« 水泳 | トップページ | 選挙結果 »

2007年8月 6日 (月)

広島

 『仕方がなかった』 という防衛大臣の発言、政府要人の発言には鷹揚な俺でも、さすがにこれはまずいと思った発言でしたね。

 俺が初めて広島の原爆ドームと資料館に行ったのは、1968年3月。 中学2年になる、春休みだったな。 お袋の妹、つまり俺からすると母方の叔母が広島県の呉市で育った人で、里帰りをするという叔母にくっついて行った時のことなんだ。 原爆の資料館に行きたいとねだった俺を叔母は連れて行ってはくれたけど、中に入ったのは俺一人だけ。

Osk200708060005 「私は表で待ってるから」

 と、叔母は中に入らなかったんだ。 その時俺は、叔母が何で中に入らないのかわからなかったけど、彼女は、その日その時、呉にいたんだな。 その日の朝、道を歩いていたら、目の前がパッと明るくなってそのあとドォ~ンと音がして、すぐ近くに焼夷弾が落ちたのかと思ったと、叔母と二人で原爆資料館に行ったあとずいぶん経ってから、遠い昔のあの日のことを聞いたんだ。

 当時叔母は10歳くらい。 俺を原爆資料館に連れて行ってはくれたけど、彼女にとっては思い出したくないことだったのかもしれないな。

 
 ひと通り観終わって叔母が待つ広場の端の木陰に行った時の、縁石に腰掛ける彼女の後姿は今もはっきりと俺の記憶に残っていて、今日という日が来るたびにその光景を思い出す。 身体の底からぐっとこみ上げてくるものとともにね。

 
画像。 原爆ドームと平和公園。 朝日新聞から。
 

 

Kenny2 もしも日本が被爆国でなかったら、さっさと再軍備はしていただろうと思う。 原爆も水爆も持つようになっていたと思う。 アメリカがそう仕向けたと思う。 仕方がないとは言わぬが、いい教訓としていつまでも忘れずにいないといけないと思う。

 

|

« 水泳 | トップページ | 選挙結果 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島:

« 水泳 | トップページ | 選挙結果 »