« 青いロマンスカー | トップページ | 骨抜き恐れ、調整せず »

2008年3月28日 (金)

さくら

 お昼時、皇居・千鳥ヶ淵まで行ってきました。 平日だから、それほど人出もないだろうと思って行ったら、いやいや・・・。 みなさん仕事はどうしたんですか? と訊きたくなるくらいにワンサカでしたよ。 まるで日本には “さくら休暇” なんてものがあるのかと思わせるくらいにね。

Cdf_020f さくら、サクラ、桜、櫻。 さくらと聞いて俺がいちばんに思い浮かべるのは、寝台特急【さくら】。 いまはもう走ってないけど、かつて東京と長崎・佐世保を結んだ夜行寝台の象徴的存在の列車です。 鉄道雑誌に鉄道ジャーナルというのがあるでしょ。 いまでは本屋でパラパラと立ち読みするくらいしかしない本なんだけど、かつては熟読してました。 その鉄道ジャーナルの特集のひとつに “列車追跡シリーズ” というのがあって 【さくら】 が取り上げられたものは、何度も読み返した覚えがあるよ。 テレビドラマにもなったしね。 【さくら】 の食堂車で働くウエイトレスが主役の、確か “いつでも君は” って題名じゃなかったかな。

 
 さくらの開花、年々早くなってるように思いませんか? 東京では満開に近い、そんな感じですよ。 かつては入学式の頃、4月の8日頃がいちばんの見頃だったと思うんだけどね。

 
画像。 皇居・千鳥ヶ淵にて。
 

 

Lcl004 週末、弁当でも持って花見に行きたい。 んだけど、彼氏君、仕事なんだって。

 

|

« 青いロマンスカー | トップページ | 骨抜き恐れ、調整せず »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青いロマンスカー | トップページ | 骨抜き恐れ、調整せず »