艶話 最後の女

2007年9月21日 (金)

艶話 最後の女 Ⅳ

 後ろ向きになった幸子を、龍生はデカイ雄で突きまくっている。 そうしながらも龍生は、先輩に申し訳ないという気持ちでいた。 それは、先輩のものである幸子と関係を持っているという後ろめたさからなのか、先輩以外の人とまぐわっているからという後ろめたさからなのか、龍生にはわからなかった。

 
 艶話 最後の女 Ⅲ からのつづき
 

39523_rick_henry_z 罪悪感を感じながらも、龍生は幸子の穴から伝わってくる快感には逆らえないでいた。 幸子の穴は、それほど龍生を夢中にさせた。 龍生の雄のデカイ亀頭を、太い竿全体をヌルヌルと複雑に包み込み、ほどよく圧迫し、またしても絶頂へと導いている。 ほとんど登りつめ最後を迎えようとしている龍生は、幸子の穴の中にあるデカイ雄の動きを止めている。 太い竿に、デカイ亀頭にまとわりつく幸子の穴の中の生き物が、雄の動きが止まったにも関わらず勝手に運動を繰り返す。 見えない生き物が龍生のデカイ亀頭をざらざらと擦り、大きく張ったカリの溝にグニャグニャとまとわりついている。 

 龍生は幸子の穴に、またしても悦びの汁を大量に噴出させた。
 
 
 「ねえ、龍生君。 あなた、やっぱり女の穴の方がいいんでしょ」
 
 幸子と再び交わりはじめてからすっかり女の穴の気持ちよさを思い出した龍生は、そのことばに反論できずにいた。 春の日の午後、龍生は二度も幸子の穴にデカイ雄を収めて快楽を貪った。 そして、抜いた直後で女の汁にまだ濡れたままの雄をまさぐる幸子の手の刺激の気持ちよさを味わいながら、またもや硬くなっていく自分の雄の存在を感じていた。

 「幸っちゃん、もうよすよ、俺。 ゴメン。 俺たち、こんなことしてちゃダメなんだ」
 「何言ってるのよ、あなた、もう私の穴なしではやっていけないんでしょ。 私もこの太いモノがないと生きていけないのよ」

 幸子は、もう一度龍生の太い雄を自分の穴にしまいこみながら、先輩との生活を龍生に語って聞かせた。 それは、さすがの龍生にとってもおぞましい話だった。

C_35_z 幸子は、先輩が幸子と同じように穴で感じる人間だということを、先輩が大学生の頃、つまり二人がまぐわり出した頃から知っていたのだと言った。 二人が関係を持ち出してすぐ、先輩のケツの穴に指を突っ込んだ時の方が先輩のモノが硬く太くなることに気が付いたのだと言った。 それ以来二人のまぐわりは、今も、硬い、太い、男のモノに似せた道具を必要としているのだと言った。 そして、

 「私、あなたと主人と、三人でやっていきたいのよ」
 

 
 龍生は一度もうしろを振り向かずに道場を後にしていた。 服を着る龍生に幸子は後ろから何度も声をかけたが、いちども返事をせずに出てきたのだった。

 『もう会わない。 先輩にも・・・』


 それ以来龍生は、道場には行っていない。 先輩は何度も電話をしてきたし龍生の住むマンションにもやってきたが、電話にも出なかったしドアは一度も開けなかった。 そして、しばらくして、龍生は街を離れた。

 
     了
 

続きを読む "艶話 最後の女 Ⅳ"

| | コメント (0)

2007年9月19日 (水)

艶話 最後の女 Ⅲ

 そんな龍生と幸子が再び裸で向かいあったのは、龍生が先輩の穴をはじめて犯してから半年が過ぎた、春のはじめの暖かな昼下がりだった。 平日の午後、会社を代休で休んだ龍生は先輩の穴に太い雄をぶち込みたくて、先輩が師範代を勤める道場を訪ねてきていた。

 いつものように道場の奥の小さな和室で寝転んで先輩を待っていた龍生は、いつしかうたた寝をしてしまっていた。 春の柔らかい日差しがガラスを通して部屋いっぱいに広がって気持ちが良かった。

 あの初めてのまぐわりから龍生は三日と開けずに先輩のケツを犯している。

 
 艶話 最後の女 Ⅱ からのつづき

 
6z_z 残業を終え自分の部屋に急いで戻ると、先輩はすでに真っ裸で、男のモノに似せて作った黒い太いゴムの棒を、自分のケツにぶち込んでよがっていたりした。 龍生は、そんな先輩の痴態を見るのはいやだった。 憧れの先輩が自分の雄ではない、ただのおもちゃを使って快楽に酔っている姿を見るのはイヤで仕方がなかったのだ。 が、それも、その棒に変えてより太い龍生の雄を突っ込むことでよがる先輩を見るに至って、すっかりその棒の存在は忘れて先輩の身体に夢中になる龍生あった。

