« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

10月 総括

 いやはや、今年の10月は、何にもしない10月でしたよ。 

Msw_054f 暑かった夏がいって涼しくなるこの季節は活動的になる人が多いのに、俺は家にこもることが多いひと月だったな。 上級会員の資格を手に入れるために飛行機乗りも、今月は月初めの2便に搭乗しただけでしたからね。 って、毎年この季節は、ちょっと落ち込み気味ですかな。

 住んでる部屋の掃除は一度もせずでした。 仕事も、お叱りを受けない程度に流してました。 おかげで、案の定ですが、収入がやばかったですけど。 パスポートが切れてしまうことを、ぎりぎりで気が付きました。 歯が痛いのに、まだ歯医者に行ってません。

 でもね、実を言いますと、下半身だけは元気だったのですよ。 引きこもり気味だったのに、そっちだけはね。 ふふふ・・・

 
画像。 青森・三沢駅にて。

続きを読む "10月 総括"

| | コメント (2)

2007年10月30日 (火)

日焼け跡

 東京・練馬区の豊島園にある庭の湯、俺のお気に入りのスーパー銭湯です。 何がお気に入りかというと、その一番の理由は、子どもが入れないこと。 中学生未満の子どもは入れないから、静かでいいんだよ。 それと、お湯のぬるさ。 どの浴槽のお湯もほどよくぬるくて、のんびり入っていられるんだな。 なので、何も予定がない時間にはよく行ってます。
 
Ttb_033f  

 入浴料金が通常の半額くらいになる平日の夜の9時を過ぎは、会社帰りにちょっと入浴という人たちで混み始める。 混むと言ってもそれほど気にはならない人数なんだけど、お仲間さんたちが目立ち始めるのもその時間から。
 

 すらっと細身だけどきっちりと筋肉がついた身体はトレーニングの成果を物語っていて、たぶんお仲間さんだろうと想像させる。 それに、今時、さらにこの時期、競パンの日焼け跡が付いてるヤツなんかは、こっちのヤツに間違いがない。 その日焼け跡も、サイドのラインがきわどいくらいに細いとくれば、日焼けのために時間を割くわれらが人種の何者でもない。

 ヤツも俺に六尺の日焼け跡を認めたことは、間違いない。 ふたりっきりの露天風呂、年上の俺から声を掛けないと始まらない。 のはわかってはいるが、何もできない俺が、自分でももどかしい夜でした。

 
画像。 東京外環自動車道・幸魂大橋付。

続きを読む "日焼け跡"

| | コメント (4)

2007年10月29日 (月)

うなぎ

 プレーに用いるあの双頭のものの話ではなく、食べるウナギ、美味しい鰻の話です。

 群馬県の館林まで、鰻を食べに行ってきました。 わざわざです。 鰻といえば海の近く、という印象を持ってたんだけど、鰻は川で取るんだよね。 だからか、利根川と鬼怒川に挟まれた館林は川魚料理屋がたくさんあって、そこで鰻やなまずの料理を出してるわけだな。

Ttb_010f  鰻丼。 蒲焼は甘かった。 たれが甘く濃いんだろうな、ちょっとしつこい感じだった。 その店の味というより地域性みたいだね。 帰ってからインターネットで口コミ情報を見てみたら 『甘めの・・・』 と書いたものが多かったからね。

 で、せっかく遠くまで来たんだから、ちょっと高かったけど“天然もの”をいただきました。 養殖ものとはどうちがう? 普段東京で食べるものに比べたらちょっと硬めだったように思うけど、それは調理の仕方でどうにでもという気もするし。 はたして・・・

 
画像。 佐野厄除け大師にて。

続きを読む "うなぎ"

| | コメント (4)

2007年10月28日 (日)

品質保証

 歯が痛い! 去年、丸々一年かかって治した歯が、いや、その隣の歯かも知れないけど、二週間ほど前から痛くなりだした。 去年治した歯は厄介な歯で、二十歳の頃からほぼ十年ごとに、俺を苦しめにかかる歯なんだ。 去年はもう抜いてしまおうと思って歯医者Ukb_054fに行ったんだけど 『いや、まだ残せますから残しましょう』 という歯医者のことばに従ったんだけど、それでよかったのかどうか・・・

 その歯はもうほとんど原形をとどめてないんだ。 歯茎の中に歯の周囲の壁が残ってるだけ。 だから、見えてるところも中も、すべて人工の物。 入れ歯と言ってもいいと思う。 その証拠に、その歯を使って物を噛むと、治療でくっつけた人工の部分が噛むたびにぐっと沈むような感覚があるんだ。 たぶん、入れ歯はこんなものだろうと思う。

 その歯が、いや、隣の歯かも知れないけど、痛い。 明日歯医者に行ってみようと思うけど、もしも去年治した歯がいかれてるとしたら、いいの、それって? それなりの金を積んで治したんだから、無料で治してくれる・・・

