« 年金記録 | トップページ | おふくろ »

2007年12月14日 (金)

バイセクシャル その6

 本来、俺にはゲイとしての素質は、あったのか?

 最近は、自分で自分にこんな疑問を抱いている。 そうは言っても、はじめて男と交わってから25年、男一筋ではなかったけど立派にやることはやってきたわけだからね。 充分にゲイであった、いやいや、あるわけだな。

 でも、男が好き、だから男とセックスをする、という図式は必ずしも成り立たない。 男は好き、セックスは好き。 俺にとってこのふたつは別物であって、必ずそうでなければならない、とはならない。
  

Demonda_001 男は好き。 男の鍛え上げた身体や逞しい雄そのものには非常に興味がある。 鍛えた身体は眺めたいし、触ってもみたい。 競パンが似合う身体もきれいだと思うし、六尺をきりっと締めた男には、男の中の男を感じる。 俺自身、一生懸命身体を鍛えていた時期があったのは、俺が理想とする身体になりたいから、人前で脱いでも恥ずかしくない身体を作ろうとしてなんだ。 俺が理想と思う男、きりっと締めた六尺が似合う身体を持つ男になろうと努力したのは、男に 『もてたい』 という理由よりも、人前で披露したいという欲望、男に 『見せたい』 のほうが強かっただろうな。
 

 セックスは好き。 下半身からのあのこみ上げるような快感は、他のどの快感よりも俺に快楽を与えてくれる。 俺の手や舌の愛撫で喜ぶ相手を見、それを実感するのが好き。 俺のモノを使うことで悦んでくれるヤツには、思い切り悦ばせてやりたいと思う。
 

 男とのセックスは、逞しい男を見ていたい、触れたい、悦ばせたいという俺の欲望を満たし、俺のモノそのものから得られる快楽に浸りたい、という俺の欲望を満たすに最適の行為、だということだな。

 女は・・・。

 
画像。 Aian Demond

 

Lcl001 男の身体を見たい、男の身体に触りたいという気持ちから、男とセックスをする、という方向に行ったことは間違いがない。 

 

|

« 年金記録 | トップページ | おふくろ »

バイセクシャル」カテゴリの記事

コメント

達さん、こんにちは。ちょっと取り込んでて、コメントが遅くなりました。

オレも、競パン姿の男や六尺(ほとんど雑誌でしか見ないけど)、鍛えてる男の体を見るのはやっぱ好きですね。やっぱ街でも目で追っちゃうし、プールとかでもさりげなく…。オレも水泳ですが、達さん同様、鍛えるてる意味は少なからず、見られる体になりたいっていうのがあります。先日、クイックマッサージ行ったら、「バランス取れてる体してますね。何か運動されてるんですか?」と。ちょっと嬉しかった。

セックスは…

メールしますね、細かい話になりそうなんで。(苦笑)

投稿: tai | 2007年12月17日 (月) 05時50分

  taiさん。

  バランスの取れてる身体って、いいですね。 ジムに行くと、
  上半身だけは立派、って人をよく見かけるんですが、あれは
  不恰好ですよね。

投稿: 達 | 2007年12月18日 (火) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金記録 | トップページ | おふくろ »