龍生の日記

2008年5月11日 (日)

龍生の日記 カマトト野郎 肉ひだ

 俺はすっかり嵌ってしまっている。 弛マンのカマトト野郎に。 いや、弛マンってわけじゃないな。 指は三本、たぶんもう少しすれば手首くらいは入るだろう。 俺の雄を入れる時だって、前もって指でほぐす必要がない。 もちろんヤツは、おっ始める前に穴をシャワーで充分洗ってくるから、その時にほぐしてくるんだろう。 が、それにしても、ゴムを被せてちょっとジェルをつけただけで、俺の雄はヤツの穴に没していくんだ。

Tlv008z 俺が嵌った理由は、その手軽さじゃない。 いや、もちろん、余分な手間をかけずにいきなり始められるのは、気分が萎えなくていいんだ。 それ以上に、ついつい電話をして呼び出してしまうのは、ヤツの穴の具合のせい。 入り口は広いが、中は絞まって、グジュグジュした肉ひだが、俺の雄にまとわりついて、腰を振らなくても楽しめたりするからなんだ。

 今日も俺はヤツをうつ伏せに寝かせ、ケツを高く上げさせて、ヤツの背中い覆いかぶさるようにして腰を振っている。

 
 「龍さん、たまには僕のもフェラしてよ」
 「お、俺・・・、フェラは好きじゃな・・・」
 「そんなぁ、僕もチンポで感じたいよ」
 「おまえはケツの方・・・、が、ウッッ、いい・・・」
 「だって僕だって男だから、チンポしゃぶられたいよ」
 「今度やっ・・・、ウッ・・・、じっ、じっとしてろっ・・・、ウウウッ」

 あまりの快感に、俺は行く寸前にヤツのケツから俺の雄をイッキに抜いた。 危なかったよ。 ヤツの穴に突っ込んでから、ものの3分。 俺は自分が情けなくなったよ。 長年やっていて、何人も相手してきて、相手よりも自分が先に射くなんてことは、恥ずかしくて許せないからな。 だから抜いたんだが、いま再び入れたらすぐに射ってしまうくらいに、俺の雄は興奮に打ち震えているよ。

 
 俺はゆっくりと、たっぴぷりと唾をつけて、ヤツのモノを口に含んでる。 競パンの日焼け跡の白い部分と同じくらいに、白いヤツのモノ。 若さもあるだろうが、それにしても、ケツの穴の使い込みようから男の数は充分にこなしてるはずの割には、モノは使ってないのだろう。 まるでおろしたての新品のような白さは、ヤツの淫乱さからは想像できない持ち物だ。 ただ、これだけの穴の持ち主、たぶん数々の相手は俺と同じように、やつのチンポには関心をなくすだろう。 だから、ヤツが自分の持ち物を使う機会は、絶対にない。 俺の気分は萎えていく。

Gym012z 気分は萎えていくのだが、俺の雄は気分とは裏腹に、しっかりと硬さを保ったままでいる。 ヤツの穴のあの感触を、俺の雄は記憶力を持った独立した生き物のように憶えているんだろう。 一度ゴムをはずした竿の先からは、ダラダラと我慢汁が滴り始めてきた。
 

 我慢ができなくなった俺はさっさとゴムを被せると、胡坐をかいて座りヤツのケツをそこめがけて落とさせた。

 俺の雄が、ヤツのケツのひだを押し広げて奥へ進む。
 先っぽからだんだんと、グニョグニョした生暖かい肉ひだが降りてくる。
 ヤツの体が仰け反る。
 ヤツのケツが、俺の恥骨に当たる。
 ヤツが後ろに手を伸ばして、俺の雄が完全に没したことを確認する。

 ヤツの穴の中の肉ひだが俺の雄全体を包んだところで、ヤツは腰を上下に動かし始めた。 ヤツの腰の上下動はほんの少しの距離なんだが、俺を登らせるには充分の距離。 小刻みに腰を振るヤツの動きに、俺の雄は爆発寸前まで昂ぶっている。 

 俺はあきらめた。 あきらめたと思った瞬間、ヤツの肉ひだに思い切り擦られる俺の肉棒が、ドクドクと鼓動をはじめ、俺は雄叫びを上げて果てた。
 

続きを読む "龍生の日記 カマトト野郎 肉ひだ"

