« お気に入り君・ぼうし | トップページ | 性癖と付き合う »

2008年2月11日 (月)

春の足音

 1月、2月に東京で雪が降るのは、やはり地球が温暖化しているということなのだのだそうだよ。 寒気が流れ込んでるうえに関東の南の沿岸を低気圧が通過するという条件が合わさって降る東京の雪。 そんな条件が揃うのは、本来は2月の後半から3月にかけて。 なのに今年は寒気の張り出しが弱いせいか夏の太平洋高気圧が早くも勢いづいてきたのか、春の低気圧が日本列島の近くを通るようになってきたんだな。 そういえば以前は、梅の花が終わって桜が咲こうかという時になってよく降っていたように思う。

Sjg02_005f_2 
 新宿御苑の梅の花はつぼみが膨らんで、木によっては花が開いてるものもありました。 連休だからさぞ人出も多いかと思ったんだけど、今日は静かに散策ができました。

Sjg02_025f 左の画像は寒桜の花。 つぼみのついた小さな枝が、寒桜の木の近くの道端に落ちていました。 自然に落ちたものとは思えず、この一輪はこれからなのにと、ちょっと寂しい思いをしたりして。

 

 

Ber009z 俺は、花というものにほとんど興味がないんだな。 ペットを飼うのもイヤ。 いつか終わりが来るのがわかっていることには、耐えられないようです。

 

|

« お気に入り君・ぼうし | トップページ | 性癖と付き合う »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入り君・ぼうし | トップページ | 性癖と付き合う »