« NRT | トップページ | 古典柄 »

2008年5月21日 (水)

渋谷

 ここ十日ほど、気分は最低。 例えがちょっと変かも知れないんだけど、肝炎で臥せっている気分です。 身体が異様にダルイ、何をする気にもなれない、でもただ横になってるしか治す方策がない。 そう、自分ではどうすることもできない、ものすごく歯痒い気分がずっと続いてるんです。

 
Sby_020f 一昨日、そんな気分のままにただダラダラと部屋の中で過ごしていたら、ただいま失業中の友人から 『焼き鳥でも食いに行かない?』 とメール。 俺が仕事を辞める決断をしたことを理解してくれてるヤツで、きっと元気付けようとメールをくれたんだと。 彼の方が収入がないから大変なはずなのに気を使ってくれてるんだ。 ありがたいよ、そんな友人を持った俺は。

 でも、メールを受け取ったときは行く気になれずだったんだ。 動くのがかったるかったからね。 でも、それじゃあ、この沈んだ気分のまま夜を迎える。 ヤダ、それは! 

 
 我が家の近くから渋谷行きのバスに乗って、そう、バスに乗って渋谷に近づくにつれて気分が軽くなっていくんだよ。 俺が東京で最初に住んだのが、東横線の学芸大学、さらに日吉、再び学芸大学、そして駒沢。 そう俺は、ずっと渋谷を拠点にしてきたんだ。 忘れてたよ。 渋谷は俺を、元気にしてくれる。

 
画像。 東京・渋谷にて。
 

 

Hsw004 一時間近く、公園通りや本店通り(俺はこう呼ぶ方がしっくりくる)、道玄坂や246、それらを結ぶ細い裏道を、ただブラブラと歩いたよ。 気分が昂ぶって、涙が出てきてしまってね。

 

|

« NRT | トップページ | 古典柄 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NRT | トップページ | 古典柄 »