艶話 先輩と六尺と

2007年7月26日 (木)

先輩と六尺と あとがき

 六尺褌。 龍生がこの六尺褌なるものを初めて目にしたのは、大学一年生の夏、柔道の稽古に通う道場で、六尺褌を締めた先輩の後姿を見た時である。 その時龍生は、引き締まった先輩のケツタブをキリッとふたつに分ける白い布に、異常な興奮を覚えたのでした。 その後、龍生の中の六尺褌の存在は、そう時を置かずして道場を去っていった先輩の記憶とともに薄らいでいきますが、先輩との偶然の再会で盛り返し、一気に虜になっていくのです。

 
 六尺褌 = ゲイ。 必ず“=”ではなく、いわゆるノンケの方たちの中にも、下着として、もしくは水着として用いておられる方はたくさんいらっしゃるだろうと思います。 が、筆者は、ゲイ以外の方が六尺褌を締めておられるところを、目にしたことがありません。 さらに、六尺褌が好きだというゲイの方たちの中でも、普段から普通に六尺褌を下着として用いておられる方は稀です。 実際、六尺褌を普通に下着として用いている筆者ですが、トランクスやブリーフなどの今時の下着に比べると、現代のこの生活には不向きだと思う場面が多々あることを実感します。

Kry_59 では、たとえば江戸時代は、六尺褌は下着として用いられていたのか? 筆者は、江戸時代を舞台にした小説や、自分自身の体験から、六尺褌は普段は用いていなかったのでないかと想像しています。 江戸時代を舞台にした小説の中に、たまに下着を表現することばや場面が出てきますが、そこから思い浮かぶ下着は決まって越中褌です。 六尺褌は、労働の作業着としてのもので普段の下着としては用いられなくて、当時でも実用的でなかったのではないかと思うのです。

 普段の生活においては実用的でない。 そこがやはり普及しない、衰退していく所以であると思います。 ゲイがプレーの道具としてだけ六尺褌を楽しむのは、普段用いている者としては寂しい気もしますが、仕方のないことなのでしょう。
 

 さて、この物語の時の龍生は、まもなく30歳代を迎えようという時期、仕事も私生活も充実した毎日を送っています。 このあと龍生は六尺褌を普段の下着として使うようになります。 最初はフィットネスジムでの着替えの際は躊躇していたのですが、そのうちに会社の社員旅行にも締めて行き、風呂場の脱衣場で平気で締めるようにもなっていきます。
 

| | コメント (5)

2007年7月24日 (火)

艶話 先輩と六尺と Ⅲ

 堅く引き締まった先輩のケツ。
 黒く日焼けしたそのケツに、真っ白な六尺が眩しい。
 太い龍生の雄が突き刺さった先輩の穴。
 毛をきれいに剃り上げられた穴を出入りする黒い竿がが生々しい。

 艶話 先輩と六尺と Ⅱ からのつづき
 

Variedad031_z 龍生はその太い竿を完全に引き抜いた。 亀頭の先まで赤黒く色づいた太い雄が、衆目に晒される。 そのデカイ雄に手を添えて太い竿をギャラリーに披露をし、また穴にあてがってブスリと突き刺す。 こんどはデカイ亀頭だけを入れたところでピストンを繰り返し、先輩の前立腺を刺激する。 何度かそのピストンを繰り返したあとにイッキに奥まで押し込んで、すぐまた完全に引き抜いてくる。 そしてまた。ギャラリーにデカイ雄を扱いて見せるのだ。
 

 白い砂に敷いたシートの上であぐらをかいて座る龍生を跨ぐようにして、先輩が腰を沈めてくる。 龍生の肩に手をかけてバランスをとりながら、先輩は中腰で自分の前立腺に龍生の大きな亀頭を擦って快楽を貪っている。 最近の先輩は、この状態でまず一度射くのだ。 今日の先輩も長い竿の先に開いた鈴口から、すでにダラダラと雄の汁をこぼしはじめている。 身体全体を小刻みに振るわせて快楽に酔い、口からはヨダレをこぼしている。 感じているのだ。 龍生の太い雄を飲み込んだ先輩の穴は快楽に浸りながらも、龍生の雄を頂点へと導いていく。

