« 挑戦する | トップページ | 惚気(のろけ) »

2008年1月20日 (日)

国語辞典

 友人が、国語辞典をくれました。 この前我が家で鍋パーティーをやった時に、

 「昭和49年発行、って、いつまでも使ってないで、新しいの買いなよ」

 と言ってた友人が、彼の勤めてる会社が発行してるものをプレゼントしてくれたんです。 物持ち、いいでしょ。 35年ほど使ってたんだね。 古いものでも不便は感じてなかったんだけど、さすがに新しいものと比べると・・・、ですよ。 “インターネット”とか“携帯電話”なんてことばが載ってますよ。
 

 俺、いまこうしてブログを書いているパソコンの横に、国語辞典と英和辞典を置いてるんだ。 今時、国語辞典? と、お思いかもしれませんね。 ネットで検索すれば、簡単に意味や漢字は調べられるんだけど、やっぱり使い慣れた、と言うか、引き慣れた方法で探すほうが早いし、すんなりと理解できるんだよね。 電車の時刻を検索するのも、ネットよりも時刻表を見る方がいいかな。 アナログで育ってるから、未だにアナログな方法での方がすんなりと理解できるんですよ。

 そうそう、文章も、横書きのものよりも昔ながらの縦書きの文章の方が、すんなりと頭に入ってくる。 新聞や文庫本のように縦書きの文章ね。 ネットのニュースは、どうも飛ばし読みと言うのか斜め読みと言うのか、どうしても端折って読んでしまうんだよ。

Kyoto01_058f

 画像。 京都、千本釈迦堂にて。
 

 

Bst002 書くのは横書きです。 縦に書くと、文字が躍ってしまって、ものすごく読みづらい。

 

|

« 挑戦する | トップページ | 惚気(のろけ) »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 挑戦する | トップページ | 惚気(のろけ) »