飛行機

2008年5月20日 (火)

NRT

 成田国際空港、かつての新東京国際空港が開港して、今日で30年なんだそうだ。 いまだ完成せず、当初の計画通りにできるのがいつのことやまったく見通し立たない“NRT”。 それでも世界有数の空港に成長しましたね。

 
Nrt04_029f 俺がNRTにはじめて行ったのは’80年7月だから、開港の翌々年ということになるね。 アルバイトで貯めた金で東北の中尊寺や山寺に行った帰り、花巻-羽田をTDAのYS-11で飛んだあと、JALのDC-10で、NRT(成田)-大阪・伊丹を飛んだときなんだな。

 実は、まったく記憶にないんだ。 俺のことだから、ずいぶんと早めに空港に行って隅々まで見学して歩いてるはずなんだけど、憶えてない。 いまこうしてブログを書いているあいだに思いつくNRTの光景は、たぶんそのあと何度も利用したときに見た景色だろうと思うんだ。

 当時はいまで言うところの第1ターミナルだけ。 チェックインを済ませたあと出国審査に向かうための下りのエスカレーター。 あれが好きだったなぁ。

 
 ちなみに、国際線に乗るためにNRTを利用したのは’83年3月。 NWAのB-747でニューヨークに飛び立ったときでした。

 
画像。 成田空港にて。
 

続きを読む "NRT"

| | コメント (2)

2008年5月12日 (月)

プレミアムな人々

 飛行機、俺はもっぱら最後部のキャビンのできるだけうしろの席に座るんだよ。 エンジンの音はうるさいんだけど、セコセコしてなくて落ち着くんだな。 前の方に乗ってる人からは 『俺は急いでるんだ!』 って雰囲気が伝わってきて、前方席だと落ち着けないんだよ。

Oim_008f で、さらに、シートベルト着用のサインが消えた途端、エコノミークラスの最前方のカーテンがシャァ~と閉められるでしょ。 最近では国内線でもカーテンシャァ~、があるでしょ。 あれ、何て言えばいいかな、ちょっとした屈辱、みたいなものを感じるんだ。 まあ、仕方ないんだけどね。 あのカーテンの向こう側の人たちは、それなりに航空会社に貢献した結果の人たちだからね。

 
 さて、そのカーテンの向こう側、なんと今年は、去年一年航空会社に貢献したおかげで、利用するお許しをいただきました。 で、早速、カーテンの向こう側へ・・・

 今日、朝一の便で羽田から神戸に、最終便で伊丹から羽田に。 往復ともアップグレードポイントを使ってみました。 こんな短距離で使うのはもったいないと思ったんだけど、まあ何事も経験。

 さてさて、カーテンのこちら側は・・・。 乗ってるあいだ、ずぅ~っと緊張してたかも。 座席は大きいし、前の座席との間隔はこんなになくてもと思うくらいに広いし、スリッパが用意されてるし、オーディオのヘッドホンはたっぷりと耳を覆ってくれて音もいいし。 何より食事が出てくるしね。 ビールもワインもタダだしね。 いいことづくめなんだけど・・・

 やっぱり、飛行機の前方座席は、落ちつかな。

 
画像。 羽田空港にて。 左の機体はDHC8-300、JA801K。
 

続きを読む "プレミアムな人々"

| | コメント (2)

2008年4月21日 (月)

キャンセル

 ちょっとこのところ、負のスパイラルに落ち込み気味。 というのを昨日書いたけど、やることなすこと、どうも上手くいかんのですわ。

Nrt04_047f  で、そんな時は、飛行機に乗るのが一番の浮き上がり方法なんだけど、今日はそれすら上手くいきませんでした。 フライトがキャンセル、です。 それも、一日に二便しか飛んでない路線で、しかも二便目はほぼ10時間後の出発。

 『ただいま機内へご案内する時間ですが、整備箇所が見付かりましたので出発の可否判断・・・』 のアナウンスが流れたときには 『欠航かなぁ、まあいいっか』 くらいに受け止める、もうあきらめの気持ちでしたよ。

