« 龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半 | トップページ | 龍生の日記 カマトト野郎 肉ひだ »

2008年4月27日 (日)

龍生の日記 シャワーブースの野郎 後半

 「おまえ、ケツが使えるようになったのか?」
 「うん兄貴、このデカイのをブチ込んでほしいっす」

 
 シャワーブースの野郎 前半 からのつづき
 

Mtb010z_2 さっきふたりが服を脱いだロッカールーム、ヤツはそこの床に四つん這いになり、ケツを高々と上げて俺の雄が入ってくるのを待っている。 たっぷりとオイルが塗られテカテカと黒光りしたケツの穴が、ヒクヒクとまるで生き物のようにうごめいて太っとい雄を受け入れようとしている。 俺はまず、指を一本入れてみた。 二本、三本。

 「兄貴っ、そのまま腕入れていいっすよ」

 さすがの俺もフィストには興味がないのでヤツのそのことばにはちょっと引いたけど、気を取り直して・・・  中腰になって俺の亀頭をヤツの穴にあてがって、ゆっくりと腰を前に押し出した。 ブスッとめり込む。

 狭い! 

 「おまえ、こんなんで腕、入いんのかよ?」
 「いや、嘘っすよ。 兄貴のでかいチンポでもういっぱい・・・  うう、キツイ・・・」

 俺は、硬くなった雄の先を入れたところで止まって、ちょっとようすを見ることにした。 あまりにも俺を締め付けるチカラが強くて、痛いくらいだったから。 

 「兄貴、大丈夫っすよ。 もっと奥まで来・・・。 そっ、そ、う、そう・・・ うう・・・ い、いい・・・ あたる! 奥、あたって・・・ も、もっと、突い・・・、そっ、い、い、い・・・」

 俺は遠慮なしに、思いっきり突いてやった。 いつになく俺の雄か硬くなっていたし、俺たちの営みを見る何人ものギャラリーの目も気持ちよかったから、俺は我を忘れてヤツのケツを突きまくったんだ。

Lcl006z テクニックも何もあったもんじゃない。 俺はヤツの腰を両手で掴んで、ただひたすら腰を振った。 もちろん自分のデカイ雄が男の穴を入ったり出たりするのを見ながら。 そんな時の俺は、俺の雄が出入りしている穴の持ち主のことなんて頭にない。 ただひたすら目で楽しんで、雄で快楽を得ようと必死になる。 それは周りで見てるやつ等からしたら、すさまじい光景なんだろう。 自分で言うのも何なんだが、俺の腰振りは見応えがあるからね。 長いチンポの距離を生かした大きなグラインドに速さも加わって、ビデオに撮った自分の腰使いを自分で見てもエロイと思うくらいだったからな。

 お構いなしに穴を突く俺のやり方に、ヤツは充分反応していたよ。 さすがは見られる悦びを知ってるヤツだった。 やおら上体を起こして見ているやつ等から自分のチンポが見えるような体制を作って、トコロテン! 飛びはしなかったけど、ダラダラと大量に吹き上げてヤツは果てたよ。
 

 

010 ヤツとはこの日、ケータイのアドレスを交換してわかれた。 また、があるかどうかはわからない。 ただ、会う予約をしてまで、という雰囲気ではないな。

 

|

« 龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半 | トップページ | 龍生の日記 カマトト野郎 肉ひだ »

龍生の日記」カテゴリの記事

艶話 シャワーブース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半 | トップページ | 龍生の日記 カマトト野郎 肉ひだ »