« 常套句 | トップページ | 沖縄紀行・与那国へ »

2007年6月30日 (土)

休みだっ!

 新宿一丁目にある担々麺の専門店、名前は忘れたんだけど、この店は梅雨の時期は毎年長期の休みになるんだ。 今年も6月の中旬から確か来週いっぱいくらいは、休業。 最初その張り紙を見たときは何か不幸でもあって休業なのかなと思ったんだけど、それが毎年となるとたぶん夏休み。 だとすると、うらやましい限り!

 俺もそんな生活ができるかな、と思うことはあるんだな。 まったく自分ひとりで仕事をしてるし 『休みます』 とさえ言っておけば、たぶん誰にも迷惑はかからないだろうから。 って、裏を返せばあまり必要とされてはいないってこと。 それはそれで寂しいけど。

 ただ問題は、生活していけるかどうかだな。 それだけ休むことで年収は減るし、出るものは出て行くわけだから、普段の生活が確実に苦しくなるわな。 

 
 さて、明日から沖縄に行ってきます。 金曜に帰ってきます。 5泊6日。 俺にはこの程度がお似合いです。

 
Yr018s5  

 

 

 

 

 

 

 

 

 
画像。 一昨年の夏、与論島。

 

Cz_97jm101 六尺で泳いでこようと思ってます。 実は、六尺締めて海に入ったことがありません。 海岸で六尺で日焼けをしたことはあるんだけど、いわゆる水着として使ったことがないんです。

Joseph Myska

 

|

« 常套句 | トップページ | 沖縄紀行・与那国へ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

そろそろお帰りでしょうか?ずっとお天気も良かったようですのできっと真っ黒になったのでしょうね。六尺の日焼け跡が見てみたいものです。
沖縄には、どうしてこんなにと自分でも不思議なくらい惹かれます。でもそう簡単に行けるわけもなく、昨年やっと2回、今年もようやく8月に行けそう、その程度です。
六尺褌が好きなことと暖かい土地への憧れには共通の理由でもあるのかもしれませんね。
とにかく、お帰りなさい。お疲れ様でした。

投稿: 二郎 | 2007年7月 7日 (土) 20時27分

  二郎さん。
 
  はい、帰ってまいりました。 天気が良過ぎて、
  太陽が辛いくらいでした。
  暖かい土地への憧れは、裸に近い状態で生活をし
  たいという願望の顕れのような気がするんです。
  沖縄に生まれていたとしたら、今頃は帰ってしま
  っていると思います。

投稿: 達 | 2007年7月 8日 (日) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休みだっ!:

« 常套句 | トップページ | 沖縄紀行・与那国へ »