« バイセクシャル その4 | トップページ | 師走 »

2007年11月30日 (金)

告げ口

 4、5年も前になるかなぁ。 酒の所為にしてはいけないんだろうけど、酒が進んで口が軽くなってたんだよな。

 「あいつ、自分で支払う酒はチビチビなのに、人の酒だとグイグイいくんだよ。 俺、やなんだ、そういうヤツ」

 軽い気持ちで言ったこのことが、なんと、回りまわって俺のところに戻ってきた。 そのときの俺のことばを直接聞いたかそこにいた誰かから聞いた人が、“あいつ”に俺がそう言っていたことを告げ口したんだな。 そして、俺がそう言ったことが話題になっていた場にいた人が、俺に知らせてくれたんだよ。 「達ちゃんが言ってたことが“あいつ”の耳に入ったよ」 ってね。

Sby_058f 
 悪口、陰口って、そう言ってたということが絶対にその本人には知られない、という大前提の下に言うんだよな。 他言はしないという、暗黙の了解の下に。

 
 今日、また、ひとつの話が俺の耳に入って来た。 確かに俺は言った。 言った俺が悪い。 だからちょっとしばらく、俺はしんどい目をすることになる。 でも、それにしてもだ、わざわざメールでその本人に知らせることはあるまいて。

 
画像。 東京・渋谷、ハチ公前にて。

 

Ber003 どういう気持ちで告げ口をするのか。 たぶん、良かれと思ってだろうな。 でもなぁ、ヤツの前では込み入った話はできないな、という評価になってしまうぞ。

 

|

« バイセクシャル その4 | トップページ | 師走 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

あぁ、「人の口に戸は立てられぬ」とはいうものの、実際話として聞くと、告げ口をした人が一番悪いと思いますよ。だいたいわざわざメールしてまで言うことか!?って、オレまで腹立てちゃいました。告げ口した人も、「あいつ」さんも自分で自分の評価下げますね、確実に。

投稿: たい | 2007年12月 1日 (土) 22時45分

  たいさん。

  でも、告げ口したヤツは、たぶん良かれと思ってやって
  いるんですよ。 『言ってあげるのがお互いのためだ』
  ってね。 やれやれです。

投稿: 達 | 2007年12月 4日 (火) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイセクシャル その4 | トップページ | 師走 »