 「ねえ、先輩。 先輩の穴はいつからこんなに感じるようになったんですか」

 太い竿を先輩のケツに突っ込んだままで、龍生は訊く。
 
 「ああ、高校生の時からだ。 初めて柔道部のOBに掘られた時からだ」
 「じゃあ、俺が道場に入門したころは・・・」
 「ああ、やりまくってたさ。 おまえに褌姿を見せた時、俺はお前に掘って欲しかったのさ。 お前がでかいモノを持ってることは知ってたからな」

 先輩は龍生の太い雄を自分の穴に咥え込み腰を上下させながら、自分の穴の生い立ちを龍生の語って聞かせている。 そうしているあいだも先輩の長い竿の先からは、だらだらと悦びの汁が滴り落ちている。
Olympus_5_04_z 

 白い砂浜で夏の陽をいっぱいに浴びて、白い六尺一丁の若者ふたりは至福の時を過している。 ふたりして同時に果てたあと、白い六尺をキリッと締め直して、龍生と先輩は並んで寝転びながら青い海の水平線を見つめている。 

 龍生は夏の強い日差しにジリジリと肌を焼かれながら、改めて男を知った悦びを噛みしめていた。 女とのセックスでは得ることのできなかった心の安らぎを感じて、ウトウトとまどろんでいた。 夏の強い太陽が、龍生の身体にしっかりと六尺の跡を刻み込んでいた。

 了
 

続きを読む "艶話 先輩と六尺と Ⅲ"

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

艶話 先輩と六尺と Ⅱ

 龍生は、六尺褌を知ってから、自分の淫乱さにますます磨きがかかっていくように感じている。

 艶話 先輩と六尺と Ⅰ からのつづき
 

 龍生は六尺褌の虜になっているとは言っても、まだ、いつも締めているわけではない。 仕事の時やジムに行く時に六尺を締めて行くのは、さすがにまだ躊躇している。 そんな龍生なのだが、この、男のための海岸ではためらうことなく大胆に、六尺一丁で泳ぎ、日焼けを楽しんでいた。 龍生は、デカイ雄を締め付ける感覚と、ケツの谷間をふたつに分ける布の感触がたまらなく良くて、六尺でいる時間が増えていっていた。 来週あたりからは会社に行く時にも締めて行こうと思いはじめていたし、ジムでの着替えの時には回りの視線を集めるだろうという期待に、龍生の露出願望の楽しみがまたひととつ芽生えはじめていた。 
 

0049_z きつい締め付けから開放された龍生の雄は、イッキに解き放たれて天を仰いだ。 先輩の手で前褌から引き出された龍生のデカイ雄は、すでに先輩の口の中にあった。

 根元から真っ直ぐに伸びる太い竿。
 黒い表面を無数の血管が這う。
 先にいくほど太さを増す竿の先に大きくくびれるカリの溝。

 その黒く太い龍生の雄が、憧れの先輩の口を侵している。
 
 先輩は龍生が最も感じるその溝に舌を這わせている。 こそばいような痒いような快感が下半身から腹のあたりを這い上がり、龍生は思わず腰をよじる。 龍生は、カリを唇で締められながら太い竿が穴を出入りするようすを見ると、もうそれだけで射ってしまいそうになるのだ。

 龍生の太い雄から口を離した先輩が龍生に背を向けて前のめりになり、自分の手でケツタブを広げながら挿入を要求する格好になる。

 「龍生、解くな。 六尺は締めたままだ」

 先輩の命令の声が飛ぶ。 龍生は俯いてケツを突き出した先輩の後褌を左手で避けながら、目の前の穴にデカイ雄をあてがった。 先輩の穴は、もう何の準備もなしに龍生のデカイ雄を咥え込むことができるようになっていた。 もうすっかり龍生の太さに慣れた穴だとわかってはいるが、それでもさすがに最初の一撃を龍生はためらう。 龍生は何度やっても、目の前の小さな穴にデカイ亀頭が入るのが信じられないでいた。