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

龍生の日記 シャワーブースの野郎 後半

 「おまえ、ケツが使えるようになったのか?」
 「うん兄貴、このデカイのをブチ込んでほしいっす」

 
 シャワーブースの野郎 前半 からのつづき
 

Mtb010z_2 さっきふたりが服を脱いだロッカールーム、ヤツはそこの床に四つん這いになり、ケツを高々と上げて俺の雄が入ってくるのを待っている。 たっぷりとオイルが塗られテカテカと黒光りしたケツの穴が、ヒクヒクとまるで生き物のようにうごめいて太っとい雄を受け入れようとしている。 俺はまず、指を一本入れてみた。 二本、三本。

 「兄貴っ、そのまま腕入れていいっすよ」

 さすがの俺もフィストには興味がないのでヤツのそのことばにはちょっと引いたけど、気を取り直して・・・  中腰になって俺の亀頭をヤツの穴にあてがって、ゆっくりと腰を前に押し出した。 ブスッとめり込む。

 狭い! 

 「おまえ、こんなんで腕、入いんのかよ?」
 「いや、嘘っすよ。 兄貴のでかいチンポでもういっぱい・・・  うう、キツイ・・・」

 俺は、硬くなった雄の先を入れたところで止まって、ちょっとようすを見ることにした。 あまりにも俺を締め付けるチカラが強くて、痛いくらいだったから。 

 「兄貴、大丈夫っすよ。 もっと奥まで来・・・。 そっ、そ、う、そう・・・ うう・・・ い、いい・・・ あたる! 奥、あたって・・・ も、もっと、突い・・・、そっ、い、い、い・・・」

 俺は遠慮なしに、思いっきり突いてやった。 いつになく俺の雄か硬くなっていたし、俺たちの営みを見る何人ものギャラリーの目も気持ちよかったから、俺は我を忘れてヤツのケツを突きまくったんだ。

Lcl006z テクニックも何もあったもんじゃない。 俺はヤツの腰を両手で掴んで、ただひたすら腰を振った。 もちろん自分のデカイ雄が男の穴を入ったり出たりするのを見ながら。 そんな時の俺は、俺の雄が出入りしている穴の持ち主のことなんて頭にない。 ただひたすら目で楽しんで、雄で快楽を得ようと必死になる。 それは周りで見てるやつ等からしたら、すさまじい光景なんだろう。 自分で言うのも何なんだが、俺の腰振りは見応えがあるからね。 長いチンポの距離を生かした大きなグラインドに速さも加わって、ビデオに撮った自分の腰使いを自分で見てもエロイと思うくらいだったからな。

 お構いなしに穴を突く俺のやり方に、ヤツは充分反応していたよ。 さすがは見られる悦びを知ってるヤツだった。 やおら上体を起こして見ているやつ等から自分のチンポが見えるような体制を作って、トコロテン! 飛びはしなかったけど、ダラダラと大量に吹き上げてヤツは果てたよ。
 

続きを読む "龍生の日記 シャワーブースの野郎 後半"

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半

 以前にアップした シャワーブース 。 これはかれこれ7年くらい前の話なんだけど、ついこの前、偶然にもあの時の“そいつ”に逢ったんだ。

 
 親父の法事で久しぶりでふるさとの街に帰った夜、俺はふと思い出して、昔よく通ったカレー屋に行ってみることにしたんだ。 そのカレー屋は、俺の生まれ育った街を通っている私鉄の沿線の駅にあるんだけど、そこはまた、以前よく通ったハッテンサウナがある街でもあるんだな。 

Tds014 小さなカレー屋のL字型のカウンターの向こうの端からちらちらと俺を見ているヤツがいることに気が付いてはいたんだけど、その日はあまり気分が乗ってなかったから無視をしてたんだ。 時と場合を選ばずに積極的に出る俺なんだけど、さすがに親父の法事の後でもあったからそんな気分にはならないでいたんだな。 それでもやっぱり気にはなる。 で、俺は、カウンターの中のカレー屋の親父が余所見をしている隙に、そいつと視線を合わせたんだ。 ヤツは視線を逸らさない。 それどころか、にこっと微笑んできた。

 『ん、会ったことある。 どこでだ?』
 

 俺は、思い出せないままに食べ終わって外へ出ようとしたんだけど、偶然にもそいつの後を追いかけるようにしてカレー屋を出る格好になったんだ。 外へ出て、地下街の大きな通りに出たところにヤツは立って待っていた。

