« 伊勢丹の横着 | トップページ | 水泳 »

2007年8月 4日 (土)

耐用年数

 こういう事故のニュースを聞くたびに 『いったい新幹線の高架や橋脚の耐用年数は、どれくらいなんだろう』 って思うんだよね。 アメリカ・ミシシッピ川に架かる高速道路の橋が崩落したニュース。 一瞬の出来事だったらしいじゃない?

B1  

 

 

 

 

 

 

  

 東海道新幹線は開通から43年になる。 その間、高架橋の柱の補強はされてるみたいだけど、川に架かる橋梁を架け替えたって話は聞かないよね。 43年前は一時間当たり上下4本の電車が走ってただけだけど、いまやその6、7倍の数の電車が走ってる。 車両は軽量化されて、たぶん昔に比べたら高架橋や橋梁にかかる負担は軽減されてるんだろうけど、それでも、相当の負担がかかってることは間違いない。

 いったい、コンクリートで作った建造物、鉄でできた橋って、どれくらい経ったら造り直さなきゃならないの?

 どれくらい前だったかな、新幹線の電車を完全に止めてレールや架線を交換したことがあったね。 その後もそういった設備の保守は続けられてる。 でも、それが乗っかってる根本は、一度も造り直してはいないんだよな。

 
画像。 アメリカ・ミネアポリスの事故現場。
 

 

Pants065 そう考えると、飛行機って、ものすごく安全な乗り物に思えるんだ。 機体は数年で新しいものに替えられる。 空港の滑走路は、あまり壊れる心配はなさそう。 

 

|

« 伊勢丹の横着 | トップページ | 水泳 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐用年数:

« 伊勢丹の横着 | トップページ | 水泳 »