 
画像。 神戸空港にて。

続きを読む "品質保証"

| | コメント (2)

2007年10月27日 (土)

リユース

Ise_104f  雨の日の夕方。 スパーマーケットの入り口に置かれた、濡れた傘を入れる袋がぶら下げてあるところに行列が。 見れば、お爺さんとお婆さん、老夫婦と見えるふたりが、濡れてるがためになかなか入ってくれない傘を何とかしようとしてらっしゃる。 それを見つめながら、みなさんおとなしく待ってらっしゃる。

 と、そこへ、小さな子どもを連れたお母さん。 すっと近寄ってきて、使い終わった袋が無造作に入れられた箱から濡れそぼる袋を一枚とって、そこに傘を入れだした。

 うぅ~ん、温暖化防止。  エライッ!

 
画像。 神戸・生田神社にて。

続きを読む "リユース"

| | コメント (4)

2007年10月26日 (金)

記者会見

 亀田興毅の記者会見、見ましたよ。 不覚にも、涙が出てしまいました。

 彼、どこかこう、人を惹き付ける魅力があるんだろうな。 たぶんね、おばさんなんかは、あの目で見つめられたらイチコロなんじゃない。Koki かまってあげたい、というのか、面倒を見てあげたいと思うのか 『よしよし、大丈夫だよ』 って抱きしめてあげたくなるんじゃないかね。

 言い回しは、もう少しきちんとした言葉使いができるようにならなきゃな、と思ったけど、内容は偽らず、正直にしゃべってるなというのが伝わってきたね。 記者の質問に丁寧に答えてたよ。 記者たちが同じ内容の質問を何度もするのにも、腹を立てずにきちんとね。

 俺だったら切れてたかも。 『おんなじ質問、何度もスンナよな。 他の人がしたやつをちゃんと聞くいとらんかい!』

 
画像。 亀田興毅。

続きを読む "記者会見"

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

乾燥肌

Msw_039f 寒くなってきました。 今朝の明け方、寒くて目が覚めて、毛布を引っ張り出しました。
 と言っても、昨日までは夏掛けの薄い布団を一枚掛けただけで寝ていたので、寒く感じるのは当然だったんだけどね。

 さて、この先寒くなってくると、乾燥との戦いが始まるよ。 俺は乾燥肌だから、冬の間は加湿器と乾燥肌用のローションが欠かせないんだ。 普段でも乾燥して痒くなる肌だけど、水泳をすると大変なことになる。 塩素でやられるは、その塩素を洗い落とすために使う石鹸でやられるはで、これからの半年は大変なんだよな。 やれやれです。

 乾燥肌には“綿(めん)、コットン”も良くないんだそうだよ。 綿は吸水性がいいから、皮膚の表面の水分や油分を取ってしまって、乾燥を加速させてしまうんだそうだ。 乾燥肌には、絹や羊毛のような動物性の繊維製品がいいと、医者に言われたことがあるよ。

 そうは言っても、シルクの六尺は高価だしウールの六尺なんて締め心地が良くないだろうから、現実的じゃない。 晒しの六尺は横褌が当たるところが痒くなってしまうんだけど、それくらいは仕方ないよな。

 
画像。 冬への道。

続きを読む "乾燥肌"

| | コメント (6)

2007年10月24日 (水)

プレミアムクラス

 ANAのスーパーシートプレミアムをグレードアップした“プレミアムクラス”が、来年4月に登場だそうだ。 JALが国内線にファーストクラスを導入するのに追随したわけだな。 シートピッチを広げたりどの時間帯でも食事を出すサービスに改めるのは、JALといっしょ。 JALがやったらANAもやらないわけにはいかないわな。

 そのANAのプレミアムクラス、JALと違って、B737-700、-800にも導入だそうだ。 ということは、もちろんそれよりも大きいB747、B777、B767にも設置するだろうから、ANAのジェット機便は全部ということになる? まあ、ずいぶん頑張るな、ANAは。

Hac_001f 
 ところでそのアッパークラス、はたしてどれほどの人が利用するんだろう。 JALのファーストクラスが普通席の運賃にプラス¥8,000、ANAのプレミアムクラスは料金がまだ示されてないけど、たぶん同じくらい。 その¥8,000差で得られるサービスは、ラウンジの使用、優先登場、広い座席と食事、でしょ。 さて・・・

 まあ、この日本には、金額の違いなどものともせずに“上”のサービスを求める人はたくさんいらっしゃるだろうから、俺みたいな、とにかく安い運賃を探して乗るやからが心配するようなことじゃないんでしょうな。

 
画像。 羽田のANAたち。

続きを読む "プレミアムクラス"

| | コメント (10)

2007年10月23日 (火)

