« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

生命維持装置

 東京、上野動物園のパンダ、リンリンが死んだそうな。 死因は、心不全。 人間の年齢だと70~80歳に相当するそうだ。 パンダにしては長生き、人間にしても長生きした方だよな。 最後のあたりは薬の投与とかの治療をしていたそうだね。
 

 おふくろが脳内出血で倒れて病院に担ぎ込まれたときは、自己呼吸をしてたんだ。 眠っているベッドの横で 「母ちゃん」 と呼びかけると、目は開かないけど顔は俺の方にちょっと傾けたりしてくれた。 医者は、音に反応しているだけで認識はしていないと。 それが・・・

Kyt03_087f 倒れて三日目、あわてて駆けつけたために放り出したままにしていた仕事を片付けに東京に戻った途端に医者から電話。

 「生命維持のために機械に・・・」

 とっさの判断を求められて、考えるまもなく、

 「けっこうです」

 
 おふくろはその日のうちに息を引き取り、最終の新幹線で病院に駆け込んだとき、すでに、薄く紅が引かれてきれいな顔をしたおふくろの横で、弟が呆然とたたずんでました。

 深夜の病院の待合室で葬儀屋の人と簡単に打ち合わせを済ませ、おふくろを実家に連れて帰るための寝台車が来るまでのわずかな時間、ベッドに横たわるおふくろを見つめながら、

 「生命維持のために機械を使うことは断ったんだ。 ごめんな。 俺が断らなかったら母ちゃんはまだ・・・」
 「兄ちゃん、いいよ。 それで。 よく決断してくれたね」

 
 お気に入り君のお父さんは、自己呼吸はしてるんだそうだ。 それを聞いて、思い出しました。 未だ後悔をしたりはしますよ。

 
画像。 京都、知恩院にて。
 

続きを読む "生命維持装置"

| | コメント (2)

2008年4月29日 (火)

ラーメン

 さて、医者に食生活の改善を言われたわけだけど、具体的にはどうすればいいのだ? 甘いものを食べるのを減らせだの、寝る前に食べるなだの、マヨネーズはいかんだのと言われたけど、自分ではそんなことはしてないように思うんだよな。

Kyt03_101f ただ、好きなものをまとめ食いする癖があるのはよくないだろうな。 まとめ食いというのは、好きなものを一度に大量に食うのではなくて、何日も、何回も連続して食う傾向があること。 たとえばカレーライスなどは、一日三食が三日続いても飽きないんだ。 友人たちと何か食べようということになったとき、

 『昼はトンカツ定食だったから、トンカツ以外のものがいい』

 なんて会話があるのが普通だけど、それが好きなものなら俺は平気。

 たぶん、これは、非常によくない。 摂取する栄養が偏るってことだものね。

 それで考えたんだけど、ラーメンをやめることにしました。 たぶん、一番多く食ってるものだと思うんだ。 ラーメンはまとめ食いするメニューの最たるもので、週に七食、なんてこともあるからなぁ。

 
画像。 京都、仁和寺にて。
 

続きを読む "ラーメン"

| | コメント (2)

2008年4月28日 (月)

恋愛 ひとつの峠

 彼氏君の恋愛観、付き合い観、というものを訊いてみました。 3ヵ月が過ぎて、ただ単に“好き”という感情があるだけで物事が前に進んでいく期間が過ぎて、実はちょっと隙間が開いたなと感じたから、訊いてみたくなったんです。

 
 でもね、実のところを言うと、訊くだけ野暮でした。 俺はこんな風に思ってるんだ、というのが返ってきませんでした。 彼の答えは 『わからない』 『考えてみる』 でした。 

Nub002 どうも、俺との付き合いに戸惑ってるようです。 日ごろのふたりの会話で、俺が言うことにどうコメントしていいかわからないことが多いんだそうだ。 俺がどんな答えを欲してるのか、わからないんだそうです。 いやいや、自分ではそんなに難しい会話をしてる意識はないんだよ。 仕事でこんなことがあったよとか、テレビでこんなのをやってたよとか、たわいもない話がほとんどのように思うんだけどね。 ただね、このブログでもmixiでも、俺の日記にはコメントし辛いとはよく言われる。
 

 で、それでは会話が進まないので、俺が思うところの付き合い、とはこんな感じなんだよ、というのを言ってみた。 俺が思う“付き合い”というのは、ふたりの接する部分は 『ふたりの全てにおいて』 なんだ。 友だちとの接点は、お互い都合のいい部分だけ。 セクフレはセックスだけ、みたいなね。

 衣食住、家族、仕事、友人関係などなど、人が生きていく全てで関わり合う、というものなんだ。 もちろんそこには、お互いが踏み込んで許される程度、というのは守らないといけないよ。 でも 『もう一歩踏み込んで受ける』 という思いやり、それが俺の付き合い、とね。
 

続きを読む "恋愛 ひとつの峠"

| | コメント (2)

2008年4月27日 (日)

残酷な失恋

 失恋ってのは、本来が残酷なものだよな。 協議離婚、お互いが納得する形で別れる、なんて経験は俺にはないよ。

 
 遠距離恋愛をして一年になる友人、彼が趣味としてやってることを付き合ってる人は職業としている、というふたり、ものすごく上手くいってると思ってたんだよな。 俺はふたりがBer012いっしょにいるところに出くわしたことはないんだけど、彼の口からもふたりを知ってる人たちからも、ダメになる予兆なんてまったく聞かなかったからね。 聞いてビックリ、その経緯を聞いて唖然でした。

