« ジンマシン | トップページ | 夕暮れの箱根 »

2007年7月15日 (日)

訃報

 『おめでとうございます。 これからも良き先輩でいてください』

 東京に来て、東京のゲイの世界にデビューした直後から何かとお世話になっている大先輩の誕生日にお祝いのメールを送ったら、こんな返事が返ってきた。

 『最近はすっかり田舎に引っ込んでしまっております。 今年になって○○さん、○○さん、○○さんと立て続けに先立たれ、自分で言うのもなんですがずいぶん落ち込んでおります』

 そう、俺の歳でも、おめでたいニュースよりもお悔やみの方が多くなってきたなと思うくらいだから、先輩の年齢だと余計だろうと思うんだ。 特にメールに書いてあったお三方は、先輩とは本当に親しかった方々。 それに、このうちのお一人は、まだ五十歳代のはずだから、その心中やいかばかりかと。

 若い頃は、黙っていても楽しい話題が向こうから来てくれたけど、歳を重ねるにしたがってそれは悲しい話にシフトしていく。 楽しい話題はこっちから積極的に拾っていこうとしないと手に入らない。 それはわかっているのだが、如何せん気力も体力もだ・・・

Osa_102s5  

 

 

 

 

 

 

 
 

 

画像。 大阪・伊丹にて。 鳩が日溜りで、気持ち良さそうに。
 

 

_nick_beyeler2_1 先日、都電の車両の前で、記念撮影をしていらっしゃるお年寄りを見かけたんだ。 もうお二人とも相当なお年とお見受けした。 『そんなに近くからだと顔ばかりがアップになって、後ろの景色は写らないんじゃないのかな』 と思って手伝ってあげようかと思ったんだけど、やめといた。 二人の世界があるだろうからと思ってね。 撮影が終わるまで、都電も動かずにいたようです。

 

|

« ジンマシン | トップページ | 夕暮れの箱根 »

50歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:

« ジンマシン | トップページ | 夕暮れの箱根 »