« 赤福 | トップページ | たまごの寿命 »

2007年10月13日 (土)

ローズマリーの赤ちゃん

 『願い事は何でも叶えてあげよう。 ただし、あなたの一番大切なものと引き換えに』

 こうなればいいなぁ、自分がこんな風であったらいいのに、って思うこと、あるよね? 俺はこの歳になっても 『明日目が覚めた時に身長が高くなってればいいのに』 って思うことがあるんだ。 とは言っても、背が低いことで何か損をした、なんてことはないんだよ。 ないものねだり。 背が低いから、高くなりたいというだけ。

 『じゃあ、背を高くしてあげよう。 その代わり、あなたの五感のうちのひとつを、それを持っていない人にあげることを条件にね』 まあ、もしも神様が背を高くしてあげようと言ったとしたら、これくらいの条件は出してくるだろうな、なんて思ったりするんだな。 

 
Yzy03f 悪魔がいたとする。 でだ、その悪魔が何かしたいことがあるとする。 でもそれは人間の手を借りなければできない。 そこで悪魔は 『やってくれたら何でも手に入れてやろう』 という条件を出してくる。

 映画・ローズマリーの赤ちゃんで、ローズマリーの旦那のガイは俳優としての名声を高めてやろうという悪魔が出した条件と引き換えに、悪魔の子どもを残したいという悪魔たちの願いを叶えてやるために自分の妻、ローズマリーの身体を差し出すことをする。

 
 昔々、刑事物のドラマを見ていて、結局最後は正義が勝つのを見ながら、悪が勝つ結末を想像してほくそえんだ覚えがあるんだ。 

 
 俺の中にはローズマリーの旦那のガイがいると思う。

 
画像。 こういう空模様はわくわくする。

 

Savonn2 たぶん俺はこの映画を、高校生の時に見てるんだ。 で、何かに共感した覚えがある。 今日までの三日間で原作(日本語の翻訳版)を読んだんだけど、やはり共感したよ。

 

|

« 赤福 | トップページ | たまごの寿命 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローズマリーの赤ちゃん:

« 赤福 | トップページ | たまごの寿命 »