衛生管理

 ファストフードでも弁当屋でも、食べ物を手で扱うときには手袋をするようになったね。 手袋って言ってもビニールのような、ポリプロピレンって言うものなのかな、白くて薄い手Msw_014f 袋ね。 昔はみんな素手でやってたのに、いつの間にか必ず使ってる。 俺も、風呂やトイレを掃除するときに、洗剤が直接手に付くのを防ぐために使ってるんだな。 便利だね。

 でもね、やっぱり、素手のほうがいいと思うことはよくあるよ。 すべるし、物を掴みづらいんだよな。 この前サブウェイで、サンドイッチを作ってくれるのを見ながら、

 「手袋してだと、作りづらくない?」 と訊いたら、
 「手をいちいち洗わなくていいから、便利ですよ」 って。

 なるほど、手にマヨネーズなんかが付いてしまったら、そのたびに洗わなくてはならないわな。 手袋だと、捨てればいいだけだしね。 素手のほうが面倒か。

 でだ、今日、回転寿司屋に入ったら、そこの板さん、手袋をして寿司を握ってた。 うぅ~~ん・・・

 
画像。 東京駅にて。

続きを読む "衛生管理"

| | コメント (4)

2007年10月22日 (月)

新駅

 那須塩原・新白河・白石蔵王・古川・水沢江刺・新花巻。

Msw_058f_2 これ、東北新幹線が開通したときに開業した駅です。 と言ってしまうと 『違う』 とお叱りを受けるかな。 確かに、那須塩原・新白河・古川の駅はもともと在来線の駅がそこにあったからね。 (古川駅は、新幹線と接続させるために在来線の駅を移動させた)

 このところ東北新幹線に乗る機会があってそのたびに思うんだ。 『もともと特急を停めてた駅に新幹線の駅を造ってたら、交通体系はずいぶん違ったものになってただろうな』 ってね。

 那須塩原駅は西那須野駅と黒磯駅のどっちに新幹線を停めるかを争った末に、その間にある東那須野駅にしたんだよね。 水沢江刺駅から新幹線に乗るためにバスやタクシーを使うんなら、となりの一関駅か北上駅に行って乗り換えたほうが早いんじゃないかね。 新花巻駅なんて、使う人いるんかい、って感じがするんだけど。

 この先、あと4年ほどすると新青森まで延びるんだそうだけど、間にできる駅は七戸駅。 ちょっと遠回りになるけど三沢に停めたほうが、と思うんだけどな。

 
画像。 青森・八戸駅。 プラットホームの上にコンコースがある新幹線の駅は、珍しい。

続きを読む "新駅"

| | コメント (2)

2007年10月21日 (日)

わがまま

 昔々、俺から声を掛けそれなりの関係になったんだけど、突然に一方的に連絡を取らなくし、そのまま会わなくなってしまったヤツがいるんだ。 最初は俺が一方的に盛り上がった。 仕事を終えて、毎日ヤツの部屋に行くようになり、そこから仕事にいくようになった。 それがあたりまえのようになった頃に突然俺はヤツの部屋に行くのをやめ、自然と会わなくなったんだ。

It06_195f 後々になってヤツから訊いたんだけど、ヤツの部屋にはじめて行く日に、

 『俺は付き合わないぞ』

 と宣言したんだそうだ。 ぜんぜんそんな話になってないのに、突然言い出したそうだ。 いったい何を考えていたんだか・・・

 自分から、こうしたいとかああして欲しいとかを言うヤツじゃなかった。 俺のやること、言うことには不満を言わずに従ってくれた。 そんな風な付き合いながらも、ヤツの気持ちはどんどん俺に向いていったんだそうだ。 わがままな俺に不満を感じるどころか、そんな生活がよくなってきたんだそうだ。

 と、そこに、突然の俺からの無視。 わけがわかんなかったそうだよ。

 
画像。 イタリア・ベローナにて。

続きを読む "わがまま"

| | コメント (0)

2007年10月20日 (土)

和(わ)

 俺が住んでる近くにはおびただしいほどのコンビニがあるんだけど、そのうちの最も大きなコンビニはスタッフが完全に、非日本人。 胸に付けてる名札から推測すると、中国か台湾か韓国の人。 最近ではコンビニのほとんどの店に多くの日本人じゃない人が働いてるよな。

Br07_010f 彼ら、彼女たちが働いてるのはコンビにだけじゃないよね。 この前、友人たちとちゃんこ鍋を食べに行ったんだけど、そこのウェイター、ウェートレスたちの中で日本人と思われる人は、ひとりだけ。 あとはやはり、アジアの国々から来た人たちだったし、昨日入ったラーメン屋も、ホールのスタッフは全員日本以外のアジアの国々の人だった。

 いまやアジアの国々から留学や就職のために日本に来る人たちはたくさんになってきて、コンビニやファストフードの店で見かけるのは普通の光景になってきてるけど、ちゃんこ鍋屋のスタッフが日本人じゃないというのは、ちょっと違和感があったね。 いつだったか、すし屋のホール係の女性が東南アジアの国の出身と思われる人だった時には、そこが日本の東京の新橋だということを忘れそうだったな。

