« SFC | トップページ | スターフライヤー »

2007年12月19日 (水)

バイセクシャル その7

 男の身体が見たい、男の身体に触りたい というのが俺がこっちの世界に入るきっかけと書いたけど、じゃあ恋愛の対象としては男を見ていなかったのか? と訊かれると、そんなことはないよと言わざるを得ないな。 男を心から好きになったことがあるし、切ないほどの恋をしたこともある。 ただ、それは・・・

 俺が、男しかいない世界に浸っていたからだと言えなくもないと思う。 もしも女がそこにいたら・・・

 
Garciaj_001 俺が相手が男だけになってからしばらくして、当時勤めていた会社の部下の女性に“好ましい”という思いを抱いたことがあるんだ。 はっきり言って仕事ができる女ではなかったけど、一生懸命なところと、どこか家庭的な温かさを感じさせるところに、俺が興味を覚えたのを憶えてる。 すでにそのときには、女とやらなくなって7年ほどが経っていて、女とのセックスに興味が失せてしまってた時期ではなかったかと思うんだ。

 当時の俺はまだまだ血気盛んで、付き合う男と充分にセックスをしながらもハッテンサウナで見せ合うことを楽しむし、フィットネススクラブでもアワヨクバと目を充血させていたくらいだったんだな。 だから、ひとりの人を対象に落ち着いた生活をしようなんて思いは、爪の先ほどもなかったよ。 そんなだから、彼女からのアプローチも、いまだからあれはそうだったんだと思えるけど、当時はまったく意に介さないくらいにヤンチャだったんだよ。

 ただ、彼女が気になったことだけは、記憶にある。 いまなら・・・、と思うね。

 
画像。 Jesse Garcia

 

Lom006 どうしてるかなぁ。 たぶん、俺と干支一回り違ったと思うから、もう・・・。 結婚して、いい奥さんになってるだろうな。

 

|

« SFC | トップページ | スターフライヤー »

バイセクシャル」カテゴリの記事

コメント

今思うと、オレもあれは恋愛の対象として男を見ていたのかなぁと言うのがありますね。でも…憧れの対象として見ていたのではないかと言われると、そうとも思えるし。でも、なんか、達さんの文章の前半部分は非常に共感できますね。

投稿: たい | 2007年12月23日 (日) 23時42分

  たいさん。

  憧れと恋愛の区別がつくようになって、俺は楽になりました。 
  もっと早くに気がつきたかったですね。

投稿: 達 | 2007年12月26日 (水) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SFC | トップページ | スターフライヤー »