« スイマー | トップページ | バイセクシャル その5 »

2007年12月 4日 (火)

道路特定財源

 今年の後半、青森県を訪ねる機会を何度か持ったんだけど、その度に “道路” について考えさせられたんだ。 
 

 とある街の中心を旧国道が貫く。 郊外にバイパスが通った現在、その往復二車線の旧道を通る車は昼間でもまばら。 たぶん、ひとりに一台ずつ自動車を持たないと生活できないような街だけれども、渋滞なんてものはないんだろうと想像させられる。

 郊外のバイパスは往復四車線。 まるで高速道路かと見まがうような立派な国道が、ゆる~いカーブを描いて遥か先まで続いているけど、行き交う車は、やはりまばら。

 所要で行った先の建物の横の道は、工事中。 なんの工事かと思いきや、たぶん、いやいや、まぎれもなく拡張工事中。 車道を広げて、その両側に歩道まで整備中。 きれいになることはいいことだと、言ってしまえばそれまでだが、完成後に通ったときに歩道には人影は、なし。 暗くなってからも何度か車で通ったりしたけれでも、すれ違う車なんて、皆無、でしたよ。

 
 これが、道路特定財源で造られている “道” なのかしら。

Msw_056f  
青森・JR三沢駅にて。 二両連結の普通電車が、コトコトとやってきた。

 

Bsa002 ずいぶん前に行った屋久島。 世界遺産に登録された地域を抜け出た途端、その道が急に立派に。 海岸線を無視して造った真っ直ぐな道に俺が運転する車以外の自動車は、なし。 時速100Kmでぶっ飛ばしましたよ。

 

|

« スイマー | トップページ | バイセクシャル その5 »

政治」カテゴリの記事

コメント

屋久島にも、そんな立派な道があったとは。これも、いわゆる税金の無駄遣いなんでしょうか。

投稿: たい | 2007年12月 5日 (水) 23時59分

  たいさん。

  箱物行政。 仏作って魂入れずは、日本人の得意芸
  なんですかね。

投稿: 達 | 2007年12月 6日 (木) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイマー | トップページ | バイセクシャル その5 »