 遠くにいる彼氏さんから、一目惚れした人ができたから・・・、と突然別れを言われたんだそうだ。 あまりに突然だったので彼はただオロオロ。 一番仲のいい友人に相談を持ちかけたまでは普通の話。 でだ、そこからが大変。 その彼氏さんが人目惚れした相手というのが、なんとその友人だったんだって。

 
 そんなヒトデナシどもとは縁を切ってしまえっ! と俺。 彼氏さんもその友人もすごくいい人だからと、ふたりをかばう友人の気持ち、ふたりをいい人だと思うことでなんとか自分を救おうとする友人の気持ちはわからないでもない。 が、かばったところで何になるんだ? 惨めなのはおまえさんなんだから、わめき散らして罵ったって、誰もあんたを責めはしないよ。
 

続きを読む "残酷な失恋"

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

気持ちの持ちよう

 ここしばらく元気のない内容のブログが続いてるけど、実際はいたって元気ですよ。 いや、正直言って、元気がなかったんだけど、元気になってきた、ってのが本当のところです。

Kry_101 実は、冬のあいだ、そう、彼氏君と付き合うようになってから、六尺を締めることが少なくなってたんだ。 普段、部屋で過ごすときは越中褌なんだけど、仕事や外出のときはほとんどトランクス。 フィットネスジムやスーパー銭湯に行くときもトランクス。 それをね、勇気を出して、そう、今更なんだけど、勇気を出して、フィットネスジムのロッカールームで六尺締めてみた。

 俺にはやっぱり六尺褌が心に作用する度合いが大きいように思うね。 歩くときに背筋が伸びるし、キリッと気持ちが引き締まる、よ。 それに、絶えずじゃないけど淫乱な気分になることが多くて、それが気持ちを前に向かわせる効果もあるように思うんだな。 腰や股間やケツタブのあいだにまとわり付くような存在感を、うっとうしいと思うこともあるんだよ。 でも、それ以上に、気分を奮い立たせる効果の方を、俺はとる。

 
画像は、栗浜陽三の作品から。
 

続きを読む "気持ちの持ちよう"

| | コメント (2)

2008年4月25日 (金)

食生活

 「いろいろ悪いところがあるよ」

Cdf_023f と、一昨日受けた血液検査の結果を聞きに行った病院の医者、ドアを開けて診察室に入るなりですよ。

 「食生活を改善しなさい。 それと、不規則な生活時間もよくない!」

 
 中性脂肪が恐ろしく高い数値でした。 それにつれてだと思う、と医者は言うんだけど、総コレステロール値が高く善玉コレステロールの値が低い。 γ-GTPも少々高め。

 コレステロール値や血糖値がもともと高い体質なのか、というとそうでもなさそうなんだな。 少なくとも年に一度はその病院で血液検査をしていて歴代の検査結果を表にしたものを見せてくれるんだけど、数値が正常値を示してるときもあるんだよ。 だから医者は体質じゃなく、食生活! と言うわけだ。

 最近、生活に変化はあったか? という医者の質問。 変わったといえば恋愛、付き合い始めたことかなぁ、とは言えなかったけど、一番の変化はそれ。 それと、この前も書いたけど、ちょっと心が不安定っぽい、たぶんこれも付き合いだしたことが影響してないとは言い切れない、とかの生活時間の変化や仕事のプレッシャーなんかが重なって起こった“乱れ”が、血液検査であからさまになったってこと、かな。

 
画像。 東京・九段、千鳥ヶ淵にて。
 

続きを読む "食生活"

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

お気に入り君・脳梗塞

 お父さんが脳梗塞で倒れたんだそうだ。 確か、二回目じゃないかな。 以前のは軽くて、その後も仕事を続けられてたように聞いてたんだけど、今度のはそうはいかないらしい。 よくて現状維持、眠ったままだそうだ。

Ckh_040f まだお若かったと思う。 たぶん、俺とお父さんの年齢差は、俺とお気に入り君との年齢差の半分くらいのはず。 つまり、俺と同年代、ってことなんです。 若いよ。

 
 久しぶりで見たヤツの顔、老け顔が余計に老けてた。 「おまえ、また老けたな」 と冗談交じりにいつも俺はヤツの老け顔を揶揄するんだけど、昨日は本当に老けた顔になってたよ。 それにヤツは軽いアトピーで、眠ってるあいだに身体を掻きむしることがあるんだけど、昨日は顔にまで症状が出てたな。

 そんななのに、いつものとおり強がってんだよ。 『しんどいんだ』 とひと言言えば少しは楽になるように思うんだけど、ヤツはそれができない。 俺の体調を気遣ってくれるのはうれしかったけど、何か、ぎりぎりのところで耐えてるようなようすが伝わってきたよ。 

 
画像。 北九州、若松にて。
 

続きを読む "お気に入り君・脳梗塞"

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

イメージ

 周りの人が俺をどんなイメージで捉えてるか、ってのを、俺はずいぶん気にする性質なんです。 みんなそうでしょ、って思ってたんだけど、俺は人一倍その傾向が強いようなんだな。

Kyt03_014f 「達さんはね、手っ取り早く言ってしまうと癒やし系というかね、余裕がある人ってイメージだよ」

 まあね、自分で言うのもなんですが、余裕がある人、とはよく言われます。 受け止めてくれる、って意味なんですかね。 幅が広い、って意味なんでしょうかね。 いい印象ですよね。

