« 週休二日 | トップページ | 個性 »

2007年8月23日 (木)

お台場の男

 『どこかいいところはご存知ですか?』
 『東京タワーとか夕陽をバックにって感じで撮って欲しいんですよ』
 『じゃあ、お台場なんかに行ってみますか?』

 と、冗談のつもりで言ってみた“夕方のお台場”での撮影に行ってきました。 被写体になってくださったのは“六尺野郎”ではなく、今回は黒猫と競パンでした。 被写体の方が六尺だったら俺も・・・と思ってたんだけど、今回はカメラマンに徹してきましたよ。

 
 人がいても大丈夫ですか、という俺の問い掛けに、

 『見られるのは平気ですよ。 ただ、変なヤツがいると通報されるのは困りますけどね』

 と、それも俺と同じ。 というわけで、東京湾の向かい側に林立するビル群をバックに、撮影を開始。 お台場の水辺には夕日を楽しみに来た人やちょっといちゃついてるアベック(古っ!)がいたりして、黒猫一丁でポーズをとる被写体さんやカメラを構えている俺を見たりはするけど、見るだけで、それ以上のことは何も起こりませんでしたね。

 ここでお見せできないのが残念だけど、裸体の男が隅田川に上っていく遊覧船を見る画、なんてのは、自分で言うのもなんですが、なかなかのものになりましたよ。

Tyo_473f  

 

 

 

 

 

 

画像。 お台場の夕焼け。
 

 

B_leestudiosnyc1_2 何人かを撮影するにしたがって、大胆になっていくものなんだね。 撮影する側の俺がね。 カメラを買って撮りはじめた頃は、街中でカメラを構えてるだけで恥ずかしかったのに、今日は、その光景を眺められていることがわかってもなんともなかったね。

 

|

« 週休二日 | トップページ | 個性 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お台場の男:

« 週休二日 | トップページ | 個性 »