« 個性 | トップページ | 横田 »

2007年8月25日 (土)

否定

 知り合いに、とにかく、なんでも否定で来る人がいる。 この人との会話は、彼の話に肯定も否定もしてはいけない。 いけない、ということはないのだけれど、そこに俺の意見や感想を織り込もうものならとにかく否定されるから、腹が立つだけだから聞き流すに限るんだな。 とにかく、何かをしゃべり出す時に、まず 『でも・・・』 や 『いや・・・』 が挟まるんだ。 

 それと、いわゆる、揚げ足を取る、んだな。 たとえば 『タイムリミットは今月末』 という約束をするとする。 『今月末までにやるかやらないのか結論を出して、来月からそれで行こう』 と約束をしたとする。 で、その今月が過ぎて 『どうしてる?』 と訊くと、

 「結論は出したけど、これからどうするかは、これから考える」
 「これから考えるって、普通は結論を出したと同時に次を始めるもんじゃない?」
 「だって、どうするかを決めるタイムリミットを設定しただけで、次を考えるタイムリミットじゃなかったもの」

 つまり、彼には、約束を守るという意識がないに等しいのだ。 やらなくていい理由付けだけを繰り返していて、一歩も前には進まない人なのだな。

 
 さすがの(って、何がさすがなのかわからないけど)俺も、切れた。 「いい加減にしろっ! こう何もかも否定で来られると俺もいい加減頭にくる。 いったい何が目的なんだ。 俺を怒らせるのが目的なのなら、俺もそれなりの会話をする!」

 
 この彼、いまは無職である。 なぜ無職なのかは、説明するまでもないだろう。 いまは親が生きてるから食えて行けてるけど、そのうち餓死だな、ヤツは。

Osa_042f  

 

 

 

 

 

 

画像。 大阪・伊丹空港。
 

 

Bw0522 『そうだね』 と言うことの気持ち良さを知ったのは、俺もそう昔のことではないよ。 かつては俺も 『いや違う・・・』 で会話を始める派だったな。 相手を否定するより肯定する方が、気持ちよく暮らせる。 とは言っても、そうばかりではないけどね。

 

|

« 個性 | トップページ | 横田 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 否定:

« 個性 | トップページ | 横田 »