 
画像。 バリ島にて。

続きを読む "和(わ)"

| | コメント (2)

2007年10月19日 (金)

手入れ

 今日も、昨日に続いて、ジムでの出来事。 最近、まじめに毎日行くようにしてるので、ジムでのその手のネタに遭遇することが多くなるってわけです、ハイ。

Hd_032f ずいぶん前にこのブログに、以前行っていたフットネスジムでよく見かけた人に、替わった先のフィットネスジムでしばらくぶりに逢った話を書いたけど、あれ以来その人にはよく遇うんだよ。 そのたびにお互いの身体の観察の仕合にはなるんだけど、今日、いままで気がつかなかったことに気がついたんだ。

 彼、あそこの毛をきれいに剃ってるの。 完全にないわけではないんだけどね。 狭い範囲に短く残して、あとは、なし。 いままで、何度か彼の股間を見てるのに、まったくそのことに気がつかなかったよ。 今日なぜ気がついたのか。 剃り跡に黒い短い毛が見えたんだ。 剃ってから二、三日経ったから生えてきたって感じだな。 でもね、まったく違和感を感じなかったし、改めて見ても変じゃないんだ。 何でだろう。

 
画像。 北海道・函館、トラピスチヌ修道院にて。

続きを読む "手入れ"

| | コメント (4)

2007年10月18日 (木)

デカッ!

 フィットネスジム。 トレーニングを終えて、汗を流し落とそうとシャワールームに入ったら、正面に黒人さん。 シャワーブースの扉を閉めずに身体の前面をこっちに向けて立ってらっしゃる。 俺の視線は、もちろん彼の股間へ。

Ykt_053f_2 「デカッ!」

 って、声に出してないつもりだったんだけど、出てたみたい。 だって、シャワーを浴びてロッカールームに戻ったら、偶然にもその黒人さんは俺と同じ列のロッカーで、俺の顔を見るなり、

 「で・か・い・で・しょ」

 だって。 

 
画像。 米軍・横田基地にて。

続きを読む "デカッ!"

| | コメント (4)

2007年10月17日 (水)

ブログ

 「達さんはブログって読みます?」
 「ハイ、よく読みますよ」
 「僕、自分のことをよくもあんなにさらけ出せるな、って感心するんです」

 おっとぉ、確かにさらけ出しております。

 「さらけ出して、何か満足するものがあるんですかね?」
 「読んでると、為になるものもありますよ」
 「ある意味、露出趣味なんですかね」

Ukb_057f_2 うぅ~ん、露出趣味か。 そうと言えなくもないな。 考えてることを披露して、それで快感を覚えてるところがあるからなぁ。 それに、たまに裸体も晒してるし 《爆

 
 知り合いの人との会話の一部です。 俺、この人、他人とコミュニケーションをとるのが不得意な人だと思ってるんだ。 ごく少数の仲のいい人とは上手くやってる。 とは、本人も 『僕は少数の仲のいい人がいればいいんです』 と言ってるからね。 でも、どうにかして、みんなから誘いを受ける存在になりたい、と思ってるようすが垣間見えることがあるんだ。

 ブログ、始めてみれば、と言ったんだけどな。

 
画像。 神戸空港にて。

続きを読む "ブログ"

| | コメント (4)

2007年10月16日 (火)

父子鷹

 子母沢寛が書いた時代物で、勝海舟とその父親を主人公にした小説。 だよね? 俺は読んでいないし、テレビドラマになったのも見てないんだよ。 だから内容は知らないけど、幕末に活躍した勝海舟がその父親の影響をいい方に捕らえて成長していく、という物語なのかな。

 息子というものは、やはり父親の影響も最も受けて育つものだと思うんだ。 俺も、そう。 どこか理屈っぽく頑固で正義感めいたところのあった親父の影響を、そのまま俺は取り込んで育ったような気がするんだな。

48 
 亀田親子に対するボクシング協会の沙汰が決まったね。 当の次男の亀田大毅は一年間のボクサーとしての資格停止、トレーナーの親父は無期限のセコンド資格の停止だそうだ。 セコンド資格停止というのは、指導することも禁止されるんだと。
 これって、事実上の追放、じゃないか。 ボクシング協会は亀田親子とは縁を切る、という意味だろうな。 一般の会社なら、首にはしないけど、もう用なしだよ、と言われたようなもの。

 
 俺、大毅くん、ちょっと可哀想な気がする。 彼、ただ、親父さんを信用して、親父さんの言うとおりやってきたんじゃないかな。 親父さんに強くなれと言われて、何度もそこから逃げ出そうともして、それでも親父さんの後を付いてやってきて、そして・・・