 でも、自分では “きつい人” と思ってるんですよ。 けっこう辛辣なこと言うし、あまり遠慮もしないしね。 若い頃は鼻っ柱が強くて視線も強いって言われて、俺は人にあまりいい印象で捉えられてないんだな、なんて思ってました。 人の話は真剣に聞こうと思うあまりその人を睨みつけてしまうことがあって、その時の俺の顔はきっと怖いんだろうと自分では思ってるんだ。 この前なんか彼氏君に、セックスの最中の顔が怖い、なんて言われてしまいましたよ。 真剣になると怖い顔になるんです。 

 でも、まあ、怖い顔は、真剣な気持ちのときだけで、他の多くの時間は穏やかな表情なんだそうだ。

 「だから、達さんは自分を、穏やかな人、という認識でいた方がいいよ」

 
画像。 京都、東寺にて。
 

続きを読む "イメージ"

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

本当のところ

 内閣支持率が急落なんだそうだね。 そうだね、と書いたのは、あまり気にしないで欲しいからなんだ。 政治、政治家は芸能人と違って人気商売じゃないんだから、新聞社がやった勝手な人気投票にいちいち反応しないで欲しいんだ。

Ssj_006f 後期高齢者医療制度でお年寄りからも健康保険料を取ることになる。 俺は、とって欲しいと思うんだよ。 そう、俺もちゃんと支払ってますよ。 たぶん健康保険料をまったく支払わずに医者にかかるたびに医療費を支払う方が、差し引きすれが金額は少なくて済むような気がするよ。 保険料、高いからね。

 でもさぁ、いまのままでいくと、どこかで本当に行き詰るでしょ。 そうなる前に手当てしなきゃいけない。 できるだけ公平な制度に改めていきましょうよ。 だとしたら、まったく支払わなくていい人の存在をなくし、広く浅く負担を求めるような仕組みに変えていくのがいいんじゃないかと思うんだな。

 というと、厚生労働省、社会保険庁の改革が先だ、という人が現れるよね。 言っときますが、医療保険制度の改革とそれを取り扱う機関の改革は、まったく別物ですよ。 

 
 人って、本当のことをずばりと言われたら、腹が立つじゃない? でもさぁ、言ってくれる人って、実はきちんと考えてくれてるから言ってくれてるんじゃないのかな? その場の雰囲気だけで物事を言ってる人って、中身はないよ。

 
画像。 成田、新勝寺にて。
 

続きを読む "本当のところ"

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

キャンセル

 ちょっとこのところ、負のスパイラルに落ち込み気味。 というのを昨日書いたけど、やることなすこと、どうも上手くいかんのですわ。

Nrt04_047f  で、そんな時は、飛行機に乗るのが一番の浮き上がり方法なんだけど、今日はそれすら上手くいきませんでした。 フライトがキャンセル、です。 それも、一日に二便しか飛んでない路線で、しかも二便目はほぼ10時間後の出発。

 『ただいま機内へご案内する時間ですが、整備箇所が見付かりましたので出発の可否判断・・・』 のアナウンスが流れたときには 『欠航かなぁ、まあいいっか』 くらいに受け止める、もうあきらめの気持ちでしたよ。

 あとの便に振り替えてもらっても、JRを乗り継いで行っても、現地での滞在時間がものすごく短くなってしまうので、今日の予定はすべてキャンセルしてしまいました。

 
 さぁて、負のスパイラル。 抜け出せるのはいつのことやら。 今日のキャンセル騒動で、やけくそ気味に浮き上がりそうな気配も感じるんですけどね。

 
画像。 成田空港・第1ターミナルにて。
 

続きを読む "キャンセル"

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

負のスパイラル

 更年期のうつ。 いやぁ、もしかしたら、なんて思うんだよね。 最近、どうも、負のスパイラルに落ち込んでいってるような気がするんだよな。

Kyt03_078f 眠れないとか勃たない(笑)とか、はっきりとした症状を感じることはないんだよ。 若い頃から、物事はまず悲観的に捉えて、それをばねにして浮き上がる、飛び上がることをしてきた俺なんだけど、どうも浮き上がるように考えを替えていくことができなくなってるみたいなんだな。 まず悲観してみるのは以前と同じ。 以前はその直後に上昇に転じていたんだけど、どうもそこであきらめてしまってるようなんだ。
 

 ちょっと自信をなくしてる? 何に? うぅ~ん、見た目。 そうなんだ、ハッテンサウナに行って俺から手を出したとき、払い除けられることが多くなった。 いやいや、冗談です。 じゃあ、ゲット率100%なんだ? ではなく、行ってないんですよ、その手のところに。

 冗談はさておき、マジな話。 最近は明らかに“老化”を気にするようになってるよ。 無理ないんだよ、年は重なっていくんだからね。 頭は薄くなるし、白いものは増えるし、胸だって腹だってケツだって筋肉は落ちるし。 そんな自分にどこまで開き直れるか、だよな。

 
画像。 京都、嵐電・御室仁和寺駅にて。
 

続きを読む "負のスパイラル"

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

こだま色の品格

 昔を懐かしむ、というか 『昔はよかったな』 と、最近は、すぐにそういう方向に話を持っていこうとしてしまう俺なんですが、今日もまたそんな話題。
 

 “こだま色の品格”  いま本屋に並んでる、鉄道ファン5月号の特集記事です。 あまり熱心には立ち読みをしない俺なんだけど、ついつい一時間ほどを費やしてしまいました。

