六尺褌

2008年6月17日 (火)

達 tatsu 、日々雑感

 日が照ったり陰ったり、風もなく、蒸し暑さが増してきた東京です。

 
 さてと、お腹の調子もすっかりと、とはいかないんだけど、たぶん急激な下痢の心配はなくなったので、今日も朝から六尺締めてます。

Ky001_4 やっぱりシャキッとするんだな、六尺締めてるとね。 以前は厚めの生地のものを好んだんだけど、最近は薄い生地の六尺。 それも、しっかりと捩って締めてます。 厚めの生地のものをあまり捩らずにモサッとした感じで締めてたんだけど、最近は腰周りにも股間にもケツタブの割れ目にも、きっちりと布の存在感がある感触を好むようになってきたようだよ。 キリッとね。

 
 さて、昨日のブログでも書いたとおり、今日を境に新しいブログに引っ越します。 新しいブログはこちらから、

 達 tatsu 、日々雑感 

 今までと同様、よろしくお願いします。

 
画像は、栗浜陽三写真集・渾遊から。
 

| | コメント (8)

2008年6月16日 (月)

久々に朝から

 ベランダの温度計は26℃、湿度は40%を割って、気持ちのいい天気の東京です。

 
 三日ぶりに朝から六尺締めて出かけてました。 昨日はいつ下痢に襲われるか不安だったので越中で出かけたんだけど、それはそれで締りがない下半身を不安に感じるんだよな。 でも、まあ、越中で出かけて正解だったんだけど。

 
Io07fb_098f 実は、mixiで、六尺褌を普段の下着として使ってることを公開したんだよ。 何を今更、だよね(笑  俺はmixiで繋がってる人のほとんどが仕事を通じての繋がりなので、プライベートの深い部分はあまり書かずにいたんだよ。 でも、仕事を替わることを決断して、仕事で関わってきた人とはたぶんほとんどこの先関わることがないので、これを期に深いところの思いまで公開したというわけなんだ。 六尺は、そんな中で出したわけです。

 
 さてと、ところで、このブログ “達 tatsu 、51の約束” は、明日17日で終了します。 と言っても、形を変えて、と言うか、名前だけを変えてまたすぐ再開します。 11年続けた仕事を替えるのを期に、ブログも新たに衣替えします。

 
画像。 八丈島空港にて。
 

続きを読む "久々に朝から"

| | コメント (2)

2008年6月12日 (木)

股間

 明け方まで強く降っていた雨もだいぶ小降りになりました。 半袖ではちょっと寒い今日の東京です。

 
Hrk_041f 冬のあいだは乾燥で悩んだ肌、これからの季節は湿気に悩むんだよな。 このブログには何度も書いてるんだけど、俺が六尺褌を締めている理由のひとつになってる夏の皮膚のトラブルが、はじまり出したよ。 足の指の又、足と玉袋が触れるところ、ケツタブの割れ目が、湿気を含んでジメジメする ⇒ 痒くなる ⇒ 白くもろもろになる ⇒ 赤く腫れて痛くなる ⇒ ただれる、です。

 足の指の又は五本指靴下を履くことで、股間とケツは六尺を締めることで防いでいるんだけど、眠るときの六尺はちょっと存在感がありすぎるので、越中褌を使ってるんだ。 ところが、去年までは越中で大丈夫だった股間が、今年は眠ってるあいだにトラブルが進んでしまって目が覚めると痒いんだよ。 そこでどうしたものかと・・・。 ブリーフはゴムがね・・・。
 

 試しにクロネコを使ってみました。 黒猫褌。 布製だし、足と玉袋は確実に分離できるし、六尺ほどの存在感はないし。 ケツの割れ目をとおる細い紐の存在感はちょっと気になるけど、今のところはトラブルなしです。

 
画像。 浅草・雷門にて。
 

続きを読む "股間"

| | コメント (5)

2008年6月11日 (水)

江都

 なんとなく日差しがある、すっきりしない空模様の東京です。

 
 江戸。 語源は、今の皇居のあたりに住んでいた、江戸氏からきたのだとか。 藤沢周平の小説の中には “江都” という表現も出てくるんだよ。 “こうと” と読むのでしょうかね。 江戸の “江” に、みやこという意味の “都” をつけたのかな。 それとも、江戸は海を埋め立てて造った都市で水運が発達してたから、水のみやこという意味で、江都、かな。

 
Hrk_033f 昨日は久しぶりに、隅田川を船でさかのぼってみました。 仕事をやめるってので、それまでに会うべく、遠路遥々、友人が訪ねて来てくれたんだ。 その友人と浜離宮に行ったあと浅草までの船旅。 隅田川の水上バスには友人が東京に出てきたり、デートコースが俺に任せられたりするとよく乗るんだけど、なかなか景色がよくていいですよ。 川の両岸は完全にコンクリートの護岸なんだけど、河岸ぎりぎりまで迫った高層ビルを水面から眺める景色は、道路から見上げるいつもの景色とは違って、俺は好きなんだな。