 今日も龍生は、両足を高く上げさせた先輩の股間に割って入って、デカイ雄を先輩の穴にぶち込んでいた。 赤黒い龍生の雄が、先輩の淫乱な穴にズブズブと出たり入ったりするようすを眺めて、快楽をむさぼっていた。 龍生は先輩の胸に両手を付いて体重を掛け、先輩の都合などお構いなしに激しく腰を振る。 自分のデカイ雄が先輩の穴の壁を擦る感触を楽しみながら、強く激しく腰を前後させて頂点へと向かう。 すでに先輩の長いモノの先からは、ダラダラと悦びの汁が溢れ出し先輩の腹を汚しはじめていたが、今日の龍生はお構いなしに激しくデカイ雄を先輩の穴に突き刺していっていた。
 

 先輩との初めてのまぐわりのあと、龍生は機会あるごとに先輩の穴に自分のデカイ雄をぶち込んで快楽を貪っていた。 龍生にとって先輩は憧れであり、自分の目指すもののすべてであった。 その身体、柔道に打ち込む姿、生活、すべてが理想なのだ。 その憧れの先輩とふたりだけの秘密を分かち合っていることを喜んでいた。 龍生はその悦びを、自分のデカイ雄を使って先輩に伝えていた。 硬い太い龍生の雄を先輩の穴に出し入れすることで喜ん でくれていることで、いままで世話になった恩返しをしているつもりでいるのだった。
 


 どれくらい眠ったろう、龍生は自分の息子が夢うつつにデカクなっていくのを感じていた。 そして、大きくなった亀頭が生温かく湿ったもので包まれる感覚で目が覚めた。 と、そこには、素っ裸の幸子が股を大きく開いて、女の穴に太い龍生を飲み込もうと腰を降ろしはじめていたのだ。

10364 「幸っちゃん・・・」

 と、自分に跨っている幸子に気がついて声を出した時、龍生のデカイ雄は半分ほどがすでに幸子の穴の中に没していた。 久しぶりに女の穴の快感に、龍生の雄はイッキに膨れ上がっていた。 そのデカイ雄を自分の穴に入れて、幸子は腰の上げ下げをはじめていた。 最初はその場から逃れようとした龍生も、すぐにそれはあきらめて幸子の穴の快楽に酔うことにしたのだった。
 久しぶりに女の穴に入っている自分の太い竿を見た龍生は、不覚にもイッキに登りつめていった。 

 血管が浮き上がったブットイ竿に女の穴から流れ出た大量の汁がまとわりついてテラテラと赤黒く輝く自分の竿を見た龍生は、いつのなく硬くなっている自分の雄に気が付いた。

 『やっぱり穴は、女のほうがいい』 

 ぱっくりと開いた女の穴。 幸子の穴はきれいに毛が剃り除かれて、ぶっとい雄を咥え込んだようすが龍生の目にも鮮明に見える。 赤黒い太い竿が、ブスブスと穴にめり込みぬらぬらと出てくるようすがはっきりと龍生にも見え、そんなようすを見るのが好きな龍生に最上の喜びを与えはじめていた。 そして時間を経ずして、龍生は大量の悦びを幸子の中にぶちまけて果てていた。
 

 艶話 最後の女 Ⅳ につづく

続きを読む "艶話 最後の女 Ⅲ"

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

艶話 最後の女 Ⅱ

 「幸っちゃん、もうやめようや」
 「龍生君、何言ってるのよ。 こんなに大きくなってるじゃない」

 
 艶話 最後の女 Ⅰ からのつづき
 
 
300925201525 幸子は、自分が淫乱な女だということは、高校生の時から認識していた。 初めての経験は高校一年の夏、父親が経営する柔道の道場に通ってくる大学生が相手だった。 稽古を終えて道場の外の水飲み場で、素っ裸で頭から水浴びをしている大学生の逞しい股間のモノを盗み見して、そのままその大学生のでかいモノを受け入れて以来、幸子は男の逞しい雄がないと生きていけない身体になっていっていた。

 幸子は、自分の欲望を満たしてくれる逞しいモノを持つ男を捜すのに、苦労はなかった。 道場に通ってくる大学生や社会人の男の中に、でかいモノを持つ男は何人もいたからなのだ。 でかいモノが好きな幸子ではあったが、でかさだけが自分を満足させてくれるのではないということには気が付いていた。 中には小さい男もいて、その男のものを見た瞬間にしくじったと思った幸子だったが、男のテクニックとモノの硬さにめろめろにさせられた経験があったのだ。 その男との交わりは、幸子に受身のセックスの気持ちよさを教えていったのだった。

 裸に剥かれ、男の指と舌で、女の穴だけではなく身体全体で快楽を得ることを教えられたのだ。 幸子の穴の中には男の指の先だけが入っている。 もう片方の手は乳房の先の乳首をつまみ、身体中を舌が這い回る。 身体全体から這い上がってくる得も言われる快感に、幸子は初めて逞しい男を受け入れないままに何度もイッてしまう経験をしたのだった。

