« ランウェイエンド | トップページ | 公務員という人種 »

2007年6月14日 (木)

クスリ

 友人の彼氏が、今、小菅にいるんだって。 小菅(こすげ)って、東武の伊勢崎線で北千住を出て荒川を渡ったらすぐに見える、あそこ。 友人いわく、クスリじゃないかって。

 いやいや、俺の周りの人間で、かつて少年院に入ったってヤツはいたけど、本物(?)のところってのは、初めてだよ。 小菅。 なんだか、凄い響きで俺の中に入ってきたね。

Osa_154s5 拘置所をインターネットで調べてみたら、未決囚(被疑者、被告人)を拘禁する法務省管理施設、とある。 日本では逮捕後取調べが終わるまでは警察の留置場(代用監獄)に収容されるのが常である、とも書いてある。 ということは、一応の取調べが終わって、ってことだよね。 ということは、実際に何かをやらかした可能性が大きいってこと?

 
 そういえば、弱そうなヤツだったな。 流される、ってのかな、誰かに何かを言われたら、断れなさそうなヤツだった。 呑み屋で飲んでても、その店がもうお仕舞いというまで飲んでたな。 寂しがり屋なんだろうな。 
 

 今、簡単に手に入るようだね。 俺も歌舞伎町で声をかけられたことがあるよ。 「あるよ」って。 こいつやってんじゃないかな、なんて、隣に座って飲んでながら思ったヤツもいるものね。 いつになくハイテンションだな、って。

 
画像。 神戸・メリケンパークにて。

 

23_0 手を出す気持ちはわかる。 最初は興味本位。 でも、一度それでいい思いをすれば、もうない生活は考えられない。 東京に暮らすゲイって、ほとんどのヤツが一人暮らし。 自分の性癖をあからさまにできるわけじゃやなく、ついつい内にこもってしまう。 そんな時、楽しくなる何かに出会えば、もう止まらないよ。

 

|

« ランウェイエンド | トップページ | 公務員という人種 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クスリ:

« ランウェイエンド | トップページ | 公務員という人種 »