« 辞任 | トップページ | 福田康夫 »

2007年9月13日 (木)

孤独

 安倍総理の辞任表明、突然なのには驚いたけど、『頑張ったじゃないですか、辞めてもいいと思いますよ』と、声を掛けてあげたい気持ちだな。
 
 会見を見ていて、淡々と記者の質問に答える総理の晴れ晴れとした表情が印象的でした。 涙ぐみながら、あの、いつも早口だった総理が、一つ一つことばを確かめるように声にしていくさまを見ていて、悩んだ末に出した結論に、今度ばかりは迷いがないんだなという印象を受けました。
 
 
Ozawa 孤独なんだろうと思う。 会社の同僚と毎日のように愚痴を言い合い、休みの日には気の合う仲間たちと勝手気ままに過ごしていた若い頃、それでもたまに孤独を感じることはあったな。 歳を取って会社の中で地位ができてくると愚痴を言う場がなくなってきた。 地位ができると同僚はライバルとなり、親しく話をしていた後輩は部下となって距離をおく。 そんなやつ等と交わしていた酒の場がで情報交換がなくなり、いつしか、いつも一人で帰宅する自分に気が付くことになる。
 
 サラリーマン時代、課長になったとたんにそんな孤独を経験したことがあるんだ。 飲み会に誘われなくなる。 忘年会の席でも、ふと気が付くと部長と二人で酌のし合いで酔いつぶれていく。 いつしかそれにも慣れていって、人を使う立場になるには、この孤独に耐える強さを身に付けないといけないんだと知った時があったのを思い出したよ。
 
 
 安倍総理の会見中の表情もさることながら、その直後の小沢民主党代表の会見中の表情も、印象に残ったね。 最近たまに見せる“不安な顔”が、よりいっそうだったように感じたよ。 所詮、絶対に総理になる可能性がない人たちの無責任な発言に比べて、ひょっとしたらの可能性がある人の緊張の具合を見たような気がしたんだ。
 
 総理という職は、本当に孤独だと思う。 また、そうでないといけないとも思う。 一国の進路を決める最高の立場にいる人が、仲間内で飲み交わすような人では心もとない。 一人で決断できる人でないといけない。 小沢代表の不安に満ちた記者会見は、かつて政権の中枢にいてその怖さを知り尽くしている人の本音が出た表情だったと思う。 その意味では安倍総理はちょっと心もとなかったと思うんだけど、それに気が付いて『自分はその器じゃない』と辞任の決断をされたことに、やっぱり俺はこの人を支持していてよかったと思う。 思った。
 
 
画像。 小沢民主党代表。 朝日新聞から。
 

 

Joeystephens03 昨日に続いて、安倍総理の辞任について。 昨日は会見直後に感じたままに書いたけど、一晩おいて、今日、いま感じているままに書いてみた。

 

|

« 辞任 | トップページ | 福田康夫 »

政治」カテゴリの記事

コメント

 いつの世も、上に立つ者は部下で居たときとは違うものです。上に行くほど孤独を味わうものかも知れませんね。いつまでも部下とワイワイやっている様では企業は成り立たないのではないだろうか?政治の世界で決断するということは並大抵のものではない。その国の生命が掛かっていると思えば尚更の事ではないか。しかし今回の安部さんの決断は少々遅きと思います。批判を受けたく無ければ続投すべきだったと思う。野党の言ってることは達さんの意見と同じです。

投稿: いつ | 2007年9月14日 (金) 12時04分

  いつさん。
 
  やっぱり安倍さんは、かつての自分を見てるようでした。
  自分で言うのは何ですが、まじめさゆえに周りが見えなかった
  ことが多々ありました。 安倍さんもくそまじめな人なんだろうと
  思います。 もうあとも先もないのにまだ進もうとする。 まさに
  俺です。

投稿: 達 | 2007年9月14日 (金) 15時34分

いつもいつも孤独な訳でも、孤独である必要があるというのでも無いのでは?と私は思います。
時にはチームで、時には基本線だけ示して、後は自分が責任をとるから存分に仕事をするように、と各大臣に任せる、とかその場その場であるんではないでしょうか?
そして、最終決断を下さなくてはならないときは一人で下す。
一国の命運が一人の人間の決断に懸かる、というときがある訳です。
そういう人として総理がある訳だと思うのです。
そのためには、常日頃は孤独になんかさせてはいけない、内閣も党も盛りたてていかなくてはいけないのでは?と私は思うのです。
それが選んだ者の責任というものだと思います。
それは我々国民の一人一人にだって言える事だと思うんですが。

もちろん確かな目、批判は当然必要だと思います。
でも、批判だったかな?
正しい批判だったらどんなに辛辣でもあんな風にはならなかったのでは?と私は思います。

良いことは良いともっと言わなくてはいけないな、言わなすぎる、とよく私は思います。
でも、文句をつけるより、良いと言うことの方が勇気がいるものだ、と思うことが多いです。

安倍総理、まるでいじめに遭っているように私には見えました。

投稿: いち | 2007年9月16日 (日) 02時08分

  いちさん。

  まさに、いじめだったんだろうと、俺も思います。 
  虐められる方はもちろん孤独を味わったでしょうが、
  虐める側はその孤独が怖くてみんなで虐めて・・・、
  ってことだったんではないでしょうか。

投稿: 達 | 2007年9月20日 (木) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤独:

« 辞任 | トップページ | 福田康夫 »