Kuroshio81 かつては、眠る前には必ず時刻表に目を通し、空想にふけりながら夢の世界に落ちていってた頃、休みとなるととにかく “乗り” に行ったものでした。 いまではすっかり飛行機にその “乗り” の対象を移したわけだけど、鉄道に乗らなくなった最大の理由は、乗りたい車両がない、こと。 まあ、飛行機とて、特に乗りたい機体があるわけではないんですがね。

 今現在、日本国内を走ってる鉄道車両で乗ってみたいと思わせてくれるのは、JR九州の特急車両群。 と、JR西日本で走り続けてる181系気動車特急 【はまかぜ】 くらいかなぁ。 俺が住む東京のJR東日本は、【あずさ】【かいじ】のE257系、【フレッシュひたち】のE653系といった新しい、今時の特急が走ってるけど、重みがないんだよ。 品格となると望むべくもない。

 
 かつての特急用車両というと、形式番号の十の位が“8”なんだよね。 181系や583系のようにね。 今時の新型特急車両の番号は“5”。 これはかつては急行用の車両につける番号だったんだ。 ということは、いずれ満を持して、ってことを期待していいですかね。

 
画像。 81系だった頃の、特急【くろしお】。 ’77年7月頃、亀山にて。
 

続きを読む "こだま色の品格"

| | コメント (2)

2008年4月18日 (金)

雨の日の情景

 銀行へ行こうと部屋を出て大きな通りに向かう道々、右翼の宣伝カーの音が徐々に大きさを増す。 何を言ってるのかと思ったら 『創価学会の池田大作は、中国のチベット弾圧を黙って・・・』  これは創価学会を批判してるのか、中国の共産党政権批判なのか判然としないなぁ、と思いながら、交差点で赤信号で停まった宣伝カーの宣伝にしばし耳。 うぅ~ん、まあ一理あるかも、とそれなりに俺の中で彼らの云わんとしていることを噛み砕いてみたが、顔はそっちを向けずに無視を装う。 小市民。

Ckh_106f 銀行に入ったら 『傘袋をご利用くださぁ~い』 とガードマン風の制服を着た銀行の人の声を無視。 俺は、本屋以外では傘袋は使わないことにしてるんです。 と、自分で決めた決まりを黙って貫く俺。 たぶん小市民。 帰りに寄ったいつも行く本屋では傘は傘袋に。 ただし、誰かが使ったあとのゴミ箱に入ってる傘袋を拾って、というのを心がけてる俺。 最初は勇気がいったけど、たまにそうしてる人を見かけて最近は周りの目も気にならずに。

 ちょっとコーヒーをと、スタバ。 離れたところに座ってる男ふたり連れに目も耳も。 片方の男のあまりの声の大きさに、大きい声の男が小さな声の男をヘッドハントちゅうと、たぶんスタバぢゅうの人がわかってしまってるんじゃないかと。 やだね、この声大男、周りのようすを気にできない人に斡旋されてる声小男もついでに情けなく見えてしまったよ。 とそう思いながらふたりを見ていたら、声小男と目が合って、思わず視線をそらした俺。 また小市民。

 
 道行くサラリーマン君たち、おしなべて黒いスーツ。 スタバで雨宿りお茶ちゅうの営業マン諸氏も黒、黒、黒。 ひとりだけなら個性だが、こんなにいるとまるで制服。 戦場で迷彩服よろしく、目立たないように生きてる彼らは小市民。

 
画像。 福岡・直方駅前にて。
 

続きを読む "雨の日の情景"

| | コメント (2)

2008年4月17日 (木)

鶴丸

 昨日、ノースウエストの名前消滅の話題を友人としていたら、ハワイに行かない? って話に。 にはなったんだけど、経済的にも日程的にも無理! ってことで、今回は涙を呑んだんだけど、名前が消えるまでに一度は、と思ってます。

Osa_091f 消えるといえば “鶴丸” も、まもなくなんだそうだね。 最近はすっかりスターアライアンスに囲われてしまって、かのノースウエストも、くだんのJALにもほとんど乗らなくなってしまって情報過疎なのか、鶴丸のニュースはまったく寝耳に水でビックリでした。 そういえば、今年の2月、網走に流氷を見に行くときに久しぶりで羽田の第1ターミナルからの景色が赤一色で、春闘のデモに参加して見た光景に似てるな、って思ったのを思い出したよ。

 
 俺の鶴丸の一番の思い出といえば、1976年のパリ、シャルル・ド・ゴール空港。 ヨーロッパを旅して、そろそろ旅にも飽きてた頃、空港の出発ロビーの出発案内板がパタパタとめくれていって鶴丸マークが表示されたときに 『ああJALだぁ』 と、ため息交じりに声に出したこと。 遠く海外にいてあの鶴丸マークを見ると急に里心が付く、なんて話を聞いたこともありましたね。

 
画像。 大阪・伊丹空港にて。 B777-200、JA8985。
 

続きを読む "鶴丸"

| | コメント (2)

2008年4月16日 (水)

まちがった知識

 さっき、漬物を食べながら思い出したんだけど、先日、テレビ東京の“和風総本家”という番組でのこと。 

Kyt03_065f 全国の和風のものをクイズ形式で取り上げていくという番組で、俺、テレビ東京のそういう類のものは、まじめさを感じるのでよく見たりするんだよ。 で、とっかかりは、漬物の話題。 さて、この漬物の名前は何でしょう、という問い掛けに、