 あとの便に振り替えてもらっても、JRを乗り継いで行っても、現地での滞在時間がものすごく短くなってしまうので、今日の予定はすべてキャンセルしてしまいました。

 
 さぁて、負のスパイラル。 抜け出せるのはいつのことやら。 今日のキャンセル騒動で、やけくそ気味に浮き上がりそうな気配も感じるんですけどね。

 
画像。 成田空港・第1ターミナルにて。
 

続きを読む "キャンセル"

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

鶴丸

 昨日、ノースウエストの名前消滅の話題を友人としていたら、ハワイに行かない? って話に。 にはなったんだけど、経済的にも日程的にも無理! ってことで、今回は涙を呑んだんだけど、名前が消えるまでに一度は、と思ってます。

Osa_091f 消えるといえば “鶴丸” も、まもなくなんだそうだね。 最近はすっかりスターアライアンスに囲われてしまって、かのノースウエストも、くだんのJALにもほとんど乗らなくなってしまって情報過疎なのか、鶴丸のニュースはまったく寝耳に水でビックリでした。 そういえば、今年の2月、網走に流氷を見に行くときに久しぶりで羽田の第1ターミナルからの景色が赤一色で、春闘のデモに参加して見た光景に似てるな、って思ったのを思い出したよ。

 
 俺の鶴丸の一番の思い出といえば、1976年のパリ、シャルル・ド・ゴール空港。 ヨーロッパを旅して、そろそろ旅にも飽きてた頃、空港の出発ロビーの出発案内板がパタパタとめくれていって鶴丸マークが表示されたときに 『ああJALだぁ』 と、ため息交じりに声に出したこと。 遠く海外にいてあの鶴丸マークを見ると急に里心が付く、なんて話を聞いたこともありましたね。

 
画像。 大阪・伊丹空港にて。 B777-200、JA8985。
 

続きを読む "鶴丸"

| | コメント (2)

2008年4月15日 (火)

NORTHWEST

 デルタ航空との合併、正式発表までにずいぶん時間がかかったけど、ようやく本当になるんだね。 新聞にも載ったしテレビでもやってたから、もう間違いないのかな。 ただ、これから、独占禁止法に抵触しないかどうかの審査があるらしいけどね。

No04f_2 ノースウエスト(NW)とデルタ(DL)が合併して、日本にはどう影響する? ノースウエストの名前がなくなることを別にすれば、影響はほとんどなさそうだね。 俺もそうだけど、ノースウエストのマイレージサービス・ワールドパークスに入ってる人も、もともと両社ともスカイチームだから、合併後もいまとそうは変らないだろうし。 ただ、ワールドパークスはJALでマイルが使えるけど、今後はどうなるだろう。 JALはいまはワンワールドで、アメリカン航空のグループだしね。 これを機に、ってことになりそうだね。

 
 それより何より、前にも書いたけど “NORTHWEST” の名前がなくなることが、非常に寂しいよ。 第二次世界大戦後の日本航空、乗員はしばらくのあいだはノースウエストの人たちだったし、俺がはじめてアメリカに行ったときもノースウエストだったし。 ホノルルやグアムやサイパンや台北やホンコンや・・・。

 
画像。 中部国際空港にて。 2005年4月。
 

続きを読む "NORTHWEST"

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

生涯マイル

 ANAマイレージクラブのウェブサイトで、入会後に飛んだ総マイル数が表示されるようになったね。

 59,419マイル。

 こんなもんなんだぁ。 いつ入ったんだったけかな? それは表示されてないんだね。 でも、ANAがスターアライアンスに加入した当初は、UA、ユナイテッド航空のマイレージプラスに加算されるように手続きをとってたから、実際にはもっとあると思うんだ。

Okd020f 航空会社のマイレージサービスの会員の最初はNW、ノースウェスト航空。 もう20年ほど前かな。 当時はスキューバダイビングにのめり込んでいて、サイパンやグアムの往復でマイルを稼いでたね。 ANAがスターアライアンスに加盟してからはUAが多くなって、マイルを使ってニューヨークにも行かせてもらったよ。 その後ANAに集中させるようになって今に至ってるわけです。

