« 啓太の場合 トコロテン Ⅱ | トップページ | 龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半 »

2008年4月13日 (日)

啓太の場合 トコロテン Ⅲ

 手で触っていないのに、目で見ているわけではないのに、ヤツの雄の形が、血管の浮き出た具合までが、啓太の肉襞を通して伝わってくる。 ゆっくりと、ズルズルと引き出され、ブスリと一気に啓太の穴の奥を付くヤツの肉棒の形が、はっきりと頭の中に映像として結ばれる。 啓太のいちばん感じる一点に、ヤツの竿のカリのくびれが引っかかるようにして刺激しているのがをはっきりと感じることができる。

Ie_107z 「や、やめてく・・・」

 
 啓太の場合 トコロテン Ⅱ からのつづき

 ヤバイと感じた瞬間にそう口走っていた啓太だが、その時にはもう遅かった。 デカイ竿に擦られる肉壁から広がった快感が、腰の奥のほうからこみ上げてくる得も言われぬ最後の吹き上げを誘発し始めた。

 冷たい笑いを浮かべながら表情を変えずに見下ろすヤツの目に、いっそうの冷たさを見た啓太は、ひたすら自分の欲望に向かって行くヤツの強さを感じた。 腰の動きが速くなり、ヤツの太い竿がますます硬く太くなるのをはっきりと肉壁が捉え始めた瞬間、啓太のモノは爆発した。 ヤツの竿に穴の中を擦られながら、啓太は白い汁を頭の上の壁まで飛ばせていた。 と同時に、啓太の肉壁を押し広げるようにヤツの肉棒が膨張し、ドクドクと脈打つ感触が伝わって、快感をいっそう押し上げて白い液を何度も遠くへ飛ばしつづけた。

 
Tds013z 「トコロテンしちゃったな」

 ヤツの腕を枕にしながら余韻に浸っていた啓太はそう話しかけられて、カッと顔が熱くなるのを感じた。 あまりの快感に腰が抜けてしまったようになった啓太は、腕を縛られていた六尺褌を解かれたあと、ヤツの胸で、なぜか涙を流していた。 話しかけられて我に帰って、涙をぬぐいながら

 『ひどいよ』

 と言おうとヤツの目を見つめたと同時に、啓太の唇は冷たい硬い唇でふさがれた。 いったん止まった涙がまた溢れ出して、ヤツの胸を濡らしていった。

 
 了
 

 

Pm003 啓太とヤツは、いわゆるセックスフレンドです。 会うときはお互い、その場だけの名前で呼び合っていまっす。 ヤツ、の名前は、もうおわかりですよね。

 

|

« 啓太の場合 トコロテン Ⅱ | トップページ | 龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半 »

シリーズ・啓太の場合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓太の場合 トコロテン Ⅱ | トップページ | 龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半 »