« ローズマリーの赤ちゃん | トップページ | 一筋の線 »

2007年10月14日 (日)

たまごの寿命

 『お買い上げ後は冷蔵庫(10℃以下)で保存してください』

 昨日買った卵の賞味期限の欄を見たらこの注意書き。 まあ、これはあたりまえなんだけど、意外だったのはその下の記述。

 『生食の場合は賞味期限内に使用し、賞味期限経過後および殻にヒビの入った卵はお早めに充分加熱処理してお召し上がりください』

Br07_069f 賞味期限というのはWikipediaによると、正しく保存した場合に味と品質が充分に保たれると製造業者が認める期間(期限)、と書いてある。 うんうん、俺もその認識でいる。 俺はほとんどの場合その表示は無視して食べるんだ。 知らない誰かが決めたことよりも、自分の味覚や臭覚、視覚を信じて判断するということなんだな。 だから卵は、割ってみて大丈夫と思ったら、賞味期限がどんなに過ぎていようが、食べる。

 でも、賞味期限が過ぎても食べられますよという表示があるのには、驚いたね。 と同時に、しばらく前に、賞味期限を過ぎた原材料を使ってお菓子を作ってた業者が社会からコテンパンに叩かれたけど、あれって、謝る必要がなかったことなのかもと思う。

 
画像。 インドネシア・バリにて。

 

Mm_a1aay 以前は製造年月日が書いてあった。 それがいまは賞味期限の表示に改められた。 これって、マニュアル世代の考え方だな。 自分で判断せず、決められたとおりに行動する世代。 マニュアルが決断力を奪ってると思う。

 

|

« ローズマリーの赤ちゃん | トップページ | 一筋の線 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

 確かに、賞味期限って色々迷いますよね。オレは、どっちかっていうと気にしぃなので、結構期限切れは処分したりします。

投稿: たい | 2007年10月16日 (火) 01時34分

  たいさん。

  ほとんどの人はそうですよね。 俺が特別なんでしょう。

投稿: 達 | 2007年10月16日 (火) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまごの寿命:

« ローズマリーの赤ちゃん | トップページ | 一筋の線 »