 ちなみに、今日現在のマイル残高は、
   ANA  61,043
   JAL    3,067
   UA   97,674
   NW    7,755
 あと、キャセイのマイルが期限切れになってなければも残ってると思うんだ。

 
 59,419マイルは、俺が最も回数多く乗っている 羽田 - 伊丹 を212回乗ったことになる。 初めて飛行機に乗ってから今年で35年。 まあよく乗りましたよ。

 
画像。 羽田空港。 女満別に向かう MD90、JA8070 の機内にて。 インスタントカメラで撮ったもの。
 

続きを読む "生涯マイル"

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

オリエント

 NORTHWEST ORIENT。 ノースウエスト航空の機体のロゴ、いまは nwa だけど、以前は ORIENT という文字が入ってました。 アメリカ本土の西北部とオリエント、東洋をカバーする航空会社という意味の社名だったんですかね。

 
 オリエント。 俺、この語句の響き、好きなんだな。 神秘的なものを想像して、涼しい風が吹いてくるような感覚を憶えるんだよ。 欧米の人もオリエントという地域には、そんなイメージを抱いてるんじゃないだろうか。 で 欧米の男が抱く “東洋の男” のイメージも、タイやベトナム、台湾や韓国の男なんだろうな。 こう、ツルンとした肌の体毛が少ない男の子、ね。

 
 このブログの毎日の記事の下の方に、続きを読む“○○○” と書いてあるところをクリックすると、男の裸が登場するでしょ。 あそこが 『外国人ばかりでつまらない』 と、たまにお叱りを受けるRar002fz_2ことがあるんだけど、日本人の画像って、なかなか探せないんだよ。 『あっ、東洋人だ』 と思って見てみるとタイ、台湾、韓国・・・。 あっても、いわゆるジャニ系でしょ。 俺が求めてる右の画像のようなもの、まずお目にかからないよ。 どなたかお持ちではありません? 分けていただけるとありがたいんですけど。

 
 そうそう、ヌード写真の話を書くんじゃなかったんだよ。 ノースウエスト航空の話。 デルタとの合併話、どうなったんですかね。 デルタと合併したら、オリエントどころかノースウエストの名前がなくなってしまうことになったら寂しいな、ということを書こうと思ってたんですが・・・

Northwest_orient_2  
 左は、NORTHWEST ORIENTの1982年冬の時刻表。 昔の写真を整理してたら出てきました。

 

 

続きを読む "オリエント"

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

スターフライヤー

 ANAは、九州路線はSNA(スカイネットアジア航空)に、北海道路線をADO(エア・ドゥ 北海道国際航空)への移管を、今後も進めていくんですかね。 SNAとは、東京・羽田と九州各地を結ぶ路線でSNAの便にANAの便名をつけるコードシェアをしているけど、こんどは、宮崎-那覇などの九州と沖縄を結ぶ路線をSNAの運行に替えていくようだね。 ADOとも、千歳-仙台線の運行を移管していくらしいじゃない?

Hd_057f_2 このコードシェア、JALは、羽田-神戸線でSKY(スカイマーク)が就航した時にやったけど、すぐに解消したよね。 JALとSKYの機内サービスの差が苦情になって、それでやめたとか。 それに懲りてJALはコードシェア便はその後やろうとしてないよね。 SKYもその後やってない。 それに比べるとANAは上手くやってるよな。

 さて、SKY、ADO、SNAと来れば、次はSFJ、スターフライヤー。 とくに理由はないんだけど、あるとすれば羽田のターミナルが第一ターミナルを使ってるというだけの理由で、コードシェアをするとすればJALと、と思っていたんだけど、結果はANAでした。 そのSFJ、一度乗らなければと思いながらなかなかチャンスがなかったのが、ANAとコードシェアをしたおかげで乗ることができました。 羽田-北九州。

Ckh_002f_3 なかなかのものでしたよ。 シートは革張りで高級感たっぷり、シートテレビは天気の良くない時のフライトや夜間飛行にはうれしいサービスだね。 何より、ANAの予約サイトからの座席指定が可能、というのがうれしかったね。 