 「こんばんは。 憶えてませんか?」
 「いや、どこかで会ったような気がするんだけど、思い出せないや」
 「ずいぶん前なんですけど、サウナのシャワーブースで」

 
 何年ぶりかで入った、昔よく通ったハッテンサウナ。 ヤツは、ロッカールームで服を脱ぐなり俺の前にしゃがんで、まだ勃ってないダラリと垂れた俺の雄に口を寄せてきたんだよ。

 「わかったわかった、とりあえずシャワーを浴びようや」

Hot002z 以前と変わらず、ヤツはシャワーブースのドアを開けたままで、俺の雄を美味そうに頬張っている。 ヤツの舌の刺激で充分に硬くなった竿を、美味そうに横から舐めまわす。 俺がカリの溝が最も感じることを憶えているのか、長い時間、力を入れた舌の先でいじくっている。 俺の雄を咥えるヤツを、立って見下ろす俺。 俺の視線の中には、二人三人と増えはじめたギャラリーの視線が気持ちよく、ヤツの舌の刺激とあいまって、俺の雄を硬く大きく膨れ上がらせる。

 よく見ると、ヤツは自分の手の指で、自分のケツの穴を何かしているようす。 俺はヤツの髪の毛を引っ張って俺の雄をヤツの口から引き離し、

 「おまえ、ケツが使えるようになったのか?」
 「うん兄貴、このデカイのをブチ込んでほしいっす」

 
 シャワーブースの野郎 後半 につづく
 

続きを読む "龍生の日記 シャワーブースの野郎 前半"

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

龍生の日記 カマトト野郎

 「龍さぁん、お茶していきましょうよ」

 ちょっと気になる若いヤツ。 何人かで焼肉食って解散したあとも俺の後をついて来て、じゃぁここでと入ろうとした喫茶店の前で、

 「なんか、人がたくさんいるところで、って感じじゃないんですよね」

 
 こいつ、ウブなのかカマトトなのか、俺は測りかねている。 話していても 『こいつ、邪心がない』 と思ったことは何度もある。 育ちが良さそうだ。 きっと、ごくごく普通の家庭に生まれて上手に育ってきたんだろう。 ご両親はヤツを甘やかすことなく、ヤツもグレることなくね。

 でもなぁ、中指をあてがったヤツの下の口の感触が、んん? 指が難なく入ったのには驚きながらも 『なるほどなぁ』。 とその瞬間の俺の身体のこわばりを、ヤツはきっと気が付いただろう。 2本目も難なく。 さすがに3本はやめた。 入ったら怖かったからな。

 
E831_z 「シャワー、浴びてこいよ」 とヤツをユニットバスに入れておいて、俺はベッドの用意。 俺の部屋はユニットバス。 この部屋を選ぶ時にトイレと風呂は別々にあることを条件の一つとして探してたんだけど、それ以外の条件があまりに整っている今の部屋が気に入って、ユニットバスで辛抱することにしたんだ。 が、それが、思いがけず使い勝手がいいことに気が付いたのは、初めて男を連れ込んだ時。 シャワーと便器が同じところにある便利さは、ここで説明しなくてもわかってもらえる方にはわかっていただけるはず。

 さて、今日のユニットバスからも、シャワーの音とトイレの水を流す音が、交互に何度か聞こえてくる。 

 『ほほぅ、相当経験ありそうだ』

 
 年齢の割のちょっと弛み気味の身体、胸の上部にだけに密生した胸毛、白い肌。 正直言ってこの時点でちょっと戦意喪失気味の俺なんだけど、下半身が元気なので続行することに。 で、指がすっぽりと下の口に、のところに繋がるんだな。 でだ、一体そこがどんなふうになってるのか見てみようと両足を持ち上げてみたら、穴の周りにだけ胸毛と同じように、長い毛がびっしり。 ・・・・・

 ヤツのケツの穴にジェルを塗りたくって、ゴムを被せた俺のモノにも塗りたくって、躊躇せずにブスリと。 自分で言うのもなんだけど、俺はいつもは丁寧に、念入りに相手をその気にさせていくん。 だが今日は、それをやってたら俺のモノがダメになりそうなんで、さっさと突っ込んで行ったってわけです。 で、これまたいつもはやらないことを・・・。 いきなり奥まで一気に! で、いきなり腰を使って!

