« スターフライヤー | トップページ | 急行[銀河] »

2007年12月21日 (金)

バイセクシャル その8

 女とのセックスがよくて、恋愛の対象となる女もいた。 じゃあなぜ、女との生活に踏み込まなかったのか。 それは、俺の嫌いな“女の部分”が邪魔をするんだろうな。

Russod_001 女は必ず、と言っても俺が相手をした女だけかも知れないけど、ある一線を越えると急に“女の部分”が現れて、それで俺に迫って来るんだ。 それは、

 「ねぇ、いいでしょぉ~。 私今日、帰りなくなぁい~~」

 みたいな甘え。 仕事中はもとより、何人かで食事に行ったり飲みに行ったりしても見せない、いや、二人っきりになっても一線を越えるまでは見せない 『鼻にかかった声で迫る甘え』 に俺は嫌悪を覚えるんだ。 これは、女は必ず、いや、女だけじゃない、こっちの世界の男にも 「ねぇ~~」 と甘える人種、俺はこれには虫唾が走って二度と顔を見たくなくなるんだな。 これさえなければ、女でも大丈夫。 というよりは、これがなければ女のほうがいいのかも。

 
 さて、ひと月にわたって書いてきた、俺のバイ・セクシャル告白。 このあたりでお仕舞いにします。 何だかだと書いてきたけど男のケツを追いかけていることに変化はなく、風俗に行くこともしてません。 まだね。 彼氏を作らず、だからというわけではないけど、たまにハッ○ンするところに出かけたり、そうなのかそうでないのか定かでないSフレといたしたり。 まあ、やっぱり、筋肉に覆われた男の身体を求めての彷徨いは、まだしばらくは続くのでしょうな。

 
画像。 Derek Russo。

 

Ber006 風俗に行ったら、報告します。 では・・・

 

|

« スターフライヤー | トップページ | 急行[銀河] »

バイセクシャル」カテゴリの記事

コメント

すごくよくわかります!媚びるというか!あれは止めて欲しいっすね。なんか、しらけちゃう。友達に連れられて、バーに行ったことがあるんですが、いきなりお姐さんかまされて閉口しました。

バイ・セクシャルシリーズ、色々考えさせられることが多かったです。ありがとうございました。

投稿: たい | 2007年12月23日 (日) 23時53分

  たいさん。

  この手のシリーズには、また話題を変えて挑戦したいと
  思っています。
  その際は、またよろしくお願いします。

投稿: 達 | 2007年12月26日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スターフライヤー | トップページ | 急行[銀河] »