« 午前と午後 | トップページ | はやて »

2007年9月23日 (日)

ケータイ

Tyo07ag_008f ちょっとゆっくり読書をしたいと思って入った昼下がりのスタバ。 通りに面して外向きに設えられているカウンターテーブルには誰もいない。 これ幸いとそこに陣取って文庫本を読み始めたんだけど、1ページも読まないうちに人が来た。 まあ、昼時だから仕方がないと、ちょっと椅子を寄せて隙間を開けてあげたんだ。 やってきた二人連れは 「すみません」 と言って腰掛けた。 とそこまではよかったんだけど、ひとりがケータイで話し始めたんだ。

 『おいおい、わざわざ座ってからケータイを使うなよ』 と、声に出さずに毒づく俺。 いやいや、決して彼女は大きい声で話をしているわけではない。 隣の俺にすらやっと聞こえる程度の声なんだ。 が、俺は気が散って、読書どころではない。

 公共の場でのケータイ、どう思う? そこにいる人同士の会話ならたとえデカイ声であっても許せるんだけど、囁くように話をするケータイだと許せない。

 
画像。 千駄ヶ谷にて。
 

 

Gaymen2b40 そう思うのはよくないんだと自分に言い聞かせて読書を続けようとしたんだけど、まったく頭に入らない。

 あきらめて、さっさと出たけどね。

 

|

« 午前と午後 | トップページ | はやて »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

 携帯の使用は場所を考えて使って欲しいですよね。最近は自分さえよければと言う人が多くなって来たようですね。

投稿: いつ | 2007年9月26日 (水) 20時10分

  いつさん。

  まったくです。 俺もたまに、自分勝手に
  ケータイを使ってしまいますけど。

投稿: 達 | 2007年9月28日 (金) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ:

« 午前と午後 | トップページ | はやて »