 ヤツが俺のモノに馴染むのは、早かったね。 ゆっくり腰を前後させたら、すぐに声が出始めた。 『こいつ、出そうとして出してるな。 ならもう、お構いなしにやるだけだ』

 うつ伏せに寝かせて、足を開かせた状態で挿入して、足を閉じさせてケツの穴を締めさせる。 で、俺は、ヤツの閉じさせた足の外側に膝を突いて、背後に乗っかって腰を突き出す。 身体も顔もあまり見たくないヤツを相手にするには、この格好でやるに限るんだ。 相手を拘束できるし、俺は自由に動けるし、ケツは締まる。 ヤツは以外にも、入り口は緩かったけど奥はそれなりに狭く、締まってた。

Jk9a そのまま俺は射ってしまうことにした。

 「おい、もっと締めろ。 ケツにリキ入れて!」
 「俺、緩いですか」
 「ああ、だからもっと締めろって!」
 「こっ、こう、ですか」
 「おう、いい、そうだ、いいぞ」

 
 「俺、すごく遊んでるように思われるんですよね。 誘われるとイヤと言えないんです。 ついつい愛想良くしてしまうんですよ。 だからいつも勘違いされるんですよ、遊んでるだろうって。 そんなことないんですよ」

 「龍さん、普通に話をしている時と、こうしてやる時とでは、別人みたいですね。 ビックリしてしまいました。 もっとやさしくしてくれるのかと思ったから」

 腕枕をするでもなく伸ばしている俺の腕に、頭を預けながらヤツが言うのを聞いている。

 「また来ていいですか?」

 俺は寝た振りをして返事をしなかったけど、俺のモノを弄るヤツの手の刺激でまたもや硬くなり始めてたから、ヤツは俺が眠ってないことは気が付いてただろうな。
 

続きを読む "龍生の日記 カマトト野郎"

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

龍生の日記 宅急便野郎

 「よう、久しぶり。 どうしてた? もう辞めたのかと思った」
 「担当の地域が変わっただけだよ」
 「そっかぁ、連絡もしてこなかったから心配してたぞ」
 「龍さんこそ、電話もくれないじゃん」

0041 一昨日、ヤツの太っといモノを、久しぶりで味わったよ。 相変わらずギンギンに硬くて美味かった。

 ここしばらく会ってなかったんだ。 別に、ヤツのことがどうでもよくなったわけじゃないんだ。 顔を見れば身体も見てみたいと思うし、やりたいとも思うしね。 でも、それ以上の関係にしようかと思う気はないんだ。 何度か会って、何度もやって、これと言って不満はないんだけど、それ以上に気持ちが上がらないんだな。 俺の悪い癖だよ。 ことセックスが絡むと、自分の都合だけで動いてしまう。 いずれしっぺ返しは食らうだろうと思うんだけどね。

 
 俺の雄を美味そうに口に含む。 上手になったよ舌の使い方が。 そういえば、この前やったときは、ヤツの口の愛撫だけで俺は射ったものな。 ケツの使い方も上達したよ。 繋がって動かなくても、ヤツの穴の中の筋肉の動きだけで射きそうになるからな。 それに、顔も身体もタイプだし、それを見ながらオナッたことだって。

 でも、一昨日は、ちょっと自分勝手を慎んだんだ。 これ以上の関係になろうとしないことにすまないという気持ちがあったかなかな。 それよりも久しぶりでヤツのすばらしい身体を味わいたい気持ちが強かったからだな。 

 ヤツの穴には入れないで、俺の口と手でヤツを射かせようと思ったんだけど、ヤツは入れられてないと射かないんだ。 で、お互い、充分に相手の口と舌で楽しんだあと、俺はゆっくりとヤツの中に入って行ったよ。

 奥まで入って、ヤツが俺の太さに慣れるまでちょっとの間をおいて、俺はゆっくりと腰を前後させる。 案の定ヤツの穴の中の筋肉が俺の雄のまとわりついて、何とも言えない快感が雄の先から腰へと上がり、脊髄をぞくぞくさせながら頭のてっぺんへ這い上がる。 いつもだと、ここから俺は一気に上り詰めてしまって、ヤツの穴の中に大量の悦びの汁を注ぐことが多いんだけど、一昨日はぐっとこらえたね。

Bw0138a 腰だけで俺の雄をヤツの穴に出入りさせながら、舌でヤツの小さな乳首を噛んでやる。 両手を頭の上に上げさせて羽交い絞めにして腋の下にそっと舌を這わすと、腰をくねらせて快感を表現しようとするんだけれども、中心にしっかりと俺が入っているからヤツは身動きができない。 そのもがく姿を見ると、俺のSっ気に火が点くんだ。

