ずいぶん繁盛してたみたいなんだ。 なので、どんな味のラーメンなんだろうと、一度だけ行ったことがある。 『不味いっ!』

 流行ってた理由は 『その時間、その辺りに他に開いてる店がないから』 だって。 なるほど、だからあの味でもやって来れてたんだな。 でも、そんなのが長続きするはずがないわな。

Os02_035s5 
 さてさてそこで・・・。 新宿2丁目にあるとあるカフェ。 って濁さないではっきり書きましょう。 “CoCoLo cafe (ココロカフェ)”。 ここも俺にしてみれば 『そこしかないから仕方がない』 状態で仕方なく入る存在になりつつあるんだ。

 深夜の新宿2丁目。 腹が減ったんだけどラーメンはイヤ。 蕎麦をすする気分じゃない。 ジョナサンのあのやけに明るいのもイヤ。 だったらココロカフェしかない、というわけで仕方なく行ってる感じだな。 さらにメニューも、まったく代わり映えがしない。 お勧めメニューは月ごとに名前は変わるけど、内容はほとんど変化なし。 カレーに至っては、名前が変わると添え物が変わるだけで、カレー自体の味はまったく同じ。

 そろそろ何とかしませんか。

 
画像。 京都・今宮神社のあぶり餅。 変わらなさがいい。

 

97jm332 変化しないのがいい、ってのもある。 ラーメン屋のラーメンの味は、変化しないでいてほしいね。 『あの味が食べたいから行こう』 という気持ちを裏切ってほしくないね。
 新宿3丁目にある “桜吹雪が風に舞う” ってラーメン屋。 ここは変わってしまったので行かなくなった店のひとつだね。 以前はたっぷりとネギをくれたのに・・・

Joseph Myska

 

|

« 事故 | トップページ | ココロカフェ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CoCoLo cafe:

« 事故 | トップページ | ココロカフェ »