 
 勝鬨橋から隅田川に入って佃島が右に見えるあたりまで来ると、小説で読んだ “江戸” を思い浮かべるんだ。 運河が縦横に走る江戸の街の荷物の運搬は、水運が主力。 外洋を来た大きな船から積み替えた荷物を運ぶ小さな船が、浅草よりもまだまだ上流の千住あたりや今の江東区あたりの運河を、縦横無尽に進んでいたんだよな。 そんな時代に生まれてみたかったなぁ、なんてね。

 
画像。 隅田川、両国橋あたりから浜町方向。
 

続きを読む "江都"

| | コメント (2)

2008年6月 8日 (日)

見栄え

 天気予報では雨だった東京、時々日が差すまずまずの天気です。 我が家の町内にある神社の祭りで、朝早くから子どもたちの楽しそうな声が響いてます。

 
 実はさっき、祭囃子とワッショイワッショイという声に釣られて 『ひょっとして・・・』 と神社のところまで出かけてみたんだけど、まったくの期待はずれでした。 神輿の担ぎ手は、全員子ども。 周りにいる大人たちも浴衣に鉢巻、たまに股引きに半纏の人がいるくらいで、がっかり・・・

Kwg_040f で、大きな通りまで出てみるとワッショイワッショイと、こっちにも神輿が。 通りの向こうは隣の町内にあるちょっと大きな神社の祭り。 やはり神輿を担ぐのは、俺の町内のに比べるとやや大きめなんだけど、やっぱり子どもたち。 なんだ、こっちもかとガッカリしながら歩いていると、正面から男が三人歩いてくる。 んん? あの半纏の裾から見える膨らみは・・・。 むむむ・・・

 もう、ガン見。 周囲の視線なんて気にしてなんかいられませんよ。 向こうから歩いてくるイナセなお兄さんの半纏の裾をじっくり観察。 こんなときに限って、カメラを持ってない! いや、持ってたとしても、まさか撮れないな。

 
 半纏の裾から、膨らみのいちばん下のところだけがちょこっと見える、ってのは、想像を掻き立てる余地がある分、なかなかのものだね。 六尺一丁や半纏の下から完全に見えるのもそれはそれでいいけど、ぎりぎり、ってのも、いいね。

 
画像。 埼玉、川越にて。
 

続きを読む "見栄え"

| | コメント (3)

2008年6月 3日 (火)

 台風が来てるんですね。 今この時間、関東地方に最も接近してるようです。 雨は降ってるけど風はそんなでもない、半袖ではちょっと寒い今日の東京です。

 
Tyo12_042f 腹。 このところちょっとヤバイんだな。 具合じゃなくて見た目がね。 最近ごたごたが続いてジムにまったく行かなかったのとよく食うようになったせいかで、腹回りが立派になりだしました。 今のところはまだズボンのウエストが苦しい、ってところまではいってないんだけど、それも時間の問題のような気がするんだな。

 腹回りが大きくなってきた、ってのは脂肪がついてきた、ってのと、腹筋が弱ってきて押さえが利かなくなった、ってことも理由にあるんだよね。 去年の夏ごろは腹筋がまだ見えてたんだけど、今はずいぶん弾力に富んだものになってきましたよ。 ヤバイよ。 でも、少々のせり出しならいいかな、と思うようになってきた。 あきらめじゃないよ。 腹筋がついたままのせり出しなら、それなりに六尺は似合うだろうと思ってね。

 六尺を締めはじめた頃は、ボコボコに割れた腹筋にキリッと六尺、が最高と感じてたんだけど、ある程度せり出した腹に六尺もいいもんだ、と思うようになったよ。 若いうちは引き締まった身体が魅力だけど、年を重ねるにつれて、年輪を刻んだ肉体もいいかな、なんてね。

 
画像。 東京・門前仲町にて。
 

続きを読む "腹"

| | コメント (4)

2008年5月31日 (土)

五月雨

 昨日から降り続いている雨、今は弱い霧雨です。 ベランダに置いた温度計は14℃、部屋の中はもう少し気温はあるんだろうけど、六尺一丁じゃぁさすがに寒いです。 なので作務衣を羽織ってます。
 

R001 ブログを読んでくださってる方から 『赤褌で検索してたどり着きました』 とメールをいただきました。 ふんどし話がおもしろく勉強にもなっているとまで書いていただいて、いやはやうれしい限りです。 ありがとうございます。

 そこで、今までに書いたうちから、六尺褌にカテゴリー分けしたものを見てみたんだけど、少ないねぇ。 5月はまあまずまずの数だけど、4月はふたつしかないありさま。 このブログにたどり着いた検索ワードのトップが “六尺” な割には、少ない六尺ネタ。 過去に何度もこの反省はしてるんだけど、夏に向かって、今度こそは励んで書こうと思います。