 『正解は、すぐき漬』

 何人かいる回答者のうち “すぐき” と、“漬” をつけずに答えを出したのは、萬田久子ひとりだけ。 さすが萬田さん、京都出身だけあると思っていたら、正解は “・・・漬” ですよ。
 “すぐき”は“漬”をつけなくても “すぐき” という漬物です(キッパリ)。 たくわんに漬をつけなくてもあの大根の漬物だと通じるのと同じです(キッパリ)。 司会者がしゃべっているすき間に回答者の誰かが、たぶん萬田久子だと思うけど 「すぐきは漬はつかないんじゃぁないかな」 って音声が聞こえたような気がしたんだな。

 
 たぶん、今後、すぐきはすぐき漬と呼ばれるようになるんだろうな。 誰かがきちっと検証せずに、特に間違いではないからそのまま素通りしてしまったものが、いまではそう呼ばれるようになってしまったもの、たくさんありそうだものね。

 
画像。 京都、知恩院にて。
 

続きを読む "まちがった知識"

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

NORTHWEST

 デルタ航空との合併、正式発表までにずいぶん時間がかかったけど、ようやく本当になるんだね。 新聞にも載ったしテレビでもやってたから、もう間違いないのかな。 ただ、これから、独占禁止法に抵触しないかどうかの審査があるらしいけどね。

No04f_2 ノースウエスト(NW)とデルタ(DL)が合併して、日本にはどう影響する? ノースウエストの名前がなくなることを別にすれば、影響はほとんどなさそうだね。 俺もそうだけど、ノースウエストのマイレージサービス・ワールドパークスに入ってる人も、もともと両社ともスカイチームだから、合併後もいまとそうは変らないだろうし。 ただ、ワールドパークスはJALでマイルが使えるけど、今後はどうなるだろう。 JALはいまはワンワールドで、アメリカン航空のグループだしね。 これを機に、ってことになりそうだね。

 
 それより何より、前にも書いたけど “NORTHWEST” の名前がなくなることが、非常に寂しいよ。 第二次世界大戦後の日本航空、乗員はしばらくのあいだはノースウエストの人たちだったし、俺がはじめてアメリカに行ったときもノースウエストだったし。 ホノルルやグアムやサイパンや台北やホンコンや・・・。

 
画像。 中部国際空港にて。 2005年4月。
 

続きを読む "NORTHWEST"

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

 熱は下がったんですが、身体がだるくて・・・。

Kyt03_104f 今朝になって体温を測ったら 37.7°、つい先ほどは 37.2°でした。 熱がでたら、汗をかいて熱を下げる、って言うでしょ。 昨日から今日にかけての体験で思ったんだけど、どうも汗をかき始めるのは、身体の免疫力が風邪のウイルスやなんかに打ち勝ち始めてから、ってことなんじゃないでしょうかね。

 一昨日の夜から昨日の夜にかけては汗をまったくかかなかったんだよ。 汗をかいて熱を下げよう、と思って水分摂って布団をコッポリと被って寝てるんだけど、汗は出ないんだ。 それが、昨日の夜以来、汗たっぷり。 で、今朝になったら熱は下がってました。

 熱があるときはそれでウイルスやなんかを退治しようとしてるんだから、下手に解熱剤は飲まないほうがいい、っての聞いたことあるし。 ウイルスを退治し終わったから、汗といっしょにウイルスのカスを身体の外に出した、ってことですかね。

 
画像。 京都、下鴨神社にて。
 

続きを読む "汗"

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

ちょっと休憩

 熱を出してダウンです。

Kyt03_077f 一昨日の夜、ちょっとノドがおかしいな、と思ったのが最初。 昨日はなんとなく熱っぽいながらも、代々木公園に花見(葉っぱ見)に行ったのがよくなかったんだろうな。 夜になってやたらと身体が熱いので熱を測ったら 38.2°。 今朝はさらに上がって、38.8°でした。

 
 一度ちゃんと検査しないといけないよ、と彼氏君にも言われてるんです。 最近、熱を出したり下痢が続いたりと、トラブル続きだからね。 HIVの検査を受けたのはその一環。 自営業ってのは、自分から検査してくださいと行かないと、誰も面倒見てくれないからね。 受けようと思いながらも、ついつい・・・

 
 今日はおとなしく寝てます。 明日の約束もすでにキャンセルしました。 ちょっと休憩。

 
画像。 京都、仁和寺にて。
 

続きを読む "ちょっと休憩"

| | コメント (2)

2008年4月12日 (土)

決断

 俺は、運命は信じない。 『そうなる運命だったんだ』 と、いま自分の置かれた立場が、まるで誰か他人が決めたようなことで済まそうとする人がいるけど、そういう人には、

 「何言ってんだ、甘えるんじゃない!」

 と言ってやりたくなるんだな。

Ckh_014f 俺は、人生は、選択の繰り返しだと思ってる。 たまたま道を歩いていて会った人、これは確かに偶然なんだけど、そこを歩くと選択したのは自分でしょ。 運命の出会いも、その場所に行くことを選択したのは自分でしょ。 だからすべては、選択の繰り返しで、最初からそうなる運命なんてものはない。