 さて、SFJの二路線目、羽田-関西線のANAとのコードシェア、ぜひ近いうちにお願いしたいものです。

 
画像。 上は函館空港に降りて行くADOのB767-300、JA98AD。 下はSFJの機内。 離陸前のこの時点でのデジカメはいけないんですけどね。
 

続きを読む "スターフライヤー"

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

ANAとJAL

 いまではすっかりANA派なんだけど、かつてはあえてJALを選んで乗っていた頃がありましたね。 まだ、ANAにもJALにもマイレージサービスがなかったか、あっても国際線だけだったかの時代だったから、15年くらい前になるかな。

 出張帰りの大阪・関西発羽田行きの最終便。 ボーディングブリッジを通って機内に入ると薄暗いんだ。

Abs_083f_3 『当機は夜間の飛行で、ビジネスで乗りなれた方がほとんどですので、すでに照明を控えさせていただいております。 お休みになるお客様が多くいらっしゃいますので、離陸後のお飲み物のサービスもご希望の方だけにさせていただきます。 どうぞお申し付けください』

 と、まだ、ドアが閉まる前に案内放送。 仕事を終えてあとは帰るだけだったから、この心遣いには 『さすがJAL』 と感心した覚えがあるんだ。 この時だけじゃなく、JALには 『さすがだな』 と、あの頃はよく思ったものでしたよ。

 
 久しぶりのJAL。 行きは女満別へ、帰りか釧路から利用したんだけど、なんだかな・・・。 ANAのレベルが上がったのか、ANAに乗り慣れて、ANAのサービスが身に染み付いてしまったからなのか、はたまたJALのレベルが落ちたのかはわからないけど 『変わったなぁ』 という印象を持ちました。

 
画像。 たんちょう釧路空港にて。 A300-600R JA8573。
 

続きを読む "ANAとJAL"

| | コメント (2)

2008年1月28日 (月)

嘉手納

 米軍にとって日本にある基地は、いまはどういう存在になってるんだろう。 かつてはソ連、中国、北朝鮮の共産圏の国々を牽制する目的で重要な存在だったんだろうけど、冷戦が終結して20年が過ぎようとしているいま、いったい日本に米軍が駐留する意義にはどういうものがあるんだろう。

 
Kdn_023f 沖縄・嘉手納に行ってきました。 と言っても、米軍の嘉手納基地に入ったんじゃなく、基地の中がよく見渡せる“道の駅かでな”の屋上から基地の中を見てただけなんだけどね。

 ちょうど輸送機なのか偵察機なのかわからないけど、真っ黒に塗られたジェット機が降りてくるところに遭遇しましたよ。 軍用機のことはさっぱりわからないので機種なんかはわからないんだけど、たぶん民間機仕様ならBoeing707に相当するものだろうと思うんだ。 

 軍用機のことはわからないのに、なぜ嘉手納、って? それはね、デカイ飛行機の離着陸を見るのが好きなためなんだ。 できればB52・戦略爆撃機、なんてものを見たいんだけど嘉手納にはいないのかな。 かつては東京の横田基地にもいたんだよな。

 というわけで嘉手納に行ったんだけど、デカイ飛行機が見られたのは、この真っ黒のジェット機だけでした。
 その真っ黒機、着陸して駐機場に入った直後に、全身にシャワーのようなものを浴びたんだよ。 これ、機体に付着した海水の塩を落とすため? なんでしょ。 それを落としてしまわないと錆びるんだよね。 そのシャワーの存在を初めて知りました。

 
 さて、その嘉手納基地は、極東最大の米空軍基地なんだね。 沖縄の近くには台湾、中国、そして朝鮮半島と、不安定な地域存在する。 その不安定が解消されるまで、米軍の日本駐留は続くんだろうかね。

 

 余談ですが、B29とかB52とかの“B”。 俺はボーイング社、BoeingのBだと思ってたんだけど、そうじゃないんだって? 米軍機の機種を表してる? 爆撃機がBで戦闘機はF、哨戒機がP、なの? 知らなかったぁ。

 
画像。 米軍・嘉手納基地にて。
 

続きを読む "嘉手納"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