 
 ということで早速に。 今日は、赤褌を締めてます。 赤褌は普段は締めないんだよ。 日焼けに行くときくらいかなぁ。 白ってのはどうしても下着のイメージが強いから、白い六尺で海岸を闊歩というのはちょっと気が引ける。 柄物は、海、砂浜、日焼け、ってイメージで捉えてないので、だから “赤” なんだよな。

 今年も小坪や新木場に “赤褌” で出没すると思うので、見たら気軽に声かけてくださいね。

 
画像。 拾い画です。
 

続きを読む "五月雨"

| | コメント (2)

2008年5月29日 (木)

蒸れる

 東京は、雨です。 今日は肌寒いと感じるくらいなんだけど、これから、気温も高くなって、蒸し暑く、いやな季節になっていくんだね。 

 それとは逆に、暑くなるにしたがって、気分は開放的になっていくんだよな。 重いコートを脱いで、セーターも脱いで、半袖のシャツを着て、そしていまは、六尺一丁でパソコンに向かってます。

Kry_201 俺、夏はやっぱり、六尺です。 って、達さんはいつも六尺締めてんじゃなかったっけ? ってか? いやね、ここんとこいろいろ不安定なこともあって、お腹の調子も不安定なこともあって、出かける時はトランクスだったんだよ。 いつ襲われるかわからなかったからね。

 それが、暑くなって、蒸し蒸ししてくると、股間も蒸し蒸ししてくるんだよ。 俺、皮膚と皮膚が触れるところに水気が溜まる性質で、足の指の間、腋、玉袋と内ももが触れるところ、ケツの割れ目なんかの皮膚が白くもろもろになったり、さらに進むと出来物が出来て痒くなるんだよ。 だから、足は五本指靴下、腋は必ず半袖シャツ、股間とケツタブの谷間は六尺褌で、皮膚と皮膚が直接触れないようにしてるわけなんだ。

 
 さて、お腹の調子も心の調子も、もう大丈夫。 再挑戦、前に進んで行きますよ。 そのためにも下っ腹をキリッと引き締めて、さあ出かけてきます。

 
画像は、栗浜陽三、写真集“渾遊”より。
 

続きを読む "蒸れる"

| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

古典柄

 いま、ここしばらくのブログを読み返してたんだけど、暗いねぇ。 沈んでることばかり書いてるねぇ。 昨日書いた 渋谷 、実は一昨日mixiにも書いたんだけど 『大丈夫? 元気出してね?』 ってコメントをたくさんたくさんいただく始末に。 いやぁ、ありがたかったんだけど、改めて暗くなってる自分に気がついてビックリでしたよ。 このブログを読んでくれていてmixiの日記も読んでくれてる六尺つながりの友人もメールをくれたりで。 いや、もう、スミマセン。

 
Ise08_024f それで、というわけではないんだけど、昨日ふと思い立って、古典柄の六尺を締めてみたんだ。 何て柄か名前は知らないんだけど、疋田とか篭目ってのかな。 いつもは白の晒しのなんだけど、なんとなく柄物が目に入って 『今日はこれでいくか』 って。 気分を変えてみたかったのかな。 でね、鏡を見ながら締めてみたら、

 『おお、いいかも、柄物も』

 
 持ってはいたけどあまり好きではないから、締めなかったんだよね。 泳いだり日焼けをしたりするときに締めるくらいだったんだな。 柄物は俺は似合わない、って思ってたんだ。 似合わないって、誰に見せるわけでもないのに変だよね。 まあ、それは置いといて・・・

 50歳を越えて、身体もそれなりに弛んできて、顔も頭(頭髪)もそれなりになってくると “キリッと白” よりも、古典的な柄物のほうがしっくりくるみたいだな。

 
画像。 伊勢神宮・内宮にて。 伊勢神宮の参拝は、必ず白い六尺でキリッと。
 

続きを読む "古典柄"

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

朝勃ち

 最近、元気です。 俺の息子さん。 寝起きがいいみたいですよ。 キリッと目覚めてらっしゃいますからね。 でもね、すぐにおとなしくなるんです。 若い頃のように、その勢いでイッパツ・・・、なんてことにはならないですよ。 トイレに行ってオシッコしたら、あの勢いは何だったの、って感じです。

Kry_102 そういえばこの前、オカズなしでオナニーに挑戦しようとした知り合いがいるんだけど、途中で元気がなくなって、あわててオカズをビデオデッキに用意したそうなんだけど、復活してくれなかった、なんて言ってたな。 達っちゃんもやってみたらと言われたんだけど、そんなこと怖くてできません、とキッパリ!

 中折れ経験ある? って話しに、中折られは惨めだよ、なんてことを言うヤツも現れたり。 中年男の悲哀たっぷりの会話は賑やかだったんだけど、それは、花が咲いたという表現をしてもいいのでしょうか。 寂しい花ですね。

 
 朝勃ちは、最近、六尺を、ちょっと強めに締めるようにしてることと関係あるのかな。 腰にも股間にも、ケツの谷間にも、捩った布の存在がしっかりわかるくらいに締めてることと。

 
画像は、栗浜陽三の作品。
 

続きを読む "朝勃ち"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