 
 今日、あるひとつの決断をしました。 いやいや、今日したんではないな。 していたのを宣言したんだな。 彼氏君、

 「そういう理由なら賛成するよ」

 と言ってくれました。 そう言いながら俺の手を握ってくれた彼氏君の手、あたたかかったな。

 
画像。 北九州空港にて。
 

続きを読む "決断"

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

個人情報

 HIVのことを書いていて思い出したんだけど、以前、呑み屋で、とある人のうわさ話をしてたとき、その話の相手が、

 「彼はHIVに感染してるけど、明るく振舞ってるよね」

 って、俺に言ったことがあるんだ。 俺はその時点で “彼” がHIVの感染者だということは、俺と “彼” との会話の中からなんとなく想像して知ってるだけで、はっきりとそう聞いていたわけじゃなかったんだ。 で、俺は後に、その時の話の相手に、

Kyt03_052f 「あの話をした時、俺は “彼” がHIVに感染しているということを本人からは聞いてなかったんだよ。 いまは聞いたから知ってる。 他人の噂話は俺も好きだからするけど、どこまで突っ込んだ話をしていいか、気を使って言ったほうがいいと思うよ」

 って会話をしたことがあったんだな。

 
 俺自身こうしてブログを書いていていつも悩むことなんだけど、聞いた話、見たことをどこまで書いていいか、日々の出来事や感じたことをこうして書いている中に必ず友人や知人との関わりごとが出てくるのを、どこまでオープンにしようかをね。 

 たまにお邪魔するブログや知人のmixiの日記に 『昨日呑み屋に行ったら○○さんと△△ちゃんが来ていて・・・』 という表現があるのを見たりすると、○○さん、自分の意図しないところでこうして昨日の行動を公けにされてるの、知ってるのかな。 なんて、ちょっと心配したりするよ。

 
 画像。 京都、仁和寺にて。 障子の穴から・・・
 

続きを読む "個人情報"

| | コメント (1)

2008年4月10日 (木)

HIVの話

 昨日のつづき、ってわけではないんですが、しばらくこの話題を書いてなかったので今日もHIV。

Kyt03_093f 俺が初めてHIVに感染してる人に会った、話をしたのは、7,8年前だっただろうと思うんだ。 その人は俺の友人。 ひょっとしたら、初めて会ったときに、せめて 「あの~、・・・」 と声を掛けてれば、付き合うことになったかもしれないヤツなんだ。 久しぶりで再会した時ヤツは、友人の彼氏、という存在でした。

 最初は治療の方法(投薬法)が合わなくて苦しんでたよ。 入退院を繰り返して、ちょっと自暴自棄になったりしてね。 ヤツと付き合ってる俺の友人、たまに会ってもそのことにはちょっと触れるだで、明るく振舞ってた。 本当はずいぶん苦しかったと思うんだ。 看病とかね。 やつ等はいまも付き合ってるし、いいパートナーだよ。 うらやましい。

 
 ヤツの他にも感染してる人は俺の周りにいるし、実は、感染してることを知った上でその人とセックスをしたこともある。 彼らは自分の体験を話してくれるし、HIVについての話もしてくれる。 で、俺は検査にも行くし、受けるように薦めたりもする。 それは、早くに自分を知った方がいいと思うようになったから。
 

 どっちにしろ、自分を正しく知っておくことが大切だと思うんだ。 風邪を引いたら薬を飲む、歯が痛くなれば歯医者に行く。 と同じように。

 
画像。 京都、建仁寺にて。
 

続きを読む "HIVの話"

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

定期健診

 エイズ。

 『ニューヨークは、エイズというものが流行ってるらしいから気をつけなよ』 と友人から言われたのは1983年。 俺が初めてニューヨークに行く直前でした。 いまから25年前。 当時は 『・・・というもの』 の表現のとおり、対岸の火事どころかまったく未知のものだったんですよ。 

 HIV。

 ヒト免疫不全ウイルス。 ウィキペディアで見てみると’83年にパスツール研究所で発見され、と書いてあるから、俺がニューヨークに行ったとき、エイズがHIVによるものだとはまだわかってなかったのかな。

Cdf_039f 当時は、というか、俺は最近までだけど、HIVとエイズの違いというか関係というか、わかってなかったんだよ。 どうすれば感染するか、感染したらどうなるかって、いまではそれなりに知っているつもりだけど、知識としてそれが正しいのかはわかってない。 聞いた話でしかない。

 
 検査に行ってきました。 まあ、ほぼ毎年検査は受けてるんだけどね。 そのたびにホッとして帰ってくる。 って、特に危ない行為をしてるわけではないと自分では思ってるんだけど、一応は念のため受けてるよ。 彼氏君のこともあるから、きちんと知っておこうと思ってね。 で今回は、早く結果が知りたいので、即回答をくれるところで受けました。

 3,675円。 ちょっと費用はかさむけど、先生も看護士の人もゲイ(たぶん)なので、変な遠慮の必要がないのが、楽でしたよ。

 
画像。 東京、九段にて。
 

続きを読む "定期健診"

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

胸の谷間

 なくなりましたよ、胸の谷間。 去年に撮った画像を見ると、まだあるんだけどなぁ。

 フィットネスジムに通ってる割には、ジムでの出来事の話とかトレーニング自体の話題ってのは書いてないんだよな。 ジムでの風呂場とかロッカールームでのことは書いたことがあるのにね。
 このところちょっとまじめに通いはじめたので書こうと思ったら、記事を分類しているカテゴリーすらもない。 で、カテゴリーを増やすのもイヤなので “50歳” のカテゴリー中に入れることにしました。