 きれいに毛を剃られてあらわになっている先輩の穴が、開いたり閉じたりとヒクヒクしながら太い雄が入ってくるのを待っている。

5 それはブスリと音を立てて小さな穴にめり込んだ。 太いモノに慣れたとはいえ、さすがに先輩も龍生の雄が入った瞬間はウッと声を上げてケツの穴に力を入れる。 ちょうどその瞬間は、龍生の最も感じるカリの溝がケツの穴の一番チカラが入るところを通り過ぎようとするところ。 最初の何回かは、その締め付けられる快感と先輩のケツを犯しているという快感で、射ってしまったことがある龍生だったが、いまでは先輩にトコロテンをさせるまでに鍛えられている。 こうして龍生は、男の穴への攻撃の方法を先輩から教わっていた。 
 
 『先輩にはいろいろ世話になっている』

 そう思いながら先輩の穴のへの出し入れを繰り返す龍生だったが、女の穴への攻撃方法を教わったのが先輩の奥さん、幸子の穴だということは先輩には言えないと思うのだった。

 砂浜に突っ伏した先輩のケツの穴を、ヌラヌラと光る龍生の太い竿が出たり入ったりを繰り返す。 そのあまりの激しい光景に、海岸にいた男たちが集まってふたりの営みに見入っていた。 

 
 艶話 先輩と六尺と Ⅲ につづく
 

続きを読む "艶話 先輩と六尺と Ⅱ"

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

艶話 先輩と六尺と Ⅰ

 白い六尺褌をキリッと締めてたたずむ龍生の視線の先に広い海が広がっている。 外房。 男が好きな男たちが自由気ままな恰好でその身体を誇示する海岸。 夏も終わりに近い平日の今日は、人影もまばらだった。
 
 
97jm112 白い競パンからケツを半分以上露出させた細身の男が、大きくなった股間を揉みながら六尺一丁の龍生を見つめている。 素っ裸のガタイのいいふたりの兄貴が、真っ黒な身体と真っ黒になったモノを惜しげもなく晒して、夏の日をいっぱいに浴びながら仲よく並んで日光浴をしている。 小麦色に焼けた身体に競パンの跡がまぶしいくらいに白い、水泳体型の兄ちゃんが長いモノをブラブラ揺らしながら海から上がってくる。
 

 
 龍生は、がっしりした腰に白い六尺をキリッと締めた先輩が、海岸伝いにこっちに向かってくるのを見つめている。 黒く日焼けした身体、腰に一筋の白い線と股間が大きく膨らんだ白い布が、夏の日に光って眩しい。 先輩は六尺褌が本当によく似合うと龍生は思った。
 
 引き締まったケツと腰、その上の厚い胸と広い肩。 柔道で鍛えた身体を覆う筋肉の上に、歳を重ねるとともに厚みを増した脂肪をまとった身体は、男の色気を存分に見せつけている。 腹の出たオヤジの六尺も、それなりに色気があっていいと龍生は思う。 筋肉がはっきりと見えるガタイにも、六尺は似合うとも思っている。 が、それよりも、鍛えた筋肉の上に脂肪がのった身体にこそ六尺はぴったりだと、龍生は思いはじめていた。 そんな身体に六尺褌をキリッと締めた先輩の肉体に魅せられて、龍生は六尺に嵌まりはじめている。 ひと月ほど前、六尺の日焼け跡がクッキリと残る先輩のケツを犯してから、龍生はすっかり六尺褌の虜になっていた。
 
Latin 「龍生、俺のケツをここで掘ってくれないか」
 「せ、先輩、こんなところでですか」
 「見ろ、向こう。 三人でプレー中のヤツだっているじゃないか」
 「で、でも・・・」
 「穴が疼いて仕方がないんだ。 おまえのモノだってもうデカクなってるじゃないか」
 
 龍生の雄はことばとは裏腹に、六尺の前褌の中で目いっぱいデカクなっていた。 それは、先輩の六尺姿を見たからだけではない。 龍生の六尺姿や前褌のデカイ膨らみに降り注ぐ周りの男たちの視線に、六尺褌の中のデカイ雄がさっきから反応していたのだ。

 
 艶話 先輩と六尺と Ⅱ につづく
 

続きを読む "艶話 先輩と六尺と Ⅰ"

| | コメント (0)