« 777 | トップページ | 安倍と小沢 »

2007年7月 8日 (日)

思い出の渚

 ANAの機内オーディオプログラム、9ch、青春歌謡グラフィティーの今月のテーマは“海”と“シンガーソングライター”。 この前の沖縄行きの機内で機内誌“翼の王国”開いてプログラムを見て、迷わずイヤホンを耳にしたら、いきなり 『君~を見つけた~、この~渚で~』。

Htr_175s5_1 この歌は、20歳代の頃、今日はカラオケ目的で呑みに行く、ということをしはじめた頃に、会社の同期たちとその日のラストソングとして必ず歌ってた、思い出の歌なんだ。 この歌がヒットした頃は俺はまだ小学生で、この歌の意味はわからなかったし、この歌にまつわる思いでもないんだけど、聴くとなぜだか身体の奥のほうからジィ~ンとこみ上げてくるものがある歌なんだな。

 加山雄三からワイルドワンズ、そしてサザンオールスターズへと続く湘南サウンドの代表曲だね。 当時京都にいた俺はこれらの歌を聞いて“湘南”というものに強い憧れを持ったことを思い出すよ。 その後東京に来ての20歳代の頃は、ラジカセに湘南サウンドの曲のテープを入れて、逗子や茅ヶ崎へ夕日を見に行ったものでした。 ウォークマンじゃなく、イヤホンを使わずに聴くために、ラジカセ。 海に向かって大きな声で歌ってたな。

 プログラムの2曲目は“海は恋してる”。 誰が歌った曲かは知らなかったけど、口ずさめるくらいには覚えてたね。 って言うか、どうも機内で声を出してたみたい。 隣の人が変な顔して俺を見てたよ。

 
画像。 波照間島、毛崎(もうざき?)にて。

 

041 今度の休み、晴れたら湘南へ行ってみようか。 でも、加山雄三やワイルドワンズは持ってないし。 サザンでいいか。 六尺? そうか、日が高いうちは小坪にいて、夕焼けの頃に逗子。 いいねぇ。 でも天気がなぁ・・・

 

|

« 777 | トップページ | 安倍と小沢 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の渚:

« 777 | トップページ | 安倍と小沢 »