« 恋愛 | トップページ | 拒食 »

2008年1月 9日 (水)

夜行寝台列車

 かつて、JRがまだ国鉄だった時代に、東海道・山陽新幹線に夜行の寝台列車を走らせる計画があったのを憶えてる方は、たくさんいらっしゃるんじゃないかな。 新幹線が博多まで開通す際にどういう列車を走らせるかが検討されたときに、計画されたんじゃないかと思うんだ。

 東京を、最終の飛行機が出たあとに出発して、始発の飛行機が福岡に着く前に博多に到着するように走らせるというものだったと思う。 ただし、新幹線は、夜中に線路の保守工事をしているのでその区間は走れない。 その区間に入る手前でしばらく、たとえば新大阪駅で3時間とか停めて、工事が終わったらまた走らせる、という具合にね。 実際、車両のモックアップまで造ったんだけど、いつの間にか立ち消えになってしまったみたいだな。

 
 東京ー大阪間を走ってる寝台急行[銀河]が3月で廃止されることについて書かれているブログを、ここ何日間のあいだにいろいろ読んだんだ。 その中に、急行[銀河]は、JR東日本、東海、西日本の三社にまたがって走るがために、各社の思惑が交錯した結果、設備の更新や割安料金の設定ができずに衰退して行った、ということが書いてあるのがあったんだよ。

 昨今の夜行列車の廃止は、利用客の減少が廃止の理由とされているけど、そもそもの利用客の減少の理由が、JRの経営のまずさや、運行が面倒な列車をなくしてしまいたいというJRの方針を正当化するために、計画的に利用客が減るように持っていかれたんじゃないかとの感想を、持ってしまったよ。

 
 新幹線の夜行寝台。 あの頃はそんなものはいらないと思ってたけど、なんとか実現しないものだろうかね。
 

Kii14 
画像。 寝台特急【紀伊】。 紀伊勝浦駅にて、’75年8月。
 

 

Sos002 列車、汽車は、子どもの頃は憧れだった。 そんな憧れを、また復活させてもらいたいな。

 

|

« 恋愛 | トップページ | 拒食 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋愛 | トップページ | 拒食 »