 いまからでも、ゼンゼン遅くない。 外の世界を見させてあげてください、お父さん。 父子鷹。

 
画像。 毎日新聞から。

続きを読む "父子鷹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

一筋の線

Otm_030f 友人たちとの夜の食事の約束の時間までぽっかりと穴が空いたので、大きいお風呂に浸かってのんびりすることにした。 夕方のスーパー銭湯。 夜になると仕事帰りの人たちで賑わうんだろうけどちょっと早いこの時間は人も少なく空いていて、のんびり手足を伸ばすにはちょうどいい。

 ぬる目のお湯に首まで浸かって目を閉じてるんだけど、どこからか視線が飛んでくるのには感づいた。 薄めに目を開いて探してみる。 いたいた、短髪ヒゲの兄貴が。 と、その兄貴、俺の視線を感づいたとたんにざばっと立ち上がって洗い場の方へ歩いてく。 もちろんその後姿を目で追う俺。 腰の辺りに、薄く横一筋の日焼け跡。 と、真ん中から下へと続く白い線。 ほうぅ~~。

 そこが、こっちのその手のサウナだったら声は掛けるんだけどね。 何事もなく。 でも、いらっしゃるんだね、俺以外にも。

 
画像。 東京・奥多摩。

続きを読む "一筋の線"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

たまごの寿命

 『お買い上げ後は冷蔵庫(10℃以下)で保存してください』

 昨日買った卵の賞味期限の欄を見たらこの注意書き。 まあ、これはあたりまえなんだけど、意外だったのはその下の記述。

 『生食の場合は賞味期限内に使用し、賞味期限経過後および殻にヒビの入った卵はお早めに充分加熱処理してお召し上がりください』

Br07_069f 賞味期限というのはWikipediaによると、正しく保存した場合に味と品質が充分に保たれると製造業者が認める期間(期限)、と書いてある。 うんうん、俺もその認識でいる。 俺はほとんどの場合その表示は無視して食べるんだ。 知らない誰かが決めたことよりも、自分の味覚や臭覚、視覚を信じて判断するということなんだな。 だから卵は、割ってみて大丈夫と思ったら、賞味期限がどんなに過ぎていようが、食べる。

 でも、賞味期限が過ぎても食べられますよという表示があるのには、驚いたね。 と同時に、しばらく前に、賞味期限を過ぎた原材料を使ってお菓子を作ってた業者が社会からコテンパンに叩かれたけど、あれって、謝る必要がなかったことなのかもと思う。

 
画像。 インドネシア・バリにて。

続きを読む "たまごの寿命"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

ローズマリーの赤ちゃん

 『願い事は何でも叶えてあげよう。 ただし、あなたの一番大切なものと引き換えに』

 こうなればいいなぁ、自分がこんな風であったらいいのに、って思うこと、あるよね? 俺はこの歳になっても 『明日目が覚めた時に身長が高くなってればいいのに』 って思うことがあるんだ。 とは言っても、背が低いことで何か損をした、なんてことはないんだよ。 ないものねだり。 背が低いから、高くなりたいというだけ。

 『じゃあ、背を高くしてあげよう。 その代わり、あなたの五感のうちのひとつを、それを持っていない人にあげることを条件にね』 まあ、もしも神様が背を高くしてあげようと言ったとしたら、これくらいの条件は出してくるだろうな、なんて思ったりするんだな。 

 
Yzy03f 悪魔がいたとする。 でだ、その悪魔が何かしたいことがあるとする。 でもそれは人間の手を借りなければできない。 そこで悪魔は 『やってくれたら何でも手に入れてやろう』 という条件を出してくる。

 映画・ローズマリーの赤ちゃんで、ローズマリーの旦那のガイは俳優としての名声を高めてやろうという悪魔が出した条件と引き換えに、悪魔の子どもを残したいという悪魔たちの願いを叶えてやるために自分の妻、ローズマリーの身体を差し出すことをする。

 
 昔々、刑事物のドラマを見ていて、結局最後は正義が勝つのを見ながら、悪が勝つ結末を想像してほくそえんだ覚えがあるんだ。 

 
 俺の中にはローズマリーの旦那のガイがいると思う。

 
画像。 こういう空模様はわくわくする。

続きを読む "ローズマリーの赤ちゃん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

赤福

Ise_047f 若林農水相が記者会見で 『まさか老舗までが・・・』 と言ってたけど、ほんと、まさか、だよ。 こうなりゃ、製造年月日や原材料の偽装をやってないメーカーはないんじゃないかと思いたくなるね。 京都の、あんこを挟んだお菓子や、仙台の、カスタードクリームを挟んだお菓子も・・・、って疑い出したらきりがなくなる。

 それよりも、雪印、不二家、白い恋人・・・と、不正がさんざん叩かれて企業がどうなっていったかを見ていたはずなのに、どうして未だにそんなことをやってたのかが不思議だよ。

 
 偽装にも驚いたけど、赤福餅を冷凍保存していたことに驚いたね。

 
画像。 伊勢神宮にて。

続きを読む "赤福"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月11日 (木)

