« 尾辻かな子 | トップページ | 尾辻かな子 再び »

2007年7月21日 (土)

大相撲

Kotomitsuki 関脇・琴光喜。 今開催されている大相撲・名古屋場所、今日14日目を終わって13勝1敗。 これで場所後の大関昇進は確実。

 てところで、琴光喜関、30歳なんだね。 まあ、なんとなくではあるんだけど大相撲は毎場所見ている俺なんだけど、この人、“若手”という印象があったんだ。  20歳代の前半で、台頭してきた若手の一人、っていう風に見てたんだよ。 それが、場所後に大関に昇進したとしたら31歳を過ぎていて、大関昇進年齢としては歴代最年長になるんだって。 驚き。

 
 プロ野球の江川が引退した時が、同い年の人が一線を退くという初めての経験。 横綱・千代の富士が引退した時は 『ああ、もう、俺も、そういう歳なんだ』 と、少なからず落ち込んだ記憶がある。 この先、年下の総理大臣が出てきた時・・・

 
 琴光喜。 若手だと思っていた人が、大関を目の前にして、土俵下でうっすらと涙を滲ませている。 長い道のりだったんだろうな。

 
画像。 読売新聞から。 12日目の取り組み。
 

 

B_michael_golden5_1 若手。 俺は、いつまでもこの気持ちは持っていようと思う。 世間を下から見る目、低い位置からものが言える自分でいたいと思う。

 

|

« 尾辻かな子 | トップページ | 尾辻かな子 再び »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲:

« 尾辻かな子 | トップページ | 尾辻かな子 再び »