« 事始め | トップページ | 予め(あらかじめ) »

2008年1月 5日 (土)

年賀状

 サラリーマンから足を洗って11年が経ったけど、最後にいた会社の後輩ふたりが、いまだに年賀状を俺に送り続けてくれているんだ。 ひとりは、あるひとつの部署で三年半コンビを組んだヤツ。 ひとつの部署を任された俺が、ことあるごとに厳しく部下に接するその陰で下から支えてくれたヤツなんだな。

Kyoto01_075f もうひとりは、俺は憶えていなかったんだけど、彼が新入社員として入ってきた初日にたまたまそこにいた俺が 『頑張りなよ』 と声を掛けたヤツ。 彼が会社に入って、初めて声を掛けられたのが俺なんだそうだ。 彼はその後の正式配属で俺の部下になり、俺と時を同じくして会社を辞めていったヤツなんだ。

 そんなふたりが年賀状を送り続けてくれている。 俺は昔から年賀状を出さない人で、返事は書くけど自分から積極的に出すことはないんだ。 それでも毎年送り続けてくれているんだ。 たまには会いましょうと・・・

 
 人とつるむのが苦手で、好きではない俺。 自分勝手に生きるのはいい加減にしないとと、彼等から年賀状をもらうたびに思うのだけれども、思うだけで毎年を過ごしてしまってる。

 
画像。 京都、北野天満宮にて。

 

Gym005 筆不精というわけではないんだ。 手紙の文面を書くのが、こっ恥ずかしいんだ。

 

|

« 事始め | トップページ | 予め(あらかじめ) »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事始め | トップページ | 予め(あらかじめ) »