ひとりごと

2008年6月14日 (土)

また、腸炎

 昨日の夜、急に悪寒が来て熱が出てきたようすにあわてて我が家に戻った途端に、一気に排泄。 熱は38.1℃。 排泄感と嘔吐感と熱で、ベッドに横になってるのも苦しいくらい。 だいたい2時間おきにトイレに駆け込んで、そして少し眠ってを朝まで繰り返して病院へ。

Gum_049f 『ウイルス性の腸炎じゃないかな』 と医者。 今回は、具合が悪くなる前12時間に何を食べたかを詳しく聞かれたんだけど、食中毒の原因になる心配があるようなものはなし。 なのでウイルス性の・・・、ということに。

 
 それにしても、何で何度もなるのかしらね? 医者はトイレを疑うのだけれど。 そういえば、職場のトイレは共同だから、どんな人が使ってどんなものがいるかわからないしね。 手洗いは必ず、だそうだ。

 
画像。 グアム島にて。
 

続きを読む "また、腸炎"

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

心理

 さっきアパートの屋上に上がってみたら、今日は風が涼しく感じました。 雨が降り出した東京です。

 
Ise08_019f 北島康介が世界新記録。 他の選手たちも、続々と日本新。 いや、もう、こうなったら、スピード社製の水着、レーザー・レーサーを認めるしかないでしょ。 科学的にすばらしいものなんだろうけど、実際に泳ぐ人の心理に与えた影響も見過ごすわけにはいかないだろうからね。 これでやっぱりダメって言ったら、心理的に選手に与える影響は計り知れないだろうな。

 
 昔のオリンピックを思い出すと、世界記録を持つ日本人選手がメダルが獲れないどころか、予選であっけなく敗退していく姿をよく目にしたよな。 本番に弱い、プレッシャーに負けた、なんて文字が、仕合の結果を報じる新聞によく出てきたものでした。 心を持つ動物である人間にとって、その心をどうコントロールできるかが、何事においても重要な位置を占めるんだよな。

 
 何事も前向きに、積極的に考えることができる俺だけど、たまに後ろを向くこともあるんだな。 そんなときの結果は、やっぱり後ろ向きだよ。

 
画像。 伊勢神宮・外宮にて。
 

続きを読む "心理"

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

水に流す

Ckh_016f 「達っちゃん、最近のブログ、痛いよぉ。 投げやりと愚痴ばっかり!」

 と、古参の友人。

 「仕方ないじゃん、仕事辞めるって決断した途端に、恋愛まで決断されちゃったんだから。 俺だっておかしくなるよ」

 
 ましにはなったけど、まだまだ。 だと思うよ。 でもね、昨日の深夜、友人たちと四人で、ああでもないこうでもないとやり合ったりして、こういうことを繰り返しながら徐々に日常を取り戻しつつあるよ。 自分なりに納得するまでは、それなりに頑張ってみようと思うんだ。 最近起こったことだけじゃなく、仕事も辞めることだし、過去に遡って、いろいろね。
  

 心に刺さった棘、なんて表現があるでしょ。 ケンカしたりやり残したりしたこと、今更どうなるってものじゃないってわかっていても、やっぱりその棘は抜いてしまいたいと思うよ。 謝ったり御礼を言ったり、そうだ、言い訳したいな。 ひょっとしたら相手は、今更掘り起こされたくないと思ってるかもしれないね。 でもね、やっぱり水に流したい。

 
画像。 福岡・北九州空港にて。
 

続きを読む "水に流す"

| | コメント (2)

2008年6月 1日 (日)

水無月

 冷たい雨が上がって、ところどころ青空が覗いてます。 梅雨の蒸し暑さがやってくる前の、ちょっとさわやかな今日の東京です。
 

Htr_069f 3月から5月にかけての三ヶ月間のブログを読み返してみると、不安や愚痴、その反対に積極的な意気込みを書いたりと、ずいぶん不安定な気持ちで過ごしていたんだなぁ、と改めて思うね。 仕事と恋愛、このふたつに揺さぶられる毎日だったようだな。

 ここに来て、その両方ともを、うぅ~ん、まあ、冷静に振り返ることができてるみたいだよ。 起こしたこと、起こったことはきちんと受け止めて、決断したことをもう一度検証して、戻るべきは戻る、留まるべきは留まる、進むべきは進むと、きちんと整理ができつつあると思うんだ。

