« 思い出の渚 | トップページ | 夏にご用心 »

2007年7月 9日 (月)

安倍と小沢

 総理、安倍晋三について。

Htr_105s5 この人、至ってまじめな人なんだろうな。 何でも正直に答えてしまう。 柳沢厚労相、故・松岡農水相、久間防衛相、そして赤城農水相と 『みなさんどうしちゃったの、政治家らしくないこと言ったりやっちゃったりして』 って部下たちをかばう姿を見てると、つくづくこの人の真っ直ぐさが可哀想になってきたりするよ。 この4人、赤城さん以外はみんな安倍さんより年上で政治の世界のどろどろさを充分知ってる人たちのはずなのに。

 それで、またまた俺の得意のうがった見方で、ここしばらくの政界を想像してみました。 

 明らかに、若い首相の足を引っ張る魑魅魍魎たちが存在するね。 たぶん、このまま自民党の世代交代が進むと出番が無くなってしまう老人たちが、画策してんじゃないでしょうかね。 どう画策? それは・・・

 安倍内閣の閣僚のなんでもない発言を、マスコミを使って大騒ぎに持っていく。 野党の仲のいい、これまた世代交代を嫌がっている爺さんたちといっしょになって、内閣を攻撃する。 これは自分たちがやるわけにいかないので、野党にやらせているのでは。 赤城さんの事務所の経費のことなんか、たぶん地元の老人たちが滑らせてしまった口を、いつもなら聞き流してしまうようなことをここぞとばかりにマスコミにはやし立てるように持っていってるような気が。

 野党も野党で、このところは政策の中身で内閣を攻撃するんじゃなくて、閣僚の揚げ足ばかり取ってるように見えませんか。 年金問題だっって、今の内閣の責任じゃないでしょ。 魑魅魍魎たちが大臣やってた頃からあることで、それを見過ごしてきた魑魅魍魎たちにこそ責任があるんじゃないんですかね。 かつての与党にいた老人たちのいる今の野党は、同じ穴のムジナでしょ。 確かに安倍内閣の対応振りは、如何とは思う。 もうちょっと危機管理意識を強く持たないと、百戦錬磨の老人たちは何をし出すかわかりませんよ。

 まるで、給湯室の社員の会話を、取締役会で話し合ってるようなもんじゃないの。 いつまで続ける気?

 
画像。 昼行灯ならぬ、浜昼顔。

 

98jm112z もう政治家なんて辞めてしまいたい、と思ってる人、多いんじゃない? 野党党首の小沢さん、参議院議員選挙で負けたら政治家を辞任すると言ってるでしょ。 案外この人が、今の給湯室政治にいちばんうんざりしてるような気がする。

 小沢さん、この際思い切って、本当に政治をしようとしてる人たちと、新しい政党を作ってはどう?

 

|

« 思い出の渚 | トップページ | 夏にご用心 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍と小沢:

« 思い出の渚 | トップページ | 夏にご用心 »