学歴コンプレックス

 『そんなの、ないよ』 とは言ってるけど、本当は、ある。 いまさらどうしようもないけど。 どうしようもないものだから、いつまでたってもあるのかな。 頑張ってれば、それなりの学歴は手に入れることはできたんだよ。 頭が悪いわけではないと思うからね。 勉強しなかったんだよ、俺は。 好きじゃなかったからな。

 
 昨日知り合いが、たぶん酔った勢いからだと思うんだけど 『あいつとあいつとあいつ、同い年なんだけど、俺は敵わないんだ。 だって、東大、慶応、早稲田じゃん。 俺なんか専門卒だもん』 だって。

 「俺、やつらとおまえを比べて、おまえが劣ってるなんて、思わないぜ。 だって、友だち付き合いだって、仕事だって、おまえがきちんとしてるの、俺は知ってるもの」
 「でもさ、やつら、一千万超えてんだよ。 絶対追いつけないんだぜ」

Tyo07ag_013f 
 年収は人を測る秤ではないけど、そこに差があるのは事実だな。 俺みたいに、俺自身の理由でコンプレックスがあるのは自分を納得させることはできるけど、ヤツのように家族、家庭環境が理由でコンプレックスを持ってしまったものはな。 

 たぶん、ヤツがそんなコンプレックスを持ってるなんて誰も知らないだろう。 そしてヤツは、まったくそれを感じさせない強さを持ってる。 人を思いやるやさしさもね。

 
画像。 東京・千駄ヶ谷にて。

続きを読む "学歴コンプレックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

北欧館

 自動ドアを入って靴を脱ぐ。 下駄箱に入れ、その下駄箱のキーを入場券とともにフロントに出すと、ロッカーのキーとタオルの入ったバッグを渡される。 服を脱ぎバスタオルを腰に巻いて、2階の風呂へ。 もうすっかり慣れた、いつもの行いだ。

 初めて来たのはもう20年ほど前だな。 転勤で大阪に戻って、さてゲイバーに繰り出すかと堂山に来たんだけど、どの店に入っていいか見当もつかない。 夕方の堂山をさんざん歩き回ったんだけど決心がつかないでいたところに目に入ったのが “北欧館” の看板。

 『そうだ、ここに入って、飲みに行く人を捕まえよう』

 これが俺の、北欧館初体験。

 そしてだ、運のいいことに、入ってすぐにタイプの人に声を掛けられて、いたして、

 「飲みに行ったりするんですか?」
 「ああ、じゃあ、これから行こうか」

Osa_178f でそれから、俺の堂山での活躍? が始まったわけです。 

 飲みに出始めて、そこで知り合った人にいろんな店に連れて行ってもらったりして、それはそれで楽しい毎日だったんだけど、それ以上に俺は、北欧館に嵌り込んで行ったのですよ。 回数券ならぬ、定期券が欲しいくらいにね。

 
 当時よく見かけた人がいた。 身体つきは変ったけどね。 きっと俺も、そう思われてんだろうな。

 
画像。 大阪・淀屋橋。

続きを読む "北欧館"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

大阪

 ゲイとして物心付いてから大阪に住んだ期間は、たったの4年。 でも、いま思い返すと、その4年間の体験、経験は俺にとって非常に大きいものになってるんだな。 恋愛、セックス、ゲイバー、ハッテン場、それまでも行ってはいたけど、楽しむようになったのは大阪に住むようになってからだな。

Os_060f そんな大阪を離れてもう13年。 阪急百貨店は半分壊されて、大阪駅の裏側にはヨドバシカメラができて、ファイブの上には観覧車ができて・・・。 そして、その隣のナビオ阪急は今月で閉館になるんだそうな。 変っていくね。

 ファイブとナビオのあいだの細い道。 俺はこの道、好きなんだな。 道の両側の飲食店、見た目はどの店もきれいになんだけど扱ってるものは大阪らしいコテコテしたものばかり。 たぶん東京だったら今時のカフェが今時の店のデザインで並ぶんだろうけど、お好み焼き屋やラーメン屋、串カツの店にわんさか人がたむろってる。 いかにも大阪、って感じがいいんだよ。

 でも、この通りにある店に俺は一度も入ったことがない。 じゃあ、なぜ、この通りが好きなのか? というとそれは・・・。

 梅田駅、大阪駅から堂山の飲み屋街に行くのには、ここを通り抜けるのが一番の近道。 ナビオのファーストキッチンの辺りから堂山の交差点のケンターキーに着くまでに、イケナイ地域に足を踏み入れるんだという興奮した気持ちが昂ぶっていくのが、たまらなく気持ちよかったからなんだ。 堂山の交差点で東梅田ローズを目の前にして信号が変るのを待つあいだのあのドキドキは、それから起こるだろう出来事を期待して心臓が飛び出さんばかりだったね。