 繋がった格好のままで、俺が締めていた六尺でヤツの手を縛る。 左手で俺自身の体重を支えながら指先で腋の下を撫で、右手で乳首をつまみ、口はヤツの口を覆って舌を絡ませる。 と、冷静でいるつもりの俺もこうなると、俺の雄を包み込むヤツの穴の筋肉の動きに抗しきれなくなっていく。
 

 久々に、二人同時に射ったよ。 辛抱できなくなった俺が射ってしまおうと腰の動きを早めると、ヤツの穴の中もそれと共にどんどん狭まって。 そして、俺の雄がどくどくと痙攣しはじめたと同時に、ヤツの太い竿の先から大量のオス汁が、俺たちのあごの辺りまで飛んできた。

続きを読む "龍生の日記 宅急便野郎"

| | コメント (0)

2007年4月20日 (金)

龍生の日記 スーパー銭湯の勝手な野郎

Amd188_z 『おいおい、ここは、ただのスーパー銭湯だぞ』

 いやぁ、いくら俺がいかにもだとは言え、いきなりおっ勃ててきたのには参ったね。 久しぶりに行った、スーパー銭湯での話。

 
 更衣室ですれ違った瞬間から一目でそうだとわかったよ。 きちっとついた筋肉にきわどいくらいにサイドが細い競パンの日焼け跡が眩しいくらいだったからね。 それでもって、俺と向かい合ってからすれ違ってしまうまで俺の身体から目を離さなかったから、もう間違いはないでしょ。 そういう俺も、そいつをじっと見たままだったんだけどね。

 たまに行くそのスーパー銭湯の露天風呂は、照明が暗くしてあって湯もぬるめだからゆっくりつかっていられるんだよ。 年齢制限があって子供は入れないからうるさくないし、夜の遅い時間は人も少なくなるからほんと静かでいいよ。 

 
 その露天風呂に首までつかって目をつぶっていると、誰かが入ってきて湯船の淵に腰掛けた気配がした。 目を開けると、さっきの競パン君。 ガラスで仕切られた明るい屋内の風呂を背にしてこっちを向いているので、ヤツの胸や腹は陰になってよく見えないんだけれども、股間のモノが勃っているのはすぐにわかったね。 そこまで積極的に出てこられると、いくらなんでも、淫乱大好きな俺でも引いてしまうよな。

 でも、そうかといって無視するのはもったいない。 俺とヤツ意外に人がいないのをいいことに、積極的に見つめてやりました。 やつのモノをね。 結構いい形。 長さはほどほどだけど握り応えはありそうな太さで、何より硬そう。 それに、先っぽもしっかりと剥け切ってカリも大きく開いてる。 水泳をしてるんだろう、胸も腹も太もももきちっと筋肉がついてる、いわゆるスジ筋。 その股間のきわどいくらいに小さく白い日焼けの跡の上端にヤツの元気なチンポが飛び出していて、なかなかのいい景色。 で、そこまでされると、俺の雄が黙っているわけがない。

 湯から出て、ヤツの目にはっきり俺の雄が見えるようにしながら隣に腰掛けたら、

Nice_z 「六尺の跡ですか、すごくエロいですね」

 と、やつから声を掛けてきた。

 「君も、競パンの跡、似合ってるよ」
 「でも、最近、飽きてきたんですよね、競パン」
 「じゃあ、六尺に興味あるの?」
 「ええ、でも、一度も締めたこと、ないんです」

 そんな会話をしながらもヤツの視線はじっと俺の股間に。 さらに右手が伸びてきて、半勃ちの俺の雄を扱きだしたので、俺も遠慮なくやつのチンポを握ったよ。

 硬い。 もうギッチギチに充血し切って、まるで鉄の棒を掴んでいるよう。 俺の手をちょっと上下に動かしただけで、口から声が漏れてきた。 でもって、大きな亀頭を手のひら全体で包んで揉むと、先っぽにぷくっと水玉が現れた。 それを親指で広げながら他の指でカリのくびれを擦ってやったら、

 「いっ、射きそう」

 と、若さを俺の手にぶちまけてしまったよ。

 
 さすがに、一般のスーパー銭湯だからここまでしかしなかった。 というか、ここまでしたのは初めてだったね。 若いって、いいね。

続きを読む "龍生の日記 スーパー銭湯の勝手な野郎"

| | コメント (0)