« 頑張れーっ! | トップページ | 過食 »

2008年5月25日 (日)

あきらめる、ってこと

 明け方、激しい雨の中を帰ってきました。

 『仕事、投げやりになってないか? 辞めるからって、あとはどうなってもいいってもんじゃないでしょ』

Ukb_051f そう言う友人のことばを 『そうだね、あれはいけなかったね』 と、聞く耳、反省する気持ちを持っていただけでも、まだよかったと思ったよ。 だからかな、疲れた一日だった。 仕事を終えて、酒を呑んで、もう一軒行こうと誘われるのを振り切って歩き出したんだけど、重い足を前に出すだけでもやっとって感じだったな。 荷物を持ってなかったら、あの激しい雨の中を、傘なしで歩いてみたい気分だったよ。 いつも以上に気を張って仕事をした。 忠告してくれたヤツの言いつけは、守れたと思うんだ。 あたりまえのことをしただけなんだよな。

 
 甘えてたんだろうな。 仕事には慣れ過ぎるほどに慣れて、惰性でやってても、まあそれなりに進んでいく。 いや、辛抱してたのか? 辞めると決めたとたんに、それが堰を切ってあふれ出してきたのか?

 
 今日、たまたま読んだ誰かのmixiの日記だったかコメントだったかに 『諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく』 という文章があったよ。

 
画像。 神戸空港にて。
 

 

Glg011 あきらめないよ。

 

|

« 頑張れーっ! | トップページ | 過食 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

達さん。
はじめまして。
時々尊君のブログを拝見しています。

「疲れて」いらっしゃるのではないでしょうか。
だから、頑張れとは僕は申し上げません。
表現が曖昧なのですが、頑張らない程度に頑張れともうしあげたいのです。

「諦める」とは本来仏教用語で、「あきらかに見る」「つまびらかに見る」ことを示します。
「明らかに見えること」を「見えても判っていても、状況を変えることはできない」という意味に変わってきたものと僕は推測します。
言葉の意義の変遷の中で、使われる意味も変わってきたのでしょう。
本来の意義からすれば、「諦める」ことは「止める」ことではないのです。

こう考えると、そんなもんか~って思えるのではないのでしょうか。
お互い、明らかに見える世代に入ってきたのです。
その力を萎えさせる必要はないのです。

投稿: ハムおやじ | 2008年5月26日 (月) 02時54分

前略。

それは中島みゆき ファイトの一説です。

牧原則之のカバーが流れてこの部分にドキッとしました。djの紹介を聞いて初めてオリジナルが中島みゆきだとわかるくらいに感じるものを持ってました。牧原だからか何かを伝えてくれます。

投稿: 一言だけ | 2008年5月26日 (月) 12時59分

  ハムおやじさん。

  いつも見ていただいて、ありがとうございます。
  頑張る、については、俺は頑張り過ぎる癖があるんですよ。
  だからしんどくなったり。 頑張らない程度に頑張る。 そう
  なんですよね。 頑張ります。???

  明らかに見える世代、ですか。 うぅ~ん、もう少し考えてみ
  ます。

投稿: 達 | 2008年5月26日 (月) 23時26分

  一言だけさん。

  やはり、中島みゆきの、でしたか。 ありがとうございます。 
  CDを借りて聴いてみようかな。

投稿: 達 | 2008年5月26日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張れーっ! | トップページ | 過食 »