 若かったよ。

 
画像。 大阪・梅田。

続きを読む "大阪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

たじたじ

Osa_135f 昼間とは言え祝日だから、それなりに混んでいるだろうと想像はして行ったんだけど、ロッカーの空きがほとんどないのには驚いた。 大阪、オオミナミのそのまたミナミにあるとあるハッテン場。 ずっと以前から気にはなってたんだけど、浴槽のない、つまり、ハッテンサウナ以外には興味のない俺は、あえて行かないでいたんだな。

 入り口を入って靴を下駄箱に入れる。 自販機で入場券を買ってフロントに差し出すと、

 「初めての人?」

 やっぱりわかるんだな、と俺。 どこかおどおどと落ち着かないところが伝わるんだろうな。

 「ロッカーは2階、シャワーは・・・」

 
 競パンを履いているヤツがひとりいる以外は、全員が全裸。 俺は六尺で徘徊するつもりで行ったんだけど、そのパワーに圧倒されて、全裸。 いやはや、最近のこういう場所は、見えないところを想像で補うという楽しみは、期待してはいけないらしい。 格好も直接的なら、やることも、まどろっこしいことはすべて排除して直接的。 オジサンはたじたじで、早々に退散してきました。

 
画像。 阪急電車・十三にて。

続きを読む "たじたじ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

赤褌

 赤褌! 今日は朝からなぜか 『今日は赤!』 という気分で、赤褌締めてます。

Osa_142f ここしばらく、なぜか気分が高揚気味。 一週間ほど前のこのブログにも六尺一丁で外気に触れたい気分と書いたけど、まだその気分が続いてるんだな。 でも、実際にはそうできてない。 ジムでは人前で六尺締めてるけど室内だし、表に出たい欲望は満たされてない。 この欲求、実際に表に出て太陽光を浴びるまでは続くのかな。

 その気分の表れが今日の赤なんだけど、悲しいかな仕事。 こんなに天気のいい一日だったから新木場にでも行くいいチャンスだったんだけどね。 明日は休みなんだけど、予報は雨。 さてさて、この気分はいつになったら収まるのやら。

 
画像。 神戸・塩屋の海岸。

続きを読む "赤褌"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

小沢氏の論文

 『アフガニスタンで活動する国際治安支援部隊に、政権を取れば参加を実現したい』

Ise_029f まもなく発売される月刊誌に掲載される民主党の小沢代表が書いた論文の内容の一部が、朝日新聞の5日の夕刊で報道されたね。 それが冒頭の 『国際治安部隊に参加・・・』 の内容らしいんだ。

 いやぁ、俺は小沢さんが、どんな状況だろうとも自衛隊の海外派兵、派遣には反対なんだと思ってた。 それが、アメリカ軍の支援には反対だけど、国連軍としてなら地上軍の派遣も憲法違反ではない、との主張らしい。

 うぅ~ん、わからん! 自衛隊の海外派遣は、どんな形にしろ憲法違反、という主張じゃなかったのか? たとえ国連軍としてでも地上軍派遣は、専守防衛とか集団的自衛権とか、いままでの自衛隊を巡る議論を、根本から覆す内容なんじゃないのかな? それこそ自民党がやりたいと思ってることで、民主党の主張としてはとんでもないことなんじゃないの?

 と思ってたんだけど、違うの?  わからん!

 
画像。 伊勢神宮にて。

続きを読む "小沢氏の論文"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

スターフライヤー

 ブログのデザインを、スターフライヤーにしてみました。 一瞬の見た目は、スターフライヤーのブログか、って感じになりました。 企業の宣伝媒体としては上手なやり方だね。

 
 未だに乗ったことがありません。 先月、羽田 ー 関空 線が就航するまでスターフライヤーの唯一の路線だった 羽田 ー 北九州 線がANAとコードシェアを始めた時に乗ってみようと思ったんだけど、未だです。 関西線はANAとコードシェアするのかな。 今月は関西線就航記念運賃をやっていて安いから京都に帰る時にでも利用してみようかと思うんだけど、マイルがなぁ・・・。 でも、そう言ってるあいだに、何時ぞやのスカイマークみたいにさっさと撤退、なんてことにならないとも言えないし。

 撤退しないとすれば、早晩、コードシェアするだろうな。 ANAの 羽田 ー 関西 線は、関西からどこかに飛ばす飛行機を関西に持って行くために旅客扱いしてるような印象を受けるから、ANAとしてもメリットは大きいように思うからね。

Ys_078f  
 画像。 SFJのA320。 羽田にて。

続きを読む "スターフライヤー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

大腸

 『内臓の調子、ちょっと変ったかな』 と最初に思ったのは27才の時。 それまで、便秘や下痢はたまにすることがあっても、それ以上のいつもとの違いを感じたことはなかった。 それが27才の時に2週間ほどニューヨークに行って帰ってきてから 『吐く息の臭いが変ったな』 と感じたんだ。 向こうにいるあいだずっと肉を食ってたからそれが原因で、しばらく経てば気にならなくなるだろうと思ってたんだけど、元には戻らなかったんだな。

