• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 松田聖子 | トップページ | 六尺ブログ »

2008年7月15日 (火)

人柄かぁ

 通学して行く小学生の声。 表の通りに水をまく隣の家の婆さん。 そういえば婆さんの家から、ちぃ~ん、って、仏壇のカネが聞こえたな。 お盆の朝、今日も暑くなりそうな東京です。

 
 「伊藤さん、いろいろありがとうございました」
 「スタッフみんなが達さん*は人柄がいい人だからと言ったからですよ」   *注 ほんとうの会話では本名の苗字ですよ。
 「いえいえ、伊藤さんや社長さんのおかげです。 ありがとうございます」

 
Aky07_020f 引越しをするのに、不動産屋を何軒か回ったんだよ。 何軒も・・・、だな。 でもね 『今、仕事をしてないんです』 と言うと、その瞬間に不動産屋のスタッフの顔色が変わるんだよね。 まああたりまえだよな、仕事してない、無収入の中年男に世話する不動産屋はないよ。 まだね 『申し訳ない、うちでは世話できない』 と、はっきり断ってくれるところはいい不動産屋だと思うよ。 いちばんガッカリしたのは無収入の男の足元を見て 『今時これはないだろう』 という物件を世話する不動産屋がいたこと。 詳しくは書かないけど、なんかね、優しい顔の下に隠れた人間の本性を垣間見た、って感じだったな。
 

 そんな不動産屋に駅まで送ってもらって最低の気持ちで乗った電車なんだけど、何でか次の駅で降りたんだ。 そして入った不動産屋に伊藤さんがいたんだな。
 物件を二件見せてはもらえたけど、やっぱり断られたよ。 うちでは無理だってね。 でもね、そこで見せてもらったひとつの部屋がなぜか気に入って、ダメモトであくる日の朝一で行ってみたんだ。

 もう還暦はとうに過ぎたような社長が出てきて、すべてを正直に話したよ。 どうして部屋を探さなきゃならないことになったか、今までどういう仕事をしていたか、なぜ辞めたか、収入はどれくらいあったか、今用意しろと言えばどれほどの現金が揃うか、保証人は揃えられるか・・・。

 『わかりました、あなたの人柄を信じましょう。 必ずうちで世話します』

 
画像。 東京・巣鴨、とげ抜き地蔵にて。
 

 

Pcb017 いろいろ考えたよ、友人がやってる会社に雇ってもらってることにして探そうかとかね。 でもね、真っ正直が昔からの俺のやり方。 今更細工しようたって、ボロが出るよな。

 

« 松田聖子 | トップページ | 六尺ブログ »

知命」カテゴリの記事

コメント

達さん、物件探しお疲れ様でした。

自分も今部屋探しをしています。
遠距離での部屋探しなので、ネット検索がほとんどです。でも、やっぱその物件を見に行って、町を見て、人を見ないとわからないことだらけです。

自分はまだまだかかりそうです。達さんのように良い不動産屋にめぐり合えるといいのですが…。

  和さん。

  和さんも部屋探し、それも地元じゃない、というのは大変ですね。
  百聞は一見に・・・、のとおり、やはり面と向かうと印象は違って
  きますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松田聖子 | トップページ | 六尺ブログ »