 
Baf002 この3年ほど、すっかりサボるようになってしまったね。 塩素で鼻がやられて、鼻水や鼻詰まりがひどくなって、プールに入るのが億劫になったのがサボるようになった最大の原因。 だから、胸や肩が細くなって、腹回りが・・・。 大胸筋と腕の後ろ側、上腕三頭筋の衰えが顕著だね。 30歳代だった約10年ほど、がむしゃらに身体をデザインしていた自分がいたことが嘘のようだよ。

 でもね、その衰えをちょっとでも遅らせようと、またダンベルを持ち上げ始めてます。 昔のようには無理だけど、少なくとも腹周りよりは胸周りのほうが大きい、のは維持しようと思ってね。

 
 偶然見つけて読むようになった筋トレ小僧君のブログに書いてあった 『胸の谷間を流れる汗』 という文章にそそのかされて、って俺が勝手にそそのいてるんだけど、昔味わったその感覚をもう一度、と思ってね。
 

続きを読む "胸の谷間"

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

生涯マイル

 ANAマイレージクラブのウェブサイトで、入会後に飛んだ総マイル数が表示されるようになったね。

 59,419マイル。

 こんなもんなんだぁ。 いつ入ったんだったけかな? それは表示されてないんだね。 でも、ANAがスターアライアンスに加入した当初は、UA、ユナイテッド航空のマイレージプラスに加算されるように手続きをとってたから、実際にはもっとあると思うんだ。

Okd020f 航空会社のマイレージサービスの会員の最初はNW、ノースウェスト航空。 もう20年ほど前かな。 当時はスキューバダイビングにのめり込んでいて、サイパンやグアムの往復でマイルを稼いでたね。 ANAがスターアライアンスに加盟してからはUAが多くなって、マイルを使ってニューヨークにも行かせてもらったよ。 その後ANAに集中させるようになって今に至ってるわけです。

 ちなみに、今日現在のマイル残高は、
   ANA  61,043
   JAL    3,067
   UA   97,674
   NW    7,755
 あと、キャセイのマイルが期限切れになってなければも残ってると思うんだ。

 
 59,419マイルは、俺が最も回数多く乗っている 羽田 - 伊丹 を212回乗ったことになる。 初めて飛行機に乗ってから今年で35年。 まあよく乗りましたよ。

 
画像。 羽田空港。 女満別に向かう MD90、JA8070 の機内にて。 インスタントカメラで撮ったもの。
 

続きを読む "生涯マイル"

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

靖国のさくら

 靖国神社に行ってきました。 って言っても、俺にとっては何も特別なことではないんだけどね。 たまに行くよ、戦争で亡くなった人に手を合わせにね。 いまの平和な日本、そこで暮らせる俺がいる、ってのは、やっぱり何がしかの犠牲の上に成り立ってるんだと俺は思うからね。 手を合わせて 『どうか、間違った方向に行きませんように』 って。

 
Cdf_046f 彼氏君といっしょにさくらを見に行ったんだよ。 お花見。 靖国神社のさくらはきれいだって聞いてたし、東京の開花宣言の標準木があるところだってのも聞いてたし。 屋台が出て賑やかってのも聞いてたし。

 それにしてもすごい人だったな。 いまの時期はそれが普通なんだろうかね。 YASUKUNIって映画がちょっと話題になったりしてるからそれで人も多いのか、なんて思ったりもしたり。

 右翼団体の人が演説してたよ。 立ち止まって聴きはしなかったんだけど、毎年催されてるようだね。 来年は4月4日です、なんて言ってたから。 

 
 平和であって欲しいね。

 
画像。 東京、靖国神社にて。
 

続きを読む "靖国のさくら"

| | コメント (2)

2008年4月 5日 (土)

ベストテン 親父にさよなら

Kyt03_117f 中学、高校時代、話題の情報源のほとんどは、友達との会話とラジオだったね。 昭和40年代のことだから、もちろんテレビはありましたよ。 やっとカラーテレビになった頃かな。 でも、その頃のチャンネル決定権は、親父が持ってました。 テレビが好きだったみたいだな。 職人で、住む家が親父の職場だった我が家は、勤めに出るおふくろ、学校に行く弟や俺と違ってずっと家の中にいるので、お昼の主婦向けのワイドショーやメロドラマも見ていたみたいだったもの。

 なので俺は、子供向けの漫画や怪獣モノなんかを、ほとんど見ないで育ってるんだ。 印象に残ってる番組といえば、NHKの新日本紀行とか大河ドラマなんかの大人向けの番組。 弟がチャンネル決定権を握るようになってから、巨人の星とかウルトラマンを見るようになったくらいかな。 なので、自分の部屋でもっぱらラジオを聴いてました。

 
Sayonara その、ラジオから流れてきた歌でやけに気になったのが、森本レオの “親父にさよなら”。 歌というよりも語りなんだけどね。 1970年の発売らしいから、俺は中学3年だったんだね。 たぶん、亡くなってしまったんだろうお父さんを偲んで、という意味に取れる歌詞が、自分の親父はまだ元気に生きてるのに、まるで自分の親父を偲んでるかのような気分で聴いていたものでしたよ。 逆らってばかりいて、わがままばかりやっていて、でもどこかにすまないという気持ちがあって、そんな気持ちを持ってることを親父やおふくろに絶対に悟られるのはイヤで、イヤホンで聞いてるくせにさらにボリュームを絞って、聴いてましたね。

