« 六尺褌  下着考 | トップページ | 六尺褌  下着考  さらにつづき »

2008年3月21日 (金)

六尺褌  下着考  つづき

 昨日に続いて六尺褌。 今日は俺の六尺史。

 俺が六尺褌を知ったのがいつだったのかはいまとなっては思い出せないけど、興味を持って 『これが六尺褌だ』 と認識したのは、13年前。 初めて締めたのもその時。 付き合いだしたヤツの部屋の、引き出しに入ってたのを発見した時からです。 そこから急激にはまって、3年後くらいには六尺褌をしてる日の方がパンツ穿いてる日よりも多くなってたね。 仕事にはほとんど締めて行くようになってたよ。

Kry_17 昨日も書いたけど、当時は 『ドキドキ感』 を味わうのがよくて締めてたんだな。 仕事をしながら、ズボンの下、実はふんどし! 一種の露出趣味ですよ、これって。 机に向かって仕事をしてるけど、机の下の見えないところでチンチン出してます、ってのと同じような感じ。 変態な感覚、だな。

 それが、見せたい気持ちはたっぷりなんだけど締めてることが恥ずかしくて隠してた、が、六尺で日焼けをするようになって変ったな。 六尺を締めてることを知られることに抵抗がなくなった。 さらに、日焼けをしてる時や銭湯で締めてみたりすることで、見せることに抵抗がなくなってきたんだ。 そしたらこんどは、見せたくなってきた。 六尺を締めてるところをね。 それからだな、フィットネスジムの更衣室で、解いたり締めたりするようになったのは。

 
 いまは、俺の友人で、俺が六尺を締めてることを知らないひとは、いない、くらいになってますよ。 だからみんなでスーパー銭湯に行ったり温泉に行ったりする時も締めて行きます。 って、締めて行かなくても、日焼けの跡がくっきりなのでバレバレですけどね。

 
画像。 栗浜陽三写真集・渾遊より。
 

 

Ro07ag_030kcm 彼氏君とそれなりの仲になって、いきなりふたりでスーパー銭湯に行きました。 日焼けの跡、すぐに気がついたそうです。

 

|

« 六尺褌  下着考 | トップページ | 六尺褌  下着考  さらにつづき »

六尺褌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六尺褌  下着考 | トップページ | 六尺褌  下着考  さらにつづき »