 こうして幸子は何人もの男のモノを受け入れては欲望を満たしていたのだ。
 

 そんな幸子が、いい身体をしてデカイ雄を持つ龍生を放っておくはずがない。 龍生が道場に通いだした最初の夏の終わりに、二人はその道場がある寺の本堂で初めて関係を持ったのだった。 その春に初めて女を知った龍生も幸子と関係を持ち始めた頃は、女の穴に夢中になっていた。 そこから得る快楽に浸るために、だれかれなしにデカイ雄を女の穴に突っ込んでいた頃だったのだ。

00tylercummings_z 龍生は幸子の口と舌のテクニックに酔った。 たくさんの男と交わってきた幸子の口と手は、男が快楽を得る箇所を知り尽くしていた。 龍生のデカイ雄のまとわり付く幸子の舌。 大きく膨らんだ亀頭を強く吸いながら、その下に大きく張り出したカリをずるずると舐めていく。 片方の手は龍生の玉袋をやさしく揉み、もう片方の手は薄っすらと毛に覆われた腹から胸をやさしく弄る。 快楽にゆがむ龍生の顔の前に、やがてだらだらと悦びの汁を滴らせた女の穴が現れ、龍生に愛撫をせがむ。 その穴に指を入れてやると、女はうめき声を漏らしながら龍生のデカイ雄にしがみつく。

 幸子は淫乱な穴の持ち主だった。 いや、龍生も幸子には劣らず淫乱な雄をぶら下げていた。 二人は三日と空けずにまぐわっていた。 その関係は龍生が大学を卒業して道場を去るまでの4年近く続くことになる。 その頃の龍生は知らなかったのだが、龍生の雄が幸子の穴を満足させる存在になる前、その役割をしていたのは先輩の長いモノだったのだ。 その先輩に変わって幸子の穴を埋める存在になった龍生。 こうして龍生は大学生の4年間に、女の穴の扱い方を習得していったのだった。

 
 艶話 最後の女 Ⅲ につづく
 

続きを読む "艶話 最後の女 Ⅱ"

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

艶話 最後の女 Ⅰ

 例年になく寒かった冬、その寒さが嘘だったかのように急に暖かくなって、早々と桜も過ぎた春の日曜日は汗ばむほどの陽気になっていた。 昼日中から女の穴にデカイ雄を突っ立てていた龍生は、充分に満足した身体を冷たいシャワーで静めている。 頭から水を浴びながら、今日もたっぷりと働いてくれたデカイ雄を、龍生は丁寧に洗いながらその活躍を労っていた。 

Dds10_z 女の穴は、男の穴では味わうことができない肉体の快楽を龍生にもたらしてくれる。 その穴は、やはり男を受け入れるために作られているのだと、そこから快楽を得るたびに龍生は思う。 龍生は、男との交わりは精神的なものが大きく作用していると感じていた。が、女が相手だと、ただ快楽を貪るためだけにセックスをしている龍生なのだ。 龍生は、女には快楽だけを、男にはそれに加えて精神的な安らぎを求めるようになっていた。
 


 『もう終わりにしよう。 彼女の穴はこのデカイ息子をたっぷりと楽しませてくれるけど、このままだとどんどんヤバイことになっていく。 今日までだ、あの穴は』
 
 そうは思いながらも、龍生の火照ったデカイ雄は冷たい水を浴びながらもなかなか収まってはくれない。 ついさっき大量の悦びの汁を女の穴に注ぎ込んだばかりなのに、龍生の雄は、もうまた快楽を求めて大きく堅く欲望を露わにしはじめている。 女の穴から得る快感の記憶は、さっき終わったばかりのまぐわりを龍生に思い出させ、更なる欲望を掻き立てて龍生の雄を大きく堅くしていた。

 『畜生、もうあの穴はお仕舞いだと言ってるのに、こいつはいつも俺の言うことをきかない』
 

 龍生のデカクなった雄はシャワーを浴びてバスルームを出てくるなり、女の口に咥え込まれていた。

Thumperrr 「幸っちゃん、もうやめようや」
 「龍生君、何言ってるのよ。 こんなに大きくなってるじゃない」

 龍生は、先輩の奥さん、幸子と関係を持っていた。 柔道の道場での先輩と龍生のオス同士のまぐわりを、幸子は物陰から見ていたのだった。 そのオス同士のまぐわりを見た幸子は自分の旦那である先輩に対しては何の感情も抱かず、龍生のオスに興味を示していた。 その激しいオス同士の果し合いを見ながら、幸子は何年も前の龍生との激しいセックスを思い出して、自分の穴を濡らしていた。 

 
 艶話 最後の女 Ⅱ につづく

 

続きを読む "艶話 最後の女 Ⅰ"

| | コメント (0)