Twd_023f それ以来俺は、ずっと腸の調子がおかしいと感じ続けてるんだ。 腸のことで最初に医者にかかったのは37歳の頃。 残便感というのではなく、大腸の下の部分に絶えず何かが溜まってるような感触が続くのが不快で相談に行ったんだ。 で、内視鏡検診。 結果は 「腸の構造上、溜まりやすいかもね」 と医者の弁。 気にしないようにするしかないとのことだったんだな。

 二度目の検診は42歳の頃。 「大腸の働きが悪いようだね。 整腸剤を出しておきましょう」 ・・・  それ以来、いろんな整腸剤を飲み続けております。

 
 やはり、薬というものは、効くんだね。 去年あたりから 『大腸の状態を正常に近づけるお薬』 という触れ込みで市販されるようになった、大腸に効く整腸剤。 これは試してみない手はないと早速使い出したら、いままでの整腸剤とは雲泥の差。 不快感は完全には取れないものの、久しぶりで“快便”を味わったのでした。

 でだ、この夏前、安いクスリではないのでちょっと買うのを渋ってたら、昔味わった超不快感が戻ってきた。 そこでまたまた薬に頼るのは悔しいんだけど、やっぱり飲んでみるかと再び始めたら・・・

 快!!!

 
画像。 青森・奥入瀬にて。

続きを読む "大腸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

マイレージ

 『ANAの上級会員向けのプログラムが変更になるらしい』 とかねてから噂されていたんだけど、本当に改定されるんだね。 昨日、ANAのマイレージクラブから通知が来たよ。 よかったよ、来年からで。 SFC(スーパーフライヤーズカード)を手に入れるための条件が厳しくなるんだよ。 今年挑戦してよかったよ。 って、まだ手に入れてないけど。Hac_045f

 SFCを手に入れると、スターアライアンスに加盟する航空会社が提供する上級会員としてのある程度の特権を、永久に使える権利を手に入れることができるんだ。 その中でも、スターアライアンスを利用する限り加盟する航空会社の世界中のどこのラウンジも使うことができる権利を手に入れられることが、大きな意義なんだな。 なので今年、頑張ってるわけです。

 
 こういうことに詳しい方が、早速ご自身のブログでいままでとの違いを書いておられたので、参考にさせていただきました。 それを見ると、今年俺がやってるような、登場回数を稼ぐだけではこの権利を手に入れることができなくなるんだね。 安価な路線を何度も乗って回数を稼ぐだけでは条件を満たせなくなる。 ある程度お金は落とさないといけないことになるようだね。 まあ、あたりまえと言えばあたりまえの改定だな。

 
画像。 八丈島空港にて。 ANA、A320・JA8396

続きを読む "マイレージ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

クレイマー

 「こちらに電話番号をいただいても、よろしいでしょうか」
 「品切れですので、他のものに替えていただいても、よろしいでしょうか」

 この場合の 『よろしいでしょうか』 に 『イヤです』 と答えてみたら、言った店員はどういう反応を示すだろう?

 と思い、実際に言ってみた。

Tyo07ag_047f 「他のものに替えていただいても、よろしいでしょうか」
 「イヤです」

 その店員、いったい何が起こったのかわからず、ポカンと俺の顔を見る。

 
 歳を取って、ちょっと理屈っぽくなったな。

 
 最近の飛行機の機内アナウンス。 飛行機が着陸してスポットに向かうあいだに

 『ケータイ電話の電源は、飛行機を降りてからお入れください』
 『シートベルト着用のサインが消えるまでは、立たないでください』 

 と、お願い口調じゃなく、やさしい命令口調を使ってるんだな。 最初は聞くたびに違和感を覚えたんだけど、いまではそれでいいと思うようになったね。 実際のところ 『お立ちにならないようお願い申し上げます』 とお願い口調で言って、イヤですと立たれたら困るわけだから、命令口調、と言うか、他の選択肢を与えないような口調で言うのが正しいんだよね。

 
 さて 『他のもに・・・』 はどう言う? 

 
画像。 東京・千駄ヶ谷にて。

続きを読む "クレイマー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

10月

 “10月”という文字を見ると、国鉄(JR) のダイヤ改正をイメージするんだな。 東海道新幹線の開業が1964年10月1日、全国に特急列車網が行き渡ったのが1968年10月1日と、昔は決まって10月だった。 それも1日。 それが、山陽新幹線の岡山開業あたりから崩れだしたかな。 岡山が’72年3月15日、博多開業が’75年3月10日というふうにね。

 
 さて10月。 このところずっと飛行機ばかりに関心が行ってたんだけど、先日本屋で 『10月1日、JR北海道ダイヤ改正』 と書いた時刻表が売られているのを見たら、やたらと鉄道に乗ってどこかに行きたくなってきましたよ。

Uzushio181_02

 
 画像。 特急【うずしお】

続きを読む "10月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »