« 東京マラソン | トップページ | 六尺酒処「髭六」 »

2008年2月19日 (火)

ヅラ

 「おまえ、どこ見てんだっ!」

Amr_041f いやぁ、たぶん広い範囲にその声は聞こえてたと思うんだよね。 俺もその瞬間、その声の出所を見たし、周りにいた人たちもみんな見てたよ。 でも、すぐに、イヤ、俺は5秒くらいはその人を凝視してたかも知れない。 けど、俺が視線を戻した時には周りの人たちも、まるで何事もなかったかのような顔をしてその声で一瞬止まった作業に戻ってた。

 夕方の、ちょっとデカイ本屋のレジでの出来事です。 あれはハラスメントだよ。 セクハラじゃなく、パワハラの一種。 ズラ・ハラスメント。

 俺、被り物をしてる人を見分けるのは、特技と言っていいと思うんだ。 だいたいわかるね。 女の人はわからないよ、男専門ね。 まず、たいがいの人が量が多い。 人の髪の毛ってそんなにボリュームはないでしょ、って。 特に被ってる人は若くない人がほとんどだから、自分ののなら量が減っているのが普通でしょ。 不自然に量が多い。 それと質感が、若い。 顔にはシワがあるのに、髪の毛のその若さは何?、って。

 
 本屋のレジの店員に向かって 『おまえ、どこ見てんだっ!』 って怒鳴ったオッサン。 あなた、人の視線を楽しんでるでしょ。 

 
画像。 兵庫・城崎温泉にて。
 

 

Bst003 この話題は、本当はタブーなんだよな。 でも、こんなのを書いた人もいるんですよ。 小林信也の書斎。 参考にしてみてください。

 

|

« 東京マラソン | トップページ | 六尺酒処「髭六」 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京マラソン | トップページ | 六尺酒処「髭六」 »