 昨日も古い友人、ヤツとはもう15年くらいになるのかな、そんなヤツから 『仕事を辞める理由が知りたい』 と尋ねられたんだ。

 「普通の人になりたい」

 これが俺の答え。 話すうちに、ヤツは何となくだけどわかってくれたみたいだった。

 
 さて、6月。 転機の月です。

 
画像。 沖縄・与那国島にて。
 

続きを読む "水無月"

| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

この空の青さ

 『帰ると決めた 夜が明ける
 独りよがりの 冬が終わる』

 
 小椋桂の “この空の青さ” という歌の冒頭の部分です。

Hsg12_015f この歌をはじめて聴いたのは大学に入って間もない頃だったと思う。 それまで小椋桂というシンガーソングライターにあまり興味はなくて “俺たちの旅” とか “さらば青春” とか、テレビのドラマの主題歌でしか聴いたことのない、俺にとってはそれ以外の意味を持つ人ではなかったんだ。

 それが、俳優の小倉一郎が公園かどこかで座ってうつむく姿が表紙に印刷されたLPレコードが目に入って、その写真がやたら気になって興味を持ったのが小椋桂なんだな。 いやいや、小倉一郎がイケた、ってんじゃないんですよ。 その写真にすごく心を惹かれたんだよ。

Ogura_ogura それがこの “この空の青さ” という曲との出会い。 もちろん、そのLPレコードは、すばらしい出来だった。 小倉一郎と秋谷陽子のふたりの語りが曲のあいだに挟まった、ミュージカル仕立てのレコードだったな。 実家を出てひとり暮らしをはじめて、そう、寂しくなった時に聴いてたレコードだったように思う。

 眠れなくて、まんじりともせずに夜明けを迎えて、薄明るくなった夜明けの道を、あてもなくよく歩いたものでした。

 
画像。 大阪・伊丹から佐賀に向かう機内から。 阿蘇山あたり。
 

続きを読む "この空の青さ"

| | コメント (2)

2008年5月26日 (月)

過食

 わずか十日前に 『食欲はないけど、無理やり食べ物を押し込んでます』 ってことをブログに書いたんだけど、それがなんと、いまは過食気味です。 って言っても、普通の人が普通に食べるくらいの量を食べてるに過ぎないんですけどね。 お昼の定食は残さずに、ホカ弁の弁当も残さずに食う、くらいですから。 それでも俺にしてみたら、過食です。

Ise08_038f いままでは、空腹を感じても食べないでいたのを、空腹を感じたら食う、に改めてみたんです。 さらに、残さず食っているうちに、それが定量となってしまったみたいだね。 実は昨日のブログの、仕事を終えて、酒を呑んで、のあと、もう一軒行こうと、のあいだに、ファミレスでハンバーグを食って、ってのが挟まるんです。 今日もお昼はチキンカツ定食を完食、夜は友人とお好み焼きをたらふく食って帰ってきました。

 
 ここしばらく、自分でも明らかに沈んでいると感じる毎日だったんですが、まあ、食欲は出過ぎるほどに出てきたし、相変わらず寝付きはいいしで、今度は体脂肪や中性脂肪の心配をしないといけなくなりそうです。 そう言えば、高めの血圧の原因を探るようにと医者から言われてたんだっけ。

 実は、今月に入って、医者通いをしてます。 治療じゃなく、身体を調べてもらって、自分を知ろうと思ってね。 知っていくにしたがって、元気を取り戻していくようだよ。

 
画像。 伊勢神宮・内宮にて。
 

続きを読む "過食"

| | コメント (0)

2008年5月25日 (日)

あきらめる、ってこと

 明け方、激しい雨の中を帰ってきました。

 『仕事、投げやりになってないか? 辞めるからって、あとはどうなってもいいってもんじゃないでしょ』

Ukb_051f そう言う友人のことばを 『そうだね、あれはいけなかったね』 と、聞く耳、反省する気持ちを持っていただけでも、まだよかったと思ったよ。 だからかな、疲れた一日だった。 仕事を終えて、酒を呑んで、もう一軒行こうと誘われるのを振り切って歩き出したんだけど、重い足を前に出すだけでもやっとって感じだったな。 荷物を持ってなかったら、あの激しい雨の中を、傘なしで歩いてみたい気分だったよ。 いつも以上に気を張って仕事をした。 忠告してくれたヤツの言いつけは、守れたと思うんだ。 あたりまえのことをしただけなんだよな。

 
 甘えてたんだろうな。 仕事には慣れ過ぎるほどに慣れて、惰性でやってても、まあそれなりに進んでいく。 いや、辛抱してたのか? 辞めると決めたとたんに、それが堰を切ってあふれ出してきたのか?

