« キリッと | トップページ | ビジョン »

2008年2月 7日 (木)

恐怖のクレーマー

 伊勢丹、酒売り場での出来事。

 「領収証の宛名を、無記名でいただけませんか」
 「それは、税法上の理由でできません」
 「でもこの領収証は複写式ではないですから、伊勢丹さんには記録が残りませんよね」
 「私どもではできません」

Gum_038f これ、俺が酒を買いに行った時の店員との会話なんだけど、結局は仕方ないから 『上』 と宛名を書いてもらって帰ってきたんだよ。 どういう名前、たとえば個人で会社を経営していた場合、会社の経費にするのか個人の経費にするのかで、そこに書く名前は違ってきたりするよね。

 この時、実は、ずいぶん粘ったんだよ、その店員に対してね。 本当は最初から 『上』 という名義で領収証をもらっても、なんら問題はなかったんだ。 でも、店員が 『税法上の・・・』 と言った時に、彼女のアゴが少し上がって、挑戦的な表情に変ったと俺は受けとってしまったのね。 じゃあ俺も・・・、ってことになってしまったんだな。 この時はちょっとヒマだったし。

 これ、彼女からすれば、俺は立派なクレーマー。 一方の俺にしてみれば、俺をそう仕立てたのは彼女の方。 長年俺も接客業をしてきたけど、自分自身の経験から、クレーマーを作るのは接客する側に原因があることが多いように思う。

 
 週間ダイアモンドの特集 “恐怖のクレーマー” を読んで、改めてそう思いました。 もしもあの時 『申し訳ございません。 私どもでは必ずお名前を記入してお渡しすることにしておりますので、もしも変更が必要になった際には・・・』 と先を制してくれていたら、と思うんだな。

 
画像。 グアムにて。
 

 

Tds008 年をとったら頑固になるって言うでしょ。 じゃあ若い頃から頑固な俺は、手の付けられない頑固クレーマーになるかも。

 

|

« キリッと | トップページ | ビジョン »

コラム」カテゴリの記事

コメント


>>この時はちょっとヒマだったし。
>>クレーマーを作るのは接客する側に原因があることが多い

個別に事情が違うから、どちらに問題があるとは一概に言えないけど、「ヒマでストレス解消になる」のも世間のクレーマー増加の背景にあるんではないですか

投稿: | 2008年2月 8日 (金) 09時52分

  ○○さん。

  いやぁ、すみません。 俺の書いた文章、ちょっとことばが
  足りませんでした。
  ちょっとヒマ・・・、というのは、ヒマだから絡んでやろうと
  いうのではないんです。 いつもは急いでいるので『上』と
  書いてもらってるんだけど、どうして無記名じゃダメなのかを
  追求してみよう、という気持ちがいつもあって、それで
  今日はヒマだから訊いてみようとした、ということなんですよ。
  ヒマだから絡んでストレス解消、ってわけではなかったんです。

投稿: 達 | 2008年2月 8日 (金) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キリッと | トップページ | ビジョン »