« 惚気(のろけ) | トップページ | ストーカー »

2008年1月26日 (土)

2年ぶりの風笛

 風笛(かざぶえ)という曲をご存知ですか。 大島ミチルという人が作った曲で、NHKの朝の連続テレビ小説“あすか”のテーマ曲に使われた、というとおわかりいただけるかな。 オーボエ奏者の宮本文昭さんの演奏がものすごくきれいで、ドラマの内容はほとんど覚えてないんだけど、曲だけは強く印象に残ってるんだな。

 
 いまから7年前、とあるコンサートを手伝うことになった俺は、そのコンサートで何年かぶりでオーボエを演奏することになったヤツに、

 「じゃあ、あすかのテーマ曲やってよ」

Hkm_007f と、軽い気持ちで言ってみたんだ。 楽器のことを何も知らない俺は、楽器を演奏するということが大変なことや“風笛”という曲が大変難しいことなんかをまったく考えずに言ったんだよ。 それを彼は、大変な練習をしてやってくれたんだな。 それ以来、その曲に大変感動した俺のことをみんなが知るところとなって、そのコンサートのテーマ曲のような存在となり、毎回誰かがやってれるようになったんだ。

 
 今日、7度目となるそのコンサートが開かれたんだけど、プログラムに“風笛”は見当たらなかった。 去年、連続して開かれていれば7度目となるコンサートを、俺の一存で中止をしたんだ。 主催者としてやっていくのに疲れてたからね。 それが、有志のチカラで復活をしたんだ、今年ね。 でも、いや、当然、“風笛”は忘れられてしまってたんだな。

 
 それが、すべてのプログラムが終わったあとの誰もが自由に演奏してもいい時間に、今回取りまとめ役をしたヤツと何人かの有志が演奏してくれたんだよ。 やっぱりこの曲がないとね・・・、って。

 
画像。 東京・東久留米の竹林公園にて。
 

 

Ltg004 毎回の最後の挨拶で俺は涙をしてたんだ。 みんなに感動してね。 今日も“風笛”を聴きながら、涙が止まりませんでした。 みんな、ありがとう。

 

|

« 惚気(のろけ) | トップページ | ストーカー »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惚気(のろけ) | トップページ | ストーカー »