 
 今日、たまたま読んだ誰かのmixiの日記だったかコメントだったかに 『諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく』 という文章があったよ。

 
画像。 神戸空港にて。
 

続きを読む "あきらめる、ってこと"

| | コメント (4)

2008年5月24日 (土)

頑張れーっ!

 俺 “頑張る” ってことば、好きなんです。 頑張る、とか、頑張れ!、とか、頑張ろ? って、いいことばだと思うんだよな。

 
Umd_061f あまり好きじゃない、って人もいるね。 上から見下されてるとか突き放されてる、って言ってた人もいたな。 確かに、そういう意味に聞こえなくもないけどね。 でもね、応援してくれてるんだって思えば、励みになりますよ。

 このところの仕事やめる騒ぎや恋愛騒動で、俺はありがたいことに 『頑張ってね』 って、言われ続けてるんです。 昨日の未明、友だちに沈んだメールを送ったら、ヤツは早速mixiの日記に 『闘ってる友人に捧げます。 がんばれー!』 って書いてくれました。 たぶん俺宛だと思うんだけどね、たぶん・・・

 
 頑張るを国語辞典で引くと 『困難に屈せず、やりとげようと努力すること』 と書いてある。 『ゆずらず自説を主張する』 とも書いてある。 どっちにしろ進むという意味だ。

 
画像。 大阪・梅田にて。
 

続きを読む "頑張れーっ!"

| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

渋谷

 ここ十日ほど、気分は最低。 例えがちょっと変かも知れないんだけど、肝炎で臥せっている気分です。 身体が異様にダルイ、何をする気にもなれない、でもただ横になってるしか治す方策がない。 そう、自分ではどうすることもできない、ものすごく歯痒い気分がずっと続いてるんです。

 
Sby_020f 一昨日、そんな気分のままにただダラダラと部屋の中で過ごしていたら、ただいま失業中の友人から 『焼き鳥でも食いに行かない?』 とメール。 俺が仕事を辞める決断をしたことを理解してくれてるヤツで、きっと元気付けようとメールをくれたんだと。 彼の方が収入がないから大変なはずなのに気を使ってくれてるんだ。 ありがたいよ、そんな友人を持った俺は。

 でも、メールを受け取ったときは行く気になれずだったんだ。 動くのがかったるかったからね。 でも、それじゃあ、この沈んだ気分のまま夜を迎える。 ヤダ、それは! 

 
 我が家の近くから渋谷行きのバスに乗って、そう、バスに乗って渋谷に近づくにつれて気分が軽くなっていくんだよ。 俺が東京で最初に住んだのが、東横線の学芸大学、さらに日吉、再び学芸大学、そして駒沢。 そう俺は、ずっと渋谷を拠点にしてきたんだ。 忘れてたよ。 渋谷は俺を、元気にしてくれる。

 
画像。 東京・渋谷にて。
 

続きを読む "渋谷"

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

食欲

 俺、食欲は、元々ないんです。 食べたい、という欲求がないんですよ。 美味しいものを食べたい、という願望はあるんですよ。 でも、それも、生きていくために何か食物を身体に入れないといけないから食べる、というのが先にあるんです。 食べなくても生きていけるのなら、サプリメントを呑んでれば生きられる、ってんだったら、そうしたいと思うんですよ。

Ise08_067f で、この頃、彼氏君とのことが原因なのか、仕事のことからのプレッシャーなのか、食欲減退が甚だしいんですよ。 それがどんな風なのか、お話しましょう。 

 
 空腹を感じるとしますね。 俺もそれはあるんです。 でもそれは、ものの30分もすれば忘れてしまうんです。 で、食べない。 でも腹は減ってるわけだから、また空腹感は来るんです。 3時間後くらいとかにね。 だいたいはそこで食べます。 でも、そこで食べる量は直前の3時間の空腹分だけで、それ以前の分は食べません。 だから、食べた直後にもかかわらず、空腹感はそのままです。 で、でも、とりあえずは食べたのだからと、空腹感はあるもののそれを満たそうとはしないでいます。 しばらくしてまた次の空腹感が来ても、ものの30分もすれば忘れて・・・

 空腹感が、二倍、三倍になってくると、身体が細かく震えてきます。 で、ちょっと発熱してきます。 以前はそこで 『風邪かな?』 と思って、何も食べずに眠ってしまったりしてました。 医者に行ってそれを言ったら 『低血糖で、目が覚めることなくそのままだぞ』 って。 最近は、震えがきて発熱したら、食べるか、せめてウィダーインゼリーを口にするようになりました。 

 
 ここ三、四日は、無理やり食べ物を押し込んでます。

 
画像。大阪・梅田にて。
 

続きを読む "食欲"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