 
画像。 京都、新京極にて。
 

続きを読む "ベストテン 親父にさよなら"

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

出世心得10ヵ条

 ①保身と無責任を肝に銘ずべし
 ②失敗は全て他人のせいにせよ
 ③偽なくば会社立たずと考えよ

 ④闇の圧力にとことん屈すべし
 ⑤法や裁判所の命令は無視せよ
 ⑥他の客の迷惑を第一と考えよ
 ⑦世間の批判に馬耳東風であれ

 ⑧正義感や気骨、見識は捨てよ
 ⑨悪事には見て見ぬふりをせよ
 ⑩つねに尻尾を振るポチであれ
 (以上を守れば諸君も役員に)

 
 朝日新聞、3日夕刊の第一面 “素粒子” に載った 『新入社員に贈る出世心得10ヵ条』 です。

Kyt03_040f 今朝、たまたま目にしたインターネットのニュースに書いてあったので、昨日の夕刊を改めて見てみました。 なるほどね、諸君も役員に、ってのはちょっとどうかと思うけど、こういう風である方が、世間は上手くやっていけそうだとは思うね。 『まずは自分』 って人、ある意味世間知らずでいい人には思われないけど、知らないことほど幸せなことはない、とも思うもの。

 
画像。 京都、大徳寺にて。
 

続きを読む "出世心得10ヵ条"

| | コメント (4)

2008年4月 3日 (木)

距離

 最初はみんな、仲のいい夫夫(ふうふ)だなと思ったんじゃないかな。 俺もそう思ったし、かつての関係も何もない友人だと知ったときは驚いたね。 いつもいっしょで、片方が 『つう』 と言うと、もう片方が 『かあ』 と返す。 ほんと、俺もあんな友だちが欲しいな、なんて思ったものでしたよ。

Kyt03_105f_2 ところが 『つう』 というのは必ず片方のヤツで 『かあ』 と返すのは決まってもうひとりの方。 ということに気が付いたんだ。 でも、ふたりはそういう関係で成り立っていて、だからこそ上手くいってるんだと思ってた。 そう、思ってた。

 
 やっぱり、どんなに親しい間柄でも距離をとることは大事なんだな。 『かあ』 と返すことばかりに、疲れたんだそうだ。 そんな話を聞いてから一夜明けた今日

 「昨日は悶々とした話しでごめんね。 ふんぎりがついたよ」

 とメールが来た。 さて、どうふんぎったんだろ。

 
画像。 京都、下鴨神社にて。
 

続きを読む "距離"

| | コメント (2)

2008年4月 2日 (水)

書評 酔いどれ小藤次留書

 時代小説、特に、江戸時代の江戸を舞台にした小説が好きでよく読むんだけど、最近はブームなのか、本屋にはたくさん平積みされてるね。

 俺が時代小説を好きになったキッカケは、藤沢周平。 藤沢周平の作品のどれを最初に読んだのかは忘れたけど、江戸時代の江戸で暮らす庶民や武士たちの生活が、読んでると目に浮かんでくるくらいに生き生きと描かれていて、それ一冊ですっかり江戸時代の江戸に生きたいと思うようになったのを憶えてるよ。

 
Cdf_028f そんな、江戸時代の江戸を舞台にした小説、佐伯泰英の “酔いどれ小藤次” シリーズ。 文庫版で9冊出てるのかな。 とりあえずは全部読んだんだけど、なんか、無理やりシリーズを重ねてるんじゃないかな、って印象を持ったよ。

 主役の “酔いどれ小藤次” こと “赤目小藤次” 貧乏侍から、藩主に忠義を尽くすとある出来事をキッカケに江戸の町のヒーローになっていくんだけど、9冊目までくると、無理やり活躍をさせられてるって感じになってるよ。 最初は丁寧に書かれてるなという印象で、読んでいるうちのホロッとしたりしたんだけどね。 10冊目が出るとしたら、ひょっとしたら、構えた刀からスペシューム光線が出たり、マントを羽織ったら空でも飛ぶんじゃないかと・・・

 シリーズを重ねていくと、無理も生じてくるんでしょうな。

 
画像。 皇居、千鳥ヶ淵にて。
 

続きを読む "書評 酔いどれ小藤次留書"

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

卯月

 卯月。 『うづき』 と入力すべきところを 『うずき』 と入力して変換したら 『疼き』 と。 いやですね。 でも、春ですからね。

 
Cdf_009f 暖かくなりました。 日差しも強くなって、そろそろ六尺で日焼け・・・、はまだ早いですかね。

 冬のあいだすっかりお休みをしていたHではじまるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)にメッセージが来たとメールが来ました。 そのSNS、去年の春から夏、秋にかけてはずいぶん熱心に利用していたんだけど、寒くなるにしたがって遠ざかってしまってたんだ。 年明け早々に彼氏君ができた、という理由もあってね。

 それが、コートを脱ぎ、さくらが咲く気候になってくると、冬眠していたいけない虫がムクムクと起き出してくるようなんだな。 それに合わせたかのように来たメッセージ。 それが呼び水になったようです。 イカンです。 虫が完全に土から這い出したのを感じます。

 
画像。 皇居、千鳥ヶ淵にて